二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? 旧土人保護法にそんな条項は存在しません。道庁のHPで全文を確認できます。

発達過程の3タイプ/聴覚言語型・視覚言語型・視覚空間型

先の記事でご紹介した、岡田尊司先生(医学博士)なんだけど。
 ⇒ 発達障害、生まれか育ちか。……愛着の問題(2015/05)


著書に、ある提案が記して有るんです。

アタシのような、日常のコミュニケーションは苦手だが、
本や論文・テキストに書かれた文言には滅法強いタイプを、「視覚言語型」。
※学究職の他にIT系技術者。ブログラミングは視覚言語。

逆に、やっぱり、コミュニケーションには苦労するんだけど、
学校の勉強が苦手な代わりに、芸術・スポーツの才に秀でた、「視覚空間型」。
※他、所謂「ものづくり」。技術立国・日本を牽引したのはこのタイプの技術者。

この呼び方を、「(神経)発達障害」の代わりに用いたらどうか、と。


んでね、所謂、「定型発達」と呼ばれる人々は、「聴覚言語型」。
日常のコミュニケーションって、主に、聴覚言語を用いるでしょう?


割合としては、
聴覚言語8/視覚言語1/視覚空間1



遺伝子的にも、歴史的に見ても、この比率で、必ず出現するんだって。


   【注】 自閉を有するか否かはまた別の話です。



[タグ未指定]
[ 2015/09/17 15:31 ] アスペ考/心理学 | TB(0) | CM(0)

日本人を罵倒しながら、日本人の支援を引き出したいの?

ちょっと前記事に関連して。
 ⇒ 【アスペ考】 そりゃ自閉だもん、気にならないよ(2015/09/12)


もう一つ。
彼女が私に、繰り返し、教えてくれた事が有ります。

 ◆日本人は、障害者に対する理解が足りない。
 ◆日本の福祉は、海外と違って遅れている。
 ◆日本人は、私達・障害者家族に配慮してくれない。
 ◆日本人は、本当に冷たい。


同じ事を、「自称アスペ」の、愛着障害者達も発言していました。

 ◆日本のアスペ教育は、アメリカと違って遅れている。
 ◆アメリカは、アスペやADHDを国家戦略として教育している。



アメリカに行けば良いのに(笑)



メディアや日教組のジャパン・ディスカウントを鵜呑みにしているのか。
はたまた、自分の人間不信を、「投影」しているだけなのか。

両方でしょうね。
こうして、自分から、チャンスをふいにしているのです。


貴方は、日本で生きているんです。
日本で生きていく以上、協力してくれるのは、日本人です。


罵倒する相手から、支援を引き出そうと云うの?


隣の国の民族を見ているようでした。


[タグ未指定]
[ 2015/09/13 16:21 ] アスペ考/心理学 | TB(0) | CM(2)

【アスペ考】 そりゃ自閉だもん、周囲の目なんて、気にならないよ(^▽^)

前の記事に、面白いコメント(笑)を頂戴した事も有り、
今日はちょっと個人的(?)な、アスペ記事です。

関連する記事は、この辺と……この辺かな?

  2014/12 自己と他者の境界線、不破の場合
  2015/08 いい子でも、演じている場合は、好かれないよね?


去年末~年始に掛けて、不破は、還暦女性の
ストーキングに悩まされていたのですが、その時のエピソードです。

未だ、大々的なストーキングが始まる以前、
顔を合わせる度に、振られる話題が有ったんです。

「親切に」、繰り返し繰り返し、私に教えてくれるんですよ。


  ◆「普通に歩けないの?」と思われている。
  ◆「ぶりっ子なの?」と思われている。
  ◆「おかしな子だ」と、ジロジロ見られている。
  ◆「カタワ」って言葉、知ってる?


まぁ、こんなところかな?
コレを全部、「私の息子と同じで、貴女もそう思われているんだよ」と。

で、私、コレに全部、「ハァ、そうですか」と返していました。

あ、一回、爆笑した事が有りました。
「アッハハハ、そんな事考えている人が居るんですか。ヘェ~(^^)」


それでキレられたんでしょうね(笑)


※無論、ふわふわ、「カタワ」と云う言葉は存じておりますw



[タグ未指定]
[ 2015/09/12 15:30 ] アスペ考/心理学 | TB(0) | CM(0)

「いい子」でも、「演じている」場合は、好かれないよね?

前記事の末尾に書き出した内容から、部分的に。
 ⇒
 ナルト映画:アタシとは違う自閉空間で育ったトネリ(2015/08)


確かに、良い子は好かれる。

でも、「演じている」場合は、ちょっと違う。 

つまりは、「裏が有る」から。

それって、不信のサインでしょ?





もうすぐ、37歳に成る、自閉持ちのアスペルです。

不思議な事に、私を「指導」してくれる人に限って、
後に、「人間不信に陥っている」と、判明するんです。

自分の姿を、私に「投影」しているんですね。 ※心理学用語


表面的には、どう見ても、軽度自閉のアタシが、
コミュニケーションを、【きちんと】、取れているようには思えない。
が、それで、人間関係が築けていないかと言うと……?


これまた、そういう人に限って、付き合い始めの頃、私に言うんです。
「有り難う。理解されるって嬉しい」

本人達、綺麗さっぱり、忘れているでしょうが(笑)



[タグ未指定]
[ 2015/08/28 17:00 ] アスペ考/心理学 | TB(0) | CM(0)

ナルト映画:THE LAST ~ アタシとは違う自閉空間で育ったトネリ

『THE LAST』、借りて来ました~。
新作のナルト映画公開に合わせて、レンタル開始されたんよ。
凄い人気で(笑) いつ行っても、貸し出し中。やっとです。

この映画には、とある思い出が。
公開当時、還暦女性からストーキングされており、
外界から隔絶された映画館に、逃れるように観に行きました(爆)

ストーカーって、あれ、同性・異性は関係無いのね(沈)


で、公開当時から、謎だったんだけどさぁ。
ヒナタが、トネリの下へ行った時。


普通に考えて。
「妹の事で条件出されて、誘拐犯に従った」
そう、判断するんでは?



……そういう、乾いた話じゃない?( ̄∀ ̄;



えっと……、作品として、
ファンサービスのラブストーリーが軸に成るから、
ナルトとヒナタの恋愛感情の動きが、優先される為、
表現として、ああいう作りになった……、って認識でOK?


ハイ、数学脳アスペのふわふわデス(* ̄∀ ̄*)





亡くなったお母さんからのマフラーを受け取った後で、
自分の為にマフラーを編んでくれる女の子。

仲間としての信頼関係・絆は元々強固ですから。

ドンドンカンカン鈍感カンなナルトですが、
自分をずっと見詰めていてくれた女の子の存在に気付いて。

憂いのある表情で、打ち明けられない秘密を抱えて。
一気に惹き付けられちゃいますよね♪



でもアンタ、サスケの事は、
サクラちゃんと一緒で、信じて信じて、終には取り戻す根性が有るのに。

相手が女の子だと、不安になっちゃうのねぇ(* ̄∀ ̄*)


この辺の、作中に描かれた心理の流れ。
4回ぐらい観て、やっと把握出来たワ( ̄∀ ̄;

いや、だから、アタシ、自閉が有るから。
こうやって、心理学知識の応用で、何でも把握するんだって( ̄∀ ̄;



[タグ未指定]
[ 2015/08/28 13:26 ] アスペ考/心理学 | TB(0) | CM(0)
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html