二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? そもそも旧土人保護法には、婚姻に関する条項自体が存在しません。

差別の再生産 ~人権教育のウソ

人権教育のウソ。



記事本題に入る前に、昔話に付き合って下さい。
私の子供時代、自分がアイヌ系だと全く気付いていなかった頃のこと。



***



私の自慢は、7つ上の姉でした。
私と違って、引っ込み思案な性格の姉は、
外に遊びに行くこともせず、幼い私の面倒を見てくれました。

私はいつも、友達に声を掛けられました。
「メグちゃんのお姉ちゃん、凄く美人だね!」

その度、私は有頂天になります。
「皆が言うんだから、お姉ちゃんは凄く美人なんだ!」


また、ある時。
子供達数人が集まって、論争をしていました。
「ウチのお母さん、美人だもん!」
「ウチのお母さんの方が美人だもん!」
「違うよ、ウチのお母さんの方が……」

ですが私が口を開くと、その(可愛らしい)論争は終結するんです。
「ウチのお姉ちゃんの方が美人だもん!」

決まって、場はしんと静まり返りました。
「うん、メグちゃんのお姉ちゃん、ムチャクチャ美人だよ……」



こうして、私は、ますます思考を強化していきます。
「ウチのお姉ちゃんは、横浜で一番の美人に違いない!(゜▽゜*)」   (←?!)










一方、姉の友人には、私が人気(?)だったようです。
「妹、可愛い~!」

ある時、小学校に上がったばかりの私が、制服姿の姉に
手を引かれて歩いていると、姉の同級生達と出くわしました。

「あ、ほらほら、見て! アレ妹! 可愛いんだよ!」
「え、妹? 小っちゃい、可愛い~!」


制服のお姉さん達にキャアキャア騒がれ、
私は事態がイマイチ把握できなかったのですが、
どうも喜ばれている様子だったので、まぁいいや、と思いまして。

取り敢えず、笑顔で手を振っておきました。
「お姉ちゃんのお友達、バイバ~イ」   (*^▽^*)/゛

いっそう、黄色い声が返って来ました。
「バイバイ、妹~♪」 「キャー、可愛い~!」



***



また、ある時。
姉の友人に向かって、私はこう言いました。
「ウチのお姉ちゃんは、横浜で一番の美人なんだよ!」
「そ、そうなの???」
「だって、学校の皆が、ウチのお姉ちゃんは美人だって言うもん!」
「そうなんだ~(笑)」


家に帰ると、姉から言われました。
「メグ! 頼むから、外で変なこと言うな」   (><;)

事実を言っただけなのに……?????   (・◇・;)




なんとも微笑ましい……と言いますか、
「妹、大丈夫?」的な話ですが、小学校高学年までこの状態でした。   (←!)











で、本題はここからです。   (←やっと)


私が生まれ育った地域でも、学校で先生がこう教えていました。
「日本人は、アイヌの人達の土地を侵略したんです」
「旧土人保護法で、強制的に日本人と結婚させたんです」

勿論、これ等は嘘です。
明治になるずっと以前から、和人も北海道に住んでいたし、
旧土人保護法には、そもそも婚姻に関する条項が存在しません。


ですが、純粋な子供達は信じてしまいますよね?
学校の先生が、教壇に立って教えている内容なのですから。

そして、この状況下で、周囲の人々に、私達家族が
「アイヌ系日本人だ」と知られていたら、どうなっていたでしょう?




きっと、私達家族を見る度に、
陰鬱な気持ちに沈んだことでしょう。

「お姉ちゃん、凄く美人だね!」と、
無邪気に声を掛けてもらう事もなかったでしょう。

歳の離れた姉妹が、仲良く歩く姿を見て
微笑ましく思っていたのは、なにも姉の同級生だけではない筈です。

近所の人達だってそう。
幼い妹の面倒を見る、優しいお姉ちゃん。
お姉ちゃんの手をしっかり掴んで、嬉しそうに歩く妹。

平和の象徴、そのものですよ。



でも、出会う人・出会う人に、暗い表情を向けられたら?
たとえ見知らぬ人であっても、顔を背けられる状況が続いたなら?

