FC2ブログ

二番目の山羊

横浜育ち、ワンエイス(8分の1)のアイヌ系。 先ずはサイト上部、横並び6件の記事からどうぞ!(PC版)

無農薬より、微農薬 ~土中には細菌や寄生虫が繁殖しやすい

微農薬のススメ。



気乗りしませんが、更新しないのも何なので。

昨今、無農薬・有機栽培が声高に叫ばれています。
にしては、中国産の安物に飛び付くあたり、意識と行動にはギャップがある様子。
逆に中国の富裕層が、日本の安心安全な野菜を、高値で個人輸入していたりね(^^)


しかし、です。
亡くなった母は、極微量の農薬を用いる人でした。
「いっぱい使ったらダメ。でも全く使わないのもダメ」、と。

何せ、優に1000年、同じ土地を耕し続けた氏族の末裔です。
幼い私は、「母が言うのだから、何か意味がある」と確信しながらも、
その理由を知ったのは、つい最近になってからです(と云うか数年前)。


日本において、分子栄養学を創設した故・三石巌先生の著書からご紹介します。

※引用
 農薬を使わずに作物を育てていると、土壌の中で細菌が増える。その細菌は空気中の窒素を使って硝酸という物質を作り、これが根を通して作物に入り込むと亜硝酸という物質になる。最終的には、その作物を食べた人間の体内にこの亜硝酸が取り込まれるわけである。一方、体内では分解されたアミノ酸からアミンという物質が発生している。このアミンと有機野菜から摂取した亜硝酸が体内で出会うと、どうなるか。なんと、発ガン物質に変身してしまうのである。 [p224-225]
※三石巌著/医学常識はウソだらけ/祥伝社黄金文庫/平成21年7月初版発行




日本にも一時期、農薬や化学物質を礼賛する風潮がありました。
横の小川で、魚が痺れて水面でひっくり返るほど大量に撒いたりね。
その時の反動で、今の「無農薬信仰」が生まれてしまったのでしょう。

しかし、歴史を振り返ってみましょう。
何故、農薬や化学肥料が登場したのでしょうか?
昔の人が、発癌物質について理解していたとは思えません。
しかし寄生虫は? 土中で繁殖するのは、細菌だけではありません。

現代でも、定期的に虫下しを飲む国は多いです(隣の半島国家だけでなく)。
ヨーロッパでのエピソードは、更に面白い。かつて虫下しに水銀が使われました。
勿論、量(配合)を間違えると死ぬんですよ? ってか、死んだんですけど。

最近は、花粉症対策やダイエット目的で、お腹に寄生虫を飼う人もいるようです。
しかし私には無理です。この身体の弱さでは、消化器系が耐えられないでしょう。



では、どのような目安で用いるのが理想なのか?
参考として、母の遣り方をお伝えしましょう。

母は農薬を、表示の説明通りには、決して用いない人でした。
「20倍に希釈」と書いてあれば、50倍以上に薄めて使います。

それを畑に、サッと一吹き。
数週間~一ヶ月の間隔を空けて、2~3回行います。

だって、雑菌の繁殖を抑えられれば良いんだから(^^)
雑草が生えないほど撒いてはダメ。青虫さんが食べてくれない葉っぱもダメ。
一度に撒かない理由は、土壌の回復を待つためです。 土を殺してはダメ。


そういう母も、借りたばかりの畑には絶対に撒きませんでした。
「前の人が大量に撒いていたから」、土の健康状態が思わしくないそうです。

てっきり、前の人を知っているのかと思ったら、「知らない」と返します。
不思議に思って見上げると、真顔で「土を見れば判る」と言うのです。


手で触れた感触、匂い、
土中で泳ぐミミズ、周辺に生える雑草。

凄い人に育てられたと思いました。





2018/11/14  不破 慈(ふわめぐみ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

[タグ未指定]
[ 2018/11/14 13:18 ] 保守活動 -4.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(0)

女性蔑視の韓国社会では、愛着障害の診断が好まれる

女性蔑視の韓国社会では、
愛着障害の診断が好まれる。




哀れなので、黙っておこうかと思ったんですけれど。
恩を仇で返されましたので、「仕置き」としてアップします(^^)

先の記事のコメント欄から。
 韓国の有病率の高さは見せ掛け ~発達障害と愛着障害の混同 (2018/10/25)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1847.html#comment_list


***


  なぜ日本は「発達障害大国」なのか 国別統計で常にトップレベルの理由
  https://www.sankeibiz.jp/econome/news/180217/ecb1802171610001-n1.htm

  日本人コミュ障気味でしょ。
  あまり脳のその部分を発達させてこなかったんじゃないでしょうか。
  以心伝心と言えばテレパシーかよ、と言うことじゃないでしょうか。

  [ 2018/11/02 02:48 ]  s154.156.222.122.fls.vectant.ne.jp



  めんどくせーけど読んであげたよ。
  君が反応したのは、リンク先、6頁目のここかい?

