fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

LGBT天皇:内親王が男性を自認しても、皇統は絶えない

仮に、内親王殿下や女王殿下が
「心は男性」と自認したところで、
万世一系(男系)の皇統は絶えません。

男系男子と男系女子によって、
2600年、受け継がれてきたからです。

そもそも、天皇・皇族には戸籍がない
皇統譜にお名前と身分が記されています。






……こういった意味不明のパニックの裏には、
神武天皇のY染色体論」が隠れているのでしょう。

2005(H17)年、八木秀次が言い出したのが始まりです。
ですが、理論的支柱となったのは、竹内久美子という作家。
翌年に本を出しました。『遺伝子が解く! 万世一系のひみつ』


ですが、この竹内久美子。理系の世界では有名なトンデモです。
手抜きで申し訳ございませんが、手っ取り早くウィキから。
 ↓↓↓


睾丸決定論
 別冊正論31号において「動物学で日本型リベラルを看ると ―睾丸が小さい男はなりやすい!! 政治から学界まで本能の為せるワザ―」と題して、睾丸のサイズによって日本人が「日本型リベラル」になるかどうかが左右されると主張した。また発売翌々日の産経新聞紙上でも同様の主張を繰り返した。さらにはWiLL2018年6月号においても川村二郎と共に「ハハン、だから朝日はタマなしなんだナ」なる文章を書いた。
※続き ⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%86%85%E4%B9%85%E7%BE%8E%E5%AD%90#睾丸決定論





……上記の引用文中には、2018年とありますが。
この類の主張は、ここ数年で行うようになったのではない。
理系と云いますか、生物学ベースの世界では「常識」でした。

八木秀次や竹内久美子の「神武天皇のY染色体論」を受けて、
男系派から、女系派に鞍替えした人間までいるほどです。


気持ちは解ります。私だって一緒にされたくない。



にも関わらず、根強い人気がありますねぇ。Y染色体論。
昨今は、LGBT思想に対抗する目的で、持ち出されています。

ですが、オススメはしません。ただでさえ、性の話なのに。
勘違いされますよ。「やっぱり、トンデモな人達ね~」って。




さて、話を皇統護持に戻します。

1000歩譲って、①皇室典範が改訂、②皇統譜も書き替えられ、
「心は男性」との理由で、男系女子の即位が可能になっても。

万世一系の皇統は途絶えません。日本も終わりません。


男系継承とは、「天皇の父親になるのは誰か」という問題です。


平安期、摂関政治の時代の藤原氏を考えれば、判るでしょう。
娘を入内させ、次期天皇の外祖父になることで、権勢を揮いました。

息子を内親王と娶せ、生まれた子を天皇にすることは出来なかった。
女系男子は、皇族ではないからです。「藤原朝」は築けなかった。


同様に、トランス男性も、「天皇の父親」になることは出来ません。
仮に、養父になれたとしても。生物学的には父親ではないのです。




2023/6/12  不破 慈(曾祖母がアイヌ)  ※アップ当日、一箇所修正

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

Y染色体の有無は、皇位の正統性とは無関係。女帝は最初からお持ちでない。
仮に、女帝は仲天皇だから例外としても、「仲天皇なら女系も可能か?」となる
隙だらけの主張なんですよ。科学的に見ても。遺伝学者も遠回しに批判しています。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2023/06/12 14:57 ] 保守活動 -1.皇室 | TB(0) | CM(2)
トランス女性という身体男性;
もし内親王が男性自認して天皇となることができ、トランス女性と結婚しその子供が天皇となれば別王朝ですけどね。「まあそこまでは無いんじゃないのお~?」と何となく思う人が大半だと思います
[ 2023/06/14 11:31 ] [ 編集 ]
Re: トランス女性という身体男性;
私は記事本文に、以下のように記した筈です。

>男系継承とは、「天皇の父親になるのは誰か」という問題です。
>(中略)
>同様に、トランス男性も、「天皇の父親」になることは出来ません。
>仮に、養父になれたとしても。生物学的には父親ではないのです。


……要は、「生物学的な父親が誰か」という問題ですよ。
元内親王では、「生物学的な天皇の父親」にはなれません。

トランス女性(身体男性)を妃にし、御子を儲けたところで、
生まれてくるのは女系男子or女系女子です。皇位継承権はない。

つまり、女系継承への拡大を防ぐことが、この問題の解決策です。



※後続記事(↓)

神武天皇のY染色体&LGBT天皇:どっちも勉強不足 (2023/06/18)
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2330.html


[ 2023/06/14 13:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。