私は、とても暗い子供になっていたかも知れません。
姉は、私を連れて外を歩きたいとも思わなかったでしょう。

二人で歩けば、それだけ目立ちますから。









卑近な例で恐縮ですが、
これが「差別の再生産」です。

人権意識を芽生えさせるどころか、
枯葉剤が撒かれているのです。








2017/07/23  不破 慈(ふわめぐみ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 


※戦前の学校教育については、以下の過去記事をご参照下さい。

さて、子供達の情操教育にとって相応しいのは、どちらの先生の指導でしょう?  ①アイヌの人達は北海道の先輩。皆さん、敬いましょうね。 ②日本人は、アイヌの人々の土地を奪って開拓し、彼らの生活を破壊したのです。我々は謝罪と賠償を……(以下略)   答えなんて、聞くまでもないし、言うまでもないと思います。前者はですね、戦前の先生なんですよ。御歳91の、シベリア帰還兵に教えて頂きました。※北海道出身...
【 #アイヌ 】 いじめ① ~戦前の先生と戦後の先生、対応の違い


関連記事

[タグ未指定]
[ 2017/07/23 21:52 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(8)
そうでしたか。面倒見の良い綺麗な、お姉さまがいらっしゃるのですね。私は下に弟が居ますが全く面倒見の悪い姉だったので、下に兄弟のいる友人が受験の時には勉強を教えてやったとか、合格したのは私のお陰、あの子は私に感謝すべきとかなど姉としての権勢を誇っているのを聞くと、ムム姉というのは斯くあるべきであったかとポケっとしてしまいます。私としては個別の人格である存在として尊重し干渉しないようにしていただけなんですけど…。w

ところでメール致しましたのは今朝の閉会中審議の青山繁晴議員の国会質疑をご覧になったかなと思って。75分の殆ど質疑時間が終わる前で60分以降ですが、青山議員が北海道で中国人が水源地のある土地を買い占めていることで政府の対応を質されていました。勿論政府も把握していますね。要するに外国人に土地を買わせない法律がないんですって。もう官邸にメールされましたか?

青山議員は前回に引き続き加戸前愛媛県知事とロクデナシ前川に質問され、前回の中継の青山さんと加戸さんの部分を全く報道されなかったことにも触れていました。要するに総理が加計に決めることに関与のしょうがないことを経緯を追って明らかにされたのですが、どうせマスゴミはまた無視するんでしょうね。
[ 2017/07/25 12:12 ] [ 編集 ]
彩希様へ
彩希様

おお、彩希様!
コメント、ありがとうございます!


> 面倒見の良い綺麗な、お姉さまがいらっしゃるのですね。

贔屓目が入っているので。そこは話半分で流して下さい(笑)

弟さんがいらっしゃるのですね。
ちなみに私は、姉の更に二つ上に、兄もいました。

兄はあんまり遊んでくれませんでしたよ(笑)
乳幼児相手では、走り回って遊ぶことも出来ませんし。
わんぱく盛りには面白くなかったのでしょう。

兄弟姉妹の関係には、色んな「カタチ」がありますから。
それで良いのだと思います。

ちなみに、私は姉とケンカすると、こう反撃されます。
「メグのオムツ、取り替えてあげたんだからね?!」

……身に覚えがないのですが(-。-;



> 今朝の閉会中審議の青山繁晴議員の国会質疑

おお、青山先生が出ていらしたのですね!
北海道の土地買収についての質疑、本当に有り難い。
実は私、TVを持っていません。ラジオも電波が入らないんですよ。


> 要するに外国人に土地を買わせない法律がないんですって。

マジでございますか~(><)
暑さで参っていることもあり、まだメールしていません。
と、言いますか、何に焦点を当てて書けば良いか、考えが纏まらなくて。
でも、お陰様でテーマが決まりました。外国人の土地買収に制限を!で行きます。
これなら論旨が明確で、目を通して貰い易いと思います。


> NHK

NHKは最悪ですね。
受信料を強制徴収しといて中国・韓国の為の情報を流す。
なので私はTV自体を持っていません。払わなくて良いですから。

私の中学時代の同級生にも、「家にTVがない」って子がいました。
成績優秀でしたよ。人格的にも真面目で申し分ない。進学校に行ったかな?

昔からメディアの正体を知っている人はいたんですね。
私はまだまだヒヨッコ、これからも頑張って勉強します!

……その前に、この夏を乗り切らないと(泣)
[ 2017/07/25 12:45 ] [ 編集 ]
今朝の質疑の動画が出ました。宜しければご覧下さい。

【加計学園 安倍総理出席】青山繁晴 報道しない自由に加戸氏が爆弾発言「前川の精神構造を疑う」マスゴミすら報道できない前川発言を暴露
ttp://youtu.be/xPUy9JQ4Rh8
[ 2017/07/25 18:37 ] [ 編集 ]
彩希様へ
彩希様

> 今朝の質疑の動画が出ました。宜しければご覧下さい。
>
> 【加計学園 安倍総理出席】青山繁晴 報道しない自由に加戸氏が爆弾発言
> 「前川の精神構造を疑う」マスゴミすら報道できない前川発言を暴露
> ttp://youtu.be/xPUy9JQ4Rh8