  >実は日本は発達障害大国でもある。
  >本来なら人種で差が出るものではないが、
  >なぜか国ごとに統計を取ると常にトップレベルで数が多いという。


  アタシが記事本文に書いた通りだろ?
  先進国は何処も現在、軒並みトップ水準の発症率なんだよ。
  アメリカなんて、10人に一人がADHDの診断だし。

  >……この「発達障害」。
  >現在、先進国で激増中なんですよ。
  >
  >韓国での「報告」が世界最多と云うだけで、日本もアメリカも状況は同じ。
  >途上国ではあまり見られないため、個々の親の問題と云うよりも、
  >社会全体の生活(養育)スタイルに要因があるのでは……?
  >
  >医学博士である岡田尊司先生は、
  >著書の中でそのように指摘なさっているんです。


  ちなみに韓国では、愛着障害の診断が好まれる。
  理由は簡単だ。伝統的な女性蔑視と障害者差別の賜物。
  「遺伝性の障害を持つ者」がいると知れると、一族の婚姻に差し障りが出る。
  そこで、「母親の教育が悪かった」と、責任を一人に押し付けて円満解決。

  すげぇ国だなw


  [ 2018/11/03 10:36 ] ふわふわ



***



さてさて、何度でも繰り返しますが、
この「発達障害」、先進国は何処も、トップレベルの発症率です。

日本では、遺伝のせいにしたがります。
そして、「どうせ治らないから」と、何もしません。


韓国では、前述の通り、母親の養育のせいにしたがります。
遺伝要因があるとなると、双方の一族の婚姻に影響が出ますから。

伝統的な障害者差別に女性蔑視。
私が彼の国を嫌う、最大の理由の一つです。



そして、結論から申し上げますと、
どちらも対処法としては間違っております。


双生児研究において、双子の両方が
発症する確率は、60%程度だからです。



……近年の研究では、40%以下と云う結果も出ておりますが。



ここで短絡的に「母親ガー!」と叫ぶのであれば、何処かの国の人間と一緒。

以前にも書きましたが、欧米では生化学レベルの研究が盛んです。
環境物質による影響や、栄養面から発達を補うアプローチ。
オペラント条件付けを利用した、行動療法も盛んですよ。



別に欧米礼賛ではなく。

自閉症治療のみならず、
日本は分子生物学の分野で、
完全に後塵を拝しています。





科学研究には、莫大な金が要りようです。
ここでも長引く不況が、足を取っているんですよ。

人材の海外流出にも繋がります。




2018/11/05  不破 慈(ふわめぐみ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

勿論、愛着の問題も重要です。
特に0歳児保育の一般化は危険です。

「子どもを社会で育てる」「女性が産める社会を」こういったスローガンを掲げて当選する女性政治家が増えました。社民党の福島瑞穂党首を筆頭に、左派リベラル系に目立つ主張です。ですが皆さん、それが0歳児保育を意味しているとご存知でしょうか?つまり、産んですぐに保育所に預け、母親は朝から晩まで働くというものです。そしてそれにより、預けられた子...
子どもを社会で育てる? ~0歳児保育の普及で、発達障害が激増(2018/01/09)


[タグ未指定]
[ 2018/11/05 16:17 ] 保守活動 -4.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(2)

青森県民さ~ん、対岸にアイヌ自治区ができちゃいますよ~

アイヌ自治区、待ったなし。


札幌駅で配っているチラシ

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/43185822_1001589750035088_4131883281782145024_n.jpg?_nc_cat=102&_nc_ht=scontent-nrt1-1.xx&oh=59be3eb26519dc28f7156bfb9ccf3ad7&oe=5C85C09E


サムネイル画像をクリックするより、URLで飛ぶ方が見易いかも。
札幌駅で配られていたチラシと、同じ画像だそうです。
糾さん、ありがとうございます(_ _)



さて、「民族共生象徴空間」なる白老は、
アイヌ≪民族≫自治区の予定地でもあります。
実際、利権アイヌ(協会員)から要望が出ていますから。

国民の血税で実現してもらうまで、彼等は駄々を捏ね続けます。
「先住民族の権利ダー!」とか嘯いてねw  ぷぷっ(* ̄p ̄*)


アイヌ自治区に関しては、過去記事に詳述しましたのでご確認下さい。

 アイヌ自治区は札幌の近く?! (2017/01/24)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1711.html





道央中心部、スーパーマップルより、150KB





さて、アップの地図を用意しました。
左下に、「白老」と書いてありますでしょう?

