二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

アイヌハーフの祖父に嫁いできた祖母は陸奥源氏の女性でした。……本当に和人社会が差別していたと思いますか?

【閑話休題】 アベ一族と姪っ子 ~きのこ・たけのこ・〇〇〇~♪

【閑話休題:アベ一族と姪っ子】
きのこ・たけのこ・〇〇〇~♪




しつこく、アベ一族と姪っ子・第三弾です(^q^)

前回記事から時間を大きく巻き戻しまして、
猟をやっている伯母の嫁ぎ先にお泊りした時の話。

 過去記事リンク:狩猟を続ける母方の親戚(東北蝦夷/福島県)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1648.html



母の実家と、狩猟の家は近いので、頻繁に行き来しています。
実家から、伯父(跡継・長男)が色んな農作物を送ってくれるのですが。
その中に、伯母の家で穫れた山の幸も、必ず入っています。

きのこや山菜。時には竹の子も!
きのこはね、伯母の家で育ててるんですよ~。
家屋の裏の、陽の当たらない場所に、丸太が並べてあって。
そこに椎茸がポコポコ生えてました。  アタシ、初めて見た!(゜▽゜*

お泊り初日は、夜中にクワガタを採りに出掛けたんです。
従兄弟と子供二人に私。その時、丸太の存在に気付きました。


私は昆虫採集なんてした事がないので、
その家の子供達のように、要領を得ません。
従兄弟が素手で捕まえて、私の篭に入れてくれました(^^)

……私より年上の子供がいる従兄弟は、完全に引率の先生(笑)




[タグ未指定]
[ 2016/08/29 16:00 ] 社会問題 -2.文化・伝統・歴史 | TB(0) | CM(0)

【閑話休題】 アベ一族と姪っ子 ~牛乳、牛乳、牛乳!

【閑話休題:アベ一族と姪っ子】
牛乳、牛乳、牛乳!




アベ一族と姪っ子シリーズ(?!)、第2弾。
アタシ、親戚付き合いは母方としかした事なくて(*^q^*)

父方のアイヌ記事をお求めの方は、
サイト上部横並6件と、プロフ欄2件からどぞ~★




さて、夏休みなのに、冬休みの話です(^▽^)

母が用事で、福島県の実家に帰った時。
県内で牧場をやっている親戚に預けられた事が有りました。
こちらもまた、伯母の嫁ぎ先です。

そこのお姉ちゃん(従姉妹)は、以前、
私に、クマのぬいぐるみをプレゼントしてくれたんです。

「そのお姉ちゃんの家にお泊りだよ」と聞かされ、何日も前からソワソワ。
しっかりとクマを抱き締め、母と一緒に新幹線に乗りました。



着いてみたら、粉雪が舞っていました。
流石、福島は寒い! 横浜なんて、海流の影響なのか、
夏は都内より1℃低くて、冬は都内より1℃高いですからね!

伯父とその従姉妹が、迎えに来てくれていました。
「風邪引くといけねぇから、早よ乗れ!」

伯父のワゴン車で、牧場に向かいます。
「今日はもう遅いから。搾り立ては明日な~(^^)」


母は久方ぶりに再会した姉(伯母)に挨拶すると、
すぐにまた伯父に駅まで送って貰いました。




[タグ未指定]
[ 2016/08/26 19:36 ] 社会問題 -2.文化・伝統・歴史 | TB(0) | CM(0)

【閑話休題】 アベ一族と姪っ子 ~井戸水とモロコシと五右衛門風呂

【閑話休題】 アベ一族と姪っ子
井戸水とモロコシと五右衛門風呂



夏休みなので、夏休みの話をします(息抜きに)。

北海道(エゾ)の父ではなく、
母の実家(エミシ)に帰省した時の思い出。

……とは言っても、
小難しい歴史ネタは出て来ないです。
母の実家は、本家じゃなくて分家だし(^q^)



小学生の時です。
十日間の日程で、母の実家(福島県)に帰省しました。
小さい頃に連れられて帰った事も有るそうですが、記憶にはなく。
実質、私にとっては、「初めての田舎」でした。

目に映るのは、山・山・山。
田んぼ・田んぼ、畑・畑。


何処までも続く緑と、真っ青な空が突き抜けるようです。




[タグ未指定]
[ 2016/08/20 18:08 ] 社会問題 -2.文化・伝統・歴史 | TB(0) | CM(0)

