二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? そもそも旧土人保護法には、婚姻に関する条項自体が存在しません。

GHQ側の記録、アイヌ弾圧などなかった

米スミソニアン博物館の資料。




砂澤陣氏による著書、
北海道が危ない!(育鵬社刊)』からご紹介します。


 (引用)

 終戦後、GHQ(連合国軍総司令部)が
 占領下の旭川に来て、アイヌの長老たちと面談している。

 GHQ側が「独立したいか?」と聞くと、
 長老達は、「日本国民だから、ここに残る」と断った
という。
 その資料が、米国のスミソニアン博物館に残っているそうだ。

 イラストレーター、書家として活躍し、
 平成26年10月に亡くなった私の姉、
 砂澤チニタは生前、その資料を見に行ったが、
 コピーできるなら日本に持ち帰りたいと言っていた。


 (引用終了、改行を加えました)




野暮は承知で、
皆様にこうお尋ねします。


「弾圧を受けている少数民が、こんな事を言うか?」



……何処かで聞いた話ですよね。








私こと不破が、アイヌ問題に専従し、一年が経ちました。
結果はどう転ぶか、全くの先行き不明ですが、飛び込んで良かったです。
砂澤陣さんは既に8年が過ぎたそうで、私はほんのヒヨッコですが。

不謹慎ながら、単に保守活動を続ける上で、
自分の使い道を見付けただけでしたが、大きな特典が付いて来ました。


アイヌは和人を裏切ってないし、
和人もアイヌに謝るような事はしていない。
どころか、今の日本は、アイヌが守った日本でもあったのです。



コレは立派な外交交渉です。
外交の一手段として、戦争が存在するワケですが。

当時の長老達が首を縦に振れば、
北海道はまるまる、剥ぎ取られていたでしょう。

無論、そうなれば駐留するのはソ連軍。
沖縄のように返還される事もなかったでしょう。
現に、北方四島は未だに占領されたままです。



怖かったと思います。
こちらは丸腰で応対しなければならない。

70年前、父祖が和人と共に、
敗戦国民の道を歩んでくれたお陰で、
今、アイヌの血に誇りを持つ事が出来ます。







皆様、ご存知の通り、
私はワンエイス(8分の1)のアイヌ系です。
実はプロアイヌの殆どが、血の薄さでは私と変わりません。


時々、思うのです。
自立を志すアイヌは、互いに支え合う和人と結ばれ。

保護政策に依存するアイヌは、
分け前を欲しがる和人と結ばれたのだな、と。




   現状、プロアイヌ≒(法的に)アイヌ民族です。
   制度として整えてしまったんです。全ては協会の匙加減。
   日当で雇われるプロ市民と違い、道や政府の後ろ楯があります。
   そこが、単なる成りすまし(通名)とは異なる点です。






2017/02/10  不破 慈(ふわめぐみ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 



終わりに、アマゾンのレビューから一件。

シンガポールでアイヌ差別?
投稿者:テニスおやじ(2016年9月26日)
 買う予定ですが、20年前、シンガポール大学の日本語の授業は恐るべきことに、日本人のサヨク教師の日本のアイヌ差別の人種問題と民族たいりつです。語学選択ですが、シンガポール人の日本語履修者に聞きました。シンガポール大学は東大以上の評価の大学です。こうしてあらゆるてを使い日本を貶め生きるのがさよくです。英語の初学者にインデアンの虐殺や白人による性病の蔓延を教える人はいないでしょう。なぜシンガポールで アイヌ差別の問題?これで謎が解けました。100年かけた中国の侵略もくひょうです。サヨク教師はその頃自分がバカと知らないままあの世でしょう。
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3SF15YD2X6GAC/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4594075479



このレビューが好きです。
勢いのまま打ち込まれた文章から、
テニスおやじさんの心情が、臨場感を以って伝わって来ます。

…………にしても、ますます何処かで聞いた話…………。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2017/02/09 14:57 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(2)
う~ん、難しいですね。
私自身は日本人で、
親は韓国・中国を差別していました。
父親は90歳過ぎで、
当時の日本を良く知っています。

私のクライアントに、
一部、ブラジル人、
韓国人、中国人、
ベトナム人が居るので、
それぞれの言語を学びました。

結果、
どの民族も人種も、
自分と家族が可愛いだけの、
ただの父母であり兄弟姉妹だ、
同じ人間だ、
それが私の本心です。

アイヌユーカラは、
少し触れた事があり、
アイヌ神話は、
ダイジェスト版で読みました。

部族の存在は初めて知りました。

本来は差別はあってはならないものですが、
実際には差別主義者が居ます。
人間が進化するのを待つしかありません。

同じ日本人でも、
弱い者いじめの日本人も居れば、
善良な人も居る。
全世界同じ事です。

ただ、文化の違いは本当に難しい。
知らない事はわからないですね。

でもこれは知っておいてください。

戦争直後のアイヌの選択、
日本とソ連をはかりにかけたら、
日本を選ぶに決まっています。

ソ連の残虐行為は、
筆舌に尽くしがたいものでしたから。
でも日本人がアイヌを差別しなかった、
それは嘘。
今でも差別する人が居るはずであって、
居ないと言うのは事実ではない。
日本とソ連の板挟みで、
苦渋の選択をするしかなかった。
逃げ場がなかったこと、
それがアイヌの悲劇だと思います。

もちろん若い方の中には、
アイヌを知らず、
差別もしない人も多いでしょう。

問題は、
差別問題で金儲けをする人々の存在と、
差別反対運動に反発する日本の右翼に、
からめ捕られる人々が居る事。

右翼は日本を正当化するために、
アイヌを利用します。

アイヌに寄り添うように見せ、
「だから日本人は悪くない」
でも韓国や中国は?
おかしくありませんか?