右に目を移すと、「厚真」の地名があります。
そう、今回の地震で、被害が大きかった地域です。

その厚真町から、奥州藤原時代の遺物が見付かっております。
和人の勢力圏だったんですよ。道南には昔から、和人が生活していました。


時は12世紀、アイヌが登場する100年も前の話です。

 12世紀・道南は奥州藤原氏の勢力圏 (2016/05/25)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1643.html





2018/11/01  不破 慈(ふわめぐみ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 



アイヌは何処からかやって来たのではなく、13世紀以降、
擦文文化人・和人・オホーツク文化人の三者を母体に、北海道で誕生しました。
※縄文 ⇒ 続縄文 ⇒ 擦文 (北海道の時代区分)

混交は以前から進んでいましたが、所謂、「北の元寇」が契機になった様子。
元軍から逃れるため、相当数のオホーツク文化人が南下して来たようです。


……別に、以前から付き合いがあった人達ですしね(* ̄p ̄*)
その証拠に、和人側だって相当数の「Y」を保有しているじゃないですか。

 1億2千万 × 0.4% = 48万人 ← mtDNAの「Y」を保有



……北の地で、我々の父祖は活発に交流していたんです。
シベリアと日本の狭間に、アイヌが誕生する、ずっと以前から。




[タグ未指定]
[ 2018/11/01 10:00 ] 保守活動 -1.北海道・アイヌ利権 | TB(0) | CM(0)

バカかスパイか無自覚のスパイって、最初と最後、一緒だよね?( ̄∀ ̄;

一部、道内の保守(?)活動家に、
「アイヌはオホーツク文化人を駆逐し、
 女性を奪った」と拡散する人々がいます。




その根拠とされる
mtDNAハプログループの「Y」は、
和人側の保有が40倍以上という
科学的事実」をお忘れなく。




……この「Y」は、日本の全人口の中、0.4%の頻度で出現し、
1億2千万を分母にすると、大凡で48万人が保有する計算になります。

我々アイヌ系日本人の数は現在、正確には把握されていませんが、
2万人程度と云ったところでしょうか? 3万は超えないでしょうね。

どう見積もっても、日本列島におけるYの保有は、和人が大半を占めます……

ミトコンドリアDNAに、レイプの痕跡など刻まれない(2018/10/29)





2018/10/31  不破 慈(ふわめぐみ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

バカかスパイか無自覚のスパイ」……経済評論家・上念司先生の名言(* ̄∀ ̄*)



※月初めはバタバタするんで、すぐにお返事できないかも知れません。

[タグ未指定]
[ 2018/10/31 11:14 ] 保守活動 -1.北海道・アイヌ利権 | TB(0) | CM(0)

ミトコンドリアDNAに、レイプの痕跡など刻まれない

ミトコンドリアDNAに、
レイプの痕跡など刻まれない





「アイヌは北方から流入し、和人女性を強姦した」と唱える方々がいます。
あるいは、「オホーツク文化人を駆逐して、日本列島に南下」、とかね。

保守系(と目される)活動家が、ですよ?
まぁ、アイヌを使って「日本を分断したい人達」にとっては、
我々の父祖が「完全な異民族」である方が望ましいと思いますけれど。


そして彼等は、「強姦魔」という主張の正当性として、
ミトコンドリアDNAハプログループによる研究」を挙げます。

日本において、ミトコンドリアDNAハプログループ研究の
第一人者と言えば、国立科学博物館の篠田謙一先生(医学博士)なんですが。



篠田謙一先生の著書の何処にも、
「和人女性を強姦」なんて書かれていないし、
「オホーツク文化人を駆逐」とも、書かれていない。





書かれていないものを「書かれていない」と証明するには、どうしたら良いか?
まさか、著書の全頁をスキャンしてアップするわけにも行きません。

拙宅では折々に触れて、分子人類学について解説していますが、
今回、改めてこんな説明を考えてみました(^^)




江戸期アイヌmtDNA、篠田謙一著、DNAで語る日本人起源論p173より、100KB
※篠田謙一著、DNAで語る日本人起源論、p173より (岩波全書、2015.09)





画像は、江戸期のアイヌ人骨を調査したものです。

特徴的なミトコンドリアDNAハプログループのタイプは、「Y」です。
北東シベリア地域に限局して見られるハプログループであることと、
現時点では、縄文期の遺跡(人骨)から発見されないことから、
日本列島には、後の時代に流入したと考えられています。


アイヌ集団に「Y」をもたらしたのは、オホーツク文化人と見られます。
3~13世紀まで栄え、一時期は道内(北岸部)まで南下して来ました。

そしてそれを以って、彼等は以下のように主張します。
アイヌが保有するYは、オホーツク文化人を駆逐し、女性を強姦した証拠!