ご親切にありがとうございます……って、一時間?!( ̄〇 ̄;
そりゃそうですよね、国会と言うか委員会ですが、長いですよね。
PCがもう古いので、長時間の動画はフリーズしちゃうんです(;;)

私はヒアリングの能力も低いですし、
くっくりさんのところで拝見して来ました。

外国人だからって制限できないなら、
重要な箇所は国有化して貰えんのでしょうか?(泣)
…………って、公有地を売ったことあるよね?!( ̄〇 ̄;


昨日は体調を崩して寝込んでいました。
気温が下がったら下がったで、変化について行けません。

[ 2017/07/27 14:56 ] [ 編集 ]
そうでしたか。くっくりさんは青山さんの応援団長ですもんね。いつも書き起こしておられるようですが余り熱心に読んだこともないし、虎ノ門も見ないので青山さんのこと詳しく知らなかったので70分程の質疑をじっくり見て感心してしまいました。マスゴミはやはり報道しませんでした。野党とマスゴミがガッチリタグを組んで倒閣に動いてます。テレビしか見てない人達がすっかり騙されて安倍政権の支持率を急降下させています。2009年の再来みたいで不安です。

お体、お大事になさって下さいね。( *´д)/(´д`、)
[ 2017/07/27 22:33 ] [ 編集 ]
彩希様へ
彩希様

お返事ありがとうございます。


> くっくりさんは青山さんの応援団長ですもんね。

あの書き起こし量、凄いですよね~!
アタシも高校時代、ワープロ部で鍛えましたが。
あれだけ継続する根性がないです(-。-;


> 野党とマスゴミがガッチリタグを組んで倒閣に動いてます。

倒閣には動いていますね。財務省が仕掛けて来ている。
次回の消費増税10%が勝負どころ?
呑まなかったら政権交代、呑んでも(民意で)政権交代。

私のオススメは倉山満先生です。
 ↓
安倍内閣支持率低下はマスコミの操作ではない(2017/07/24)
https://office-kurayama.co.jp/20170724001710


支持率低下は景気回復が進まないからです。
大丈夫、2009年からの三年間で、日本人の多くは学んでいますよ。
ただ、自民内の左派には取って変わられるやも知れません。


私の高校時代、恩師は保守の社会科教諭でした。
その教えが「経済を知らずして国家安全保障を語るなかれ」。

青山先生も魅力的ですが、倉山先生も面白いですよ。



> お体、お大事になさって下さいね。( *´д)/(´д`、)

ありがとうございます。今日は随分と体調が良いです。
彩希様も、この夏を乗り切って下さいね★(^▽^)/

[ 2017/07/28 13:27 ] [ 編集 ]
有難う御座います。お勧めのブログ読んで見ます。

景気回復ね~株価は上がり求人率はバブル期を越えたそうです。ただ消費が低迷しています。日本人が、お金を使わないからです。あの長いデフレ期を経験したからでしょうね。このいわゆるマインドの冷え込みは確実に経済に影響してますね。
[ 2017/07/28 16:26 ] [ 編集 ]
彩希さんへ
彩希さんへ

スミマセン、次の記事に頂いたコメントに先に返信してしまいました。


> ただ消費が低迷しています。
> 日本人が、お金を使わないからです。

コレが「マネタリーベース」の問題です。
市中に出回っているお金の量が少ないんですよ。
それを解決する為に放たれたのが、所謂「黒田バズーカ」。
つまりは、日銀にお金を刷らせたんですが、まだまだ足りない。

他にマネタリーベースを増やす方法として、金利ゼロが有ります。

一般の金融機関、つまり私達が利用する銀行は、
日銀に預金口座を持っていて、そこからお金を出し入れして使っているんです。
その預金に金利が付けば、銀行は民間に貸し出すより、口座に預けたままにしたいですよね?
儲けが出ないかも知れない融資に回して冒険するより、ちょっとでも利息が付く方が手堅い。

黒田バズーカで折角刷ったお金が、日銀の預金口座に入れっぱなしだったので、
一時、金利を引き下げたんですが、ちょっとの間だけですぐに元に戻されてしまった。

つまり、消費が低迷するよう、日銀が引き締め政策を行っているんです。
加えて、財務省の増税工作。コレも同じく、景気の引き締め政策です。

こんな状態で、誰がお金を使うのか?

お金が回って来ない、どころかドンドン吸い上げられてしまう。
少しでも手許にキープしたくなるでしょう。


アイヌ問題に専従してから、ちょっと経済問題からは離れており、
リアルタイムで状況を追えていないんですが、大まかなカラクリはこんな感じです。


[ 2017/08/06 20:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html