トランプを見ればわかる。

黒人ではなく、
「メキシコ人」差別だったから、
黒人やアジア人までが、
騙されてトランプを支持した。
それと同じです。

アイヌを差別しない右翼。
でも隣国は差別している。
どうお考えになります?

私は差別そのものを嫌い、
共産主義も資本主義も嫌いです。
相手がどの国の人であるかではなく、
どういう人間であるか、
それしか見ていません。

あなたのお爺さんおばあさんの世代で、
差別にあった方達が、
あなたが「日本人は差別しなかった」と、
そう主張されるのを聞かれたら、
どう思うと思います?

孫の世代が、
祖父母の苦悩を知らず、
日本人の右翼に利用されている。
「差別はなかった」と言う。
それがあなたの御先祖への、
供養や敬意に本当になるでしょうか?
[ 2017/03/30 16:12 ] [ 編集 ]
Re: う~ん、難しいですね。
> 私自身は日本人で、
> 親は韓国・中国を差別していました。
> 父親は90歳過ぎで、
> 当時の日本を良く知っています。
>
> 私のクライアントに、
> 一部、ブラジル人、
> 韓国人、中国人、
> ベトナム人が居るので、
> それぞれの言語を学びました。
>
> 結果、
> どの民族も人種も、
> 自分と家族が可愛いだけの、
> ただの父母であり兄弟姉妹だ、
> 同じ人間だ、
> それが私の本心です。
>
> アイヌユーカラは、
> 少し触れた事があり、
> アイヌ神話は、
> ダイジェスト版で読みました。
>
> 部族の存在は初めて知りました。
>
> 本来は差別はあってはならないものですが、
> 実際には差別主義者が居ます。
> 人間が進化するのを待つしかありません。
>
> 同じ日本人でも、
> 弱い者いじめの日本人も居れば、
> 善良な人も居る。
> 全世界同じ事です。
>
> ただ、文化の違いは本当に難しい。
> 知らない事はわからないですね。
>
> でもこれは知っておいてください。
>
> 戦争直後のアイヌの選択、
> 日本とソ連をはかりにかけたら、
> 日本を選ぶに決まっています。
>
> ソ連の残虐行為は、
> 筆舌に尽くしがたいものでしたから。
> でも日本人がアイヌを差別しなかった、
> それは嘘。
> 今でも差別する人が居るはずであって、
> 居ないと言うのは事実ではない。
> 日本とソ連の板挟みで、
> 苦渋の選択をするしかなかった。
> 逃げ場がなかったこと、
> それがアイヌの悲劇だと思います。
>
> もちろん若い方の中には、
> アイヌを知らず、
> 差別もしない人も多いでしょう。
>
> 問題は、
> 差別問題で金儲けをする人々の存在と、
> 差別反対運動に反発する日本の右翼に、
> からめ捕られる人々が居る事。
>
> 右翼は日本を正当化するために、
> アイヌを利用します。
>
> アイヌに寄り添うように見せ、
> 「だから日本人は悪くない」
> でも韓国や中国は?
> おかしくありませんか?
>
> トランプを見ればわかる。
>
> 黒人ではなく、
> 「メキシコ人」差別だったから、
> 黒人やアジア人までが、
> 騙されてトランプを支持した。
> それと同じです。
>
> アイヌを差別しない右翼。
> でも隣国は差別している。
> どうお考えになります?
>
> 私は差別そのものを嫌い、
> 共産主義も資本主義も嫌いです。
> 相手がどの国の人であるかではなく、
> どういう人間であるか、
> それしか見ていません。
>
> あなたのお爺さんおばあさんの世代で、
> 差別にあった方達が、
> あなたが「日本人は差別しなかった」と、
> そう主張されるのを聞かれたら、
> どう思うと思います?
>
> 孫の世代が、
> 祖父母の苦悩を知らず、
> 日本人の右翼に利用されている。
> 「差別はなかった」と言う。
> それがあなたの御先祖への、
> 供養や敬意に本当になるでしょうか?



砂沢クラさんの本には、
アイヌを殺した和人の話も出てくれば、
和人を殺したアイヌの話も出て来ます。

現代日本においても、
アイヌをいじめる和人の子供もいれば、
身体の大きなアイヌ系の子供が、和人の子供をいじめる例もあります。

逆に、立派な体躯を活かして、
いじめられている子の楯になるアイヌ系の子供もいます。
…………和人の血の方が、はるかに濃いのですけれど。

もう少し、拙宅の記事を読み込んでからコメントしましょう。



◆過去記事リンク:いじめ①~戦前の先生と戦後の先生、対応の違い
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1702.html
[ 2017/03/31 11:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html