二番目の山羊

北海道出身の父はアイヌクォーター、福島出身の母は「蝦夷のアベ」

今週の鰤言は、ちょこっと砕蜂考。(ネタバレ含む)

砕蜂ってさぁ……。
男の人限定で、
張り合ってただけ?! ( ̄〇 ̄;)



つまり、女性隊士や
子供には、元々、優しく接してた?


副官に支えられての卍解で、
男性に対する姿勢が和らいだかな?






砕蜂のお兄さんって、5人全員、殉職してるんだよね?


 五人いた兄のうち 二人は一度目 二人は二度目
 残る一人は 六度目の任務で  死んだ
 悲しみは在ったが それ以上に
 彼等の力の無さを 恥じた



で、そこに、
四楓院家・22代目にして、「初めての女性当主・夜一」。
「目指す全て」、「崇拝に近い感情」、「(女)神に等しい」存在。


お兄さん5人に対し、
「何故、生きて還って来てくれなかったのか」と云う、責める気持ち

そして同時に、男性全般を、「女の(自分より)格下」と見做す事で、
心の何処かで、亡くなったお兄さん達の名誉を、庇いたい気持ち


年端も行かない女の子が、家を背負う事になった重圧も、また凄まじいし。
砕蜂の場合は、5人もお兄さんが居たから、ホントに突然だったワケだし。

大前田の、妹を一心に護ろうとする姿勢とか?
感ずるところがあったんだろうね。



[タグ未指定]
[ 2015/01/26 21:28 ] 二次 -1-1.鰤考 | TB(0) | CM(0)

今週は、鰤言ならぬ、ちょこっと鰤考になりました。(ネタバレ含む)

言霊 (ことだま)


「護る」ってキーワードと同じで最初から出て来てたのよね。

鬼道なんて特にそう。
言霊の詠唱により、「力」が込められる。
斬魄刀の名前や解号もそう。

今週はついに、
一護が「名」を「呼」んで、「真名呼和尚」が甦っちゃいましたよ!

単純に、久保先生が言語力を見せ付けているワケじゃなく。
他の漫画で、一般的に登場人物が呪文や技名を叫ぶのとは、異なる背景があった。





単純に考えて、下の等式が成立するけど。

  霊 = 魂 = 心



ここに「力」を絡めれば、

  魂 = 生命エネルギー = 精神エネルギー = 心



確かに、

  生命エネルギー = 霊圧




で、誰かが誰かを大切に想う時、生まれるのが心なんだから?
 ⇒ 真面目に鰤考:何を護る? (2013/04/24)



虚(ホロウ)は、「心が無い」の。
だから、「死」んでいる。



死神や、流魂街の住人は、
肉体は死んでいるけど、心は生きているのよ。


[タグ未指定]
[ 2015/01/05 21:38 ] 二次 -1-1.鰤考 | TB(0) | CM(0)

真面目に鰤考 ~ジゼル・ジュエル~ 劣等感の泥沼

すっかりお休み中の、「今週の鰤言。」
今回は久しぶりに鰤考として、ジジ君の分析をお届けします。

あ、ネタバレ含みます。


初めに言っとくと。
一瞬、「性同一性障害って事?」と思ったんですが。

……違いますね。

だからこそ、師匠は、ゆみちーに
「セ〇〇キ臭い」って言葉で、「におわせ」たんだと思いますが。





ゆみちーって、一見、ナルシスト扱い受けそうですが(笑)

自分単独の世界に酔う人間では無いんですよね。
他者の美学に、敬意を払える男です。

「中身(精神・魂)が女」だったら、そんな言い方、しないと思う。


で。今週。  (掲載順がっっっ!)
バンビちゃんに対する「仕打ち」。

「男として」、女を虐げる「恍惚」なんですよ。
「女として」、女を虐げる遣り方じゃないんです。


感じ、伝わります?

あくまで、「男として」なんです。


[タグ未指定]
[ 2014/07/29 18:40 ] 二次 -1-1.鰤考 | TB(0) | CM(0)

井上織姫考:かなしい心

ひっさびさに鰤ます!
本日のメインテキスト、「巻40」と、「巻41」!
お持ちでしたら、お手元にご用意下さい。

なんか……。メインキャラなのに……。
うーちゃんママ(片桐叶絵さん)より、誤解を受けているようで。

アタシのご贔屓は、勿論、ルキアさんですが。
アタシ、織姫には感謝してるんです。
なかなか、人に心を開けないルキちゃんが。
素で接する事の出来る、同性の親友。 ホント、有り難いです。





砕蜂隊長のファンからは。
「お前、随分、織姫には甘いじゃん」とか言われそうですが。

だって、織姫、未だ「女子高生」ですから。

砕蜂は、プロの戦闘集団の、それも、ウン百人の部下を預かる隊長です。
確かに、前総隊長を喪った事実は堪え難いでしょう。

が。 かと言って、八つ当たりをしては、下の者を、更に動揺させてしまう。
あの裏挺隊員。 隠密機動・第五分隊です。 つまり、砕蜂の部下。

とは言っても。それは「隊長として」の、砕蜂に対する、私の見方。
単騎で、「戦士」として見れば。
これほど優れた「暗殺者(アサシン)」は居ないでしょう。

夜一様と対峙した時。 結果的に、夜一が、瞬閧を発動させ、
「鬼道(霊圧)による身体能力の底上げ」で、砕蜂を上回りました。

が。それ無しでは?
斬術では解りませんが、歩方と白打では、既に先代司令官を超えている?
100年と言うブランクだけでしょうか?


[タグ未指定]
[ 2014/04/12 17:09 ] 二次 -1-1.鰤考 | TB(0) | CM(0)

真面目に鰤考:「正義×悪」―所詮は“対立”に過ぎない―

皆さ~ん、“MAILs.”、ゲット出来ました~? 全然お店に置いてないんだもん……(泣)。
こりゃ、古本では手に入らないな、と諦め、ネットで新品を買いました。
“オッサン”が表紙の61巻は、古本で探している最中です。(←!)

で。石田雨竜くん表紙の4巻ですよ。裏側の詩、後半。

 ぼくたちは反発しあう
 磁石のように 肌の色のように


なるほど、コレなんですね~。最終章の千年血戦篇は。


[タグ未指定]
[ 2013/12/28 22:02 ] 二次 -1-1.鰤考 | TB(0) | CM(0)
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。


ブログランキング・にほんブログ村へ



※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html