【前記事補足】 蝦夷と朝廷 ~摂関家嫡流・近衛文麿

東北の民(蝦夷)を
 苦しめた摂関家・藤原。


その嫡流が、日米開戦の
 レールを敷いた近衛文麿。





暑さで頭が働きましぇん……。゚(゚´Д`゚)゚。
広告が出るのも嫌なので、前記事の補足的に。


アテルイさん、素敵★キャー、格好良い!(*^▽^*)ノ ←大きくして見たい方はこちら(253KB)写真は都内の某駅で見付けた、大墓公(たものきみ)アテルイ(?~802)。朝廷から大墓地域一帯を任されていたので、こう呼ばれます。岩手県奥州市には、跡呂井(あとろい)と云う地名が残っていて、付近には角塚古墳(5世紀末/前方後円墳)も存在します。恐らくは、コレが「大墓(たも)」と云う地域名の由来かと。つまり、200...
【 #アイヌ 】 蝦夷と朝廷 ~アテルイはアイヌに非ず


 ※他のアイヌ記事はサイト上部・横並6件と、プロフ欄2件からどうぞ★




さて、本題です。
何の因果かと思いますが、冒頭の件。
無論、私の妄想等ではなく、事実です。

摂関家の嫡流に当たる御仁の系譜を、
アタシが捏造できるワケないでしょ?( ̄∀ ̄;


で、血筋云々は二の次・三の次の話なので、
実際、近衛文麿と云う「個人」が何をしたか。
憲政史家・倉山満先生の著書からです。







[タグ未指定]
[ 2016/08/10 14:06 ] 社会問題 -2.文化・伝統・歴史 | TB(0) | CM(0)

【 #アイヌ 】 蝦夷と朝廷 ~アテルイはアイヌに非ず

大墓公アテルイ、81KB

アテルイさん、素敵★
キャー、格好良い!(*^▽^*)ノ



大墓公アテルイ、253KB ←大きくして見たい方はこちら(253KB)



写真は都内の某駅で見付けた、
大墓公(たものきみ)アテルイ(?~802)。
朝廷から大墓地域一帯を任されていたので、こう呼ばれます。

岩手県奥州市には、跡呂井(あとろい)と云う地名が残っていて、
付近には角塚古墳(5世紀末/前方後円墳)も存在します。
恐らくは、コレが「大墓(たも)」と云う地域名の由来かと。

つまり、200年以上前にヤマト化した地域の責任者であり、
どう考えても、アイヌ≪民族≫には該当しないでしょう。

拙宅で何度も書いている通り、アイヌ登場は13世紀。
詳しくはサイト上部・横並び6件の記事からどうぞ★




そして今回、こんな頁を見付けました。

アテルイを顕彰する会  http://aterui8.jp/
情報20 「アイヌ民族のアテルイ慰霊祭に疑問」  (2012年12月10日付、全文)
当会の会員でもある及川洵氏が『胆江日日新聞』に寄稿し、平成6年12月29日付の同紙に掲載された。及川氏は、「アテルイをアイヌ人の祖先であるとすれば、蝦夷=アイヌ人...になるが、...アテルイを研究し、遺跡を調査研究している者として疑問を感じざるをえない」とし、【1】アイヌ語地名の「ナイ」、「ベツ」の分布は、「盛岡以北に多く、胆沢地域はまばらである」こと、【2】北海道の後北式土器についても「水沢市内では石田遺跡から二片発見されているのみで、同時期の土師器の多量な出土にくらべ問題にならない」こと、【3】「縄文前期~中期(六千~四千年前)岩手県北から北海道渡島半島にかけて同筒下層、上層式土器群が展開したが、胆沢地域は大木式土器群が展開し、全く異なる文化圏を形成している」こと、などから、「後期旧石器時代(三万年前)以降、縄文早期の一時期を除き、他の縄文時代、弥生時代、古代に至るまで、北海道文化圏と胆沢文化圏が同一になったことはない」と、断じている。古代蝦夷(エミシ)がアイヌ民族であるか、どうかは、これまで多くの学者が研究し、論争を行なってきたものである。及川氏は、「思いつきやムードではなく、純粋に学問的に考えて頂きたい」と結んでいる。
http://aterui8.jp/history/info/aterui_info027.html
※本記事アップ5日後(7月31日)全文転載




[タグ未指定]
[ 2016/07/26 21:12 ] 社会問題 -2.文化・伝統・歴史 | TB(0) | CM(0)
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

◆曾祖母がアイヌ。
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1281.html
◆祖母は陸奥源氏。
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1647.html





ブログランキング・にほんブログ村へ




リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。
--------------------
http://pixiv.me/fuwameg