この「Y」は、日本の全人口の中、0.4%の頻度で出現し、
1億2千万を分母にすると、大凡で48万人が保有する計算になります。

我々アイヌ系日本人の数は現在、正確には把握されていませんが、
2万人程度と云ったところでしょうか? 3万は超えないでしょうね。

どう見積もっても、日本列島におけるYの保有は、和人が大半を占めます。

彼等の主張する論理を、和人側に当て嵌めれば、こうなりますね?
和人が保有するYは、オホーツク文化人を駆逐し、女性を強姦した証拠!


……皆さん、いつの間にやらかしたんですか? (゜。゜;





次にアイヌ集団で目立つのが、「N9b」です。
日本全体では2.1%、ざっと252万人が保有する計算になります。
縄文期から列島に存在し、「日本固有のハプログループの一つ」と呼ばれます。

そしてそれを以って、彼等は以下のように主張します。
アイヌが後の時代にやって来て、和人女性を強姦した証拠!


……残念ながら、「日本に固有」の意味を、勘違いしています。



「N9b」は、沿海州の先住集団
(少数民)にも、高頻度で出現するんです。





ただ、土台の頭数が、日本とは違い過ぎますからね。
各々が数千人規模ですし、中には1000人に満たない部族とてあります。
よって、「日本に固有(と考えて差し支えない)」と解釈されるだけで。


そもそもの段階で、「日本に固有(と考えて差し支えない)N9b」と、
「北東シベリアに限局(と考えて差し支えない)Y」は、
同じN9から分岐した兄弟同士なんです。

系統的な位置付けがはっきりしないうちに、「Y」と云う
大きなナンバーが振られてしまい、パッと見には判り難いだけで。


  Y …… 約2万年前にN9から分岐、日本人の0.4%が保有
  N9b …… 約1万5千年前に分岐、日本人の2.1%が保有
  N9a …… 約1万5千年前に分岐、日本人の4.6%が保有  ←オマケ情報




***




北海道にアイヌ文化が登場するのと前後して、
確かに、樺太ではオホーツク文化が衰退しました。

ただ、13世紀のメインイベントとして、元寇があるんですよ。
日本への侵攻と前後して、元軍は断続的に、樺太へも攻め入っています。  ※北の元寇


……フツーに考えて、オホーツク文化が滅んだ理由はそれですよね?






2018/10/29  不破 慈(ふわめぐみ)   ※アップ同日、加筆修正

 ブログランキング・にほんブログ村へ 



何故、二言目には「駆逐だ、強姦だ」と出て来るのか、私には解りません。
理科学書をどれほど読み解いても、そんな文言は出て来ないからです。

ただ、DNA関連の書籍を参考に書かれた(らしい)保守系の著書には、
「オホーツク文化人を駆逐」、「和人女性を強姦した可能性」と記されています。

……我々アイヌ系日本人を、駆逐したいと云う願望か何かですか?



私は兼ねてより、アイヌ系の日本人が声を上げることが重要だと考えて来ました。
協会や道新は、「騒いでいるのは砂澤陣ただ一人」と云う演出をしたいでしょうから。

しかし今、考え直しています。 味方である筈の日本人から、
背中を撃たれると云うこの状況。 ヘタな呼び掛けなど出来ません。



「事実」なら、甘んじて受け入れましょう。

しかし、「科学的には」、駆逐の事実も、
強姦の事実も、浮かび上がって来ないのです。





[タグ未指定]
[ 2018/10/29 10:04 ] 保守活動 -1.北海道・アイヌ利権 | TB(0) | CM(4)
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
 
アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム/神経発達障害の一)です。もともとは障害当事者の個人的なブログでした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が私をアイヌと無関係に育てた理由が解りました。

アニメ開始に託けて二次ネタを増やす予定です。その他、母の故郷・福島と、自らの障害に関連する記事が多くなりますがご了承下さい。


※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html

ブログランキング・にほんブログ村へ


  リンクフリー・引用自由。
  記事URLを表記願います。
  文章改変はお断りします。