二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? そもそも旧土人保護法には、婚姻に関する条項自体が存在しません。

夏期企画3:エイズ拡大、原因は注射針の使い回し

【夏期企画・3】
 HIV感染拡大の原因は、
  注射針の使い回し



【夏期企画1】 医者の不正が独り歩きした自閉症ワクチン説
【夏期企画2】 ワクチンは絶対という信仰(子宮頸がん)

  http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1726.html
  http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1727.html




折角なので、ワクチンネタをもう一つ。
20年近く前の話なので、ご存知の方も多いかと。

※アイヌ記事をお求めの方は、サイト上部6件からどうぞ。



***



ローワン・フーパー氏の著書から引用します。
この方、1995年から1999年の間、日本にいらっしゃいました。
つくば市の国立環境研究所。世界を飛び回っている学者さんです。


HIVのポリオ・ワクチン原因説に終止符

(略)

 1999年、英国のジャーナリスト、エドワード・フーパーは、AIDSの流行は人為的な原因によるというショッキングな見解を公表した。1950年代にアフリカで使用されたポリオ・ワクチンの汚染が原因だと主張したのである。
(略)
フーパーは9年以上を費やして、600人以上の科学者にインタヴューし、広くアフリカを旅して調査を進めた。その論旨は彼の著書『川――HIVとAIDSの源流への旅』に書かれている。1000ページを超える大著である。


[タグ未指定]
[ 2017/08/22 11:22 ] 社会問題 -3.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(0)

夏期企画2:ワクチンは絶対という信仰(子宮頸がん)

【夏期企画・2】
 感染力も弱い、発症率も低いのに、
  全人類の半数に投与を目指す?





前記事からの流れです。
 夏期企画1:医者の不正が独り歩きした自閉症ワクチン説(2017/08/11)
  http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1726.html



方々のブログで、ヒトパピローマウィルス(HPV)の型や
アジュバンドについては解説されているので、ここでは割愛します。




***




どう考えたって、ワリに合わないですよね?
ハイリスク型のHPVに感染しても、発症率は0.15%しかなくて。

同一人物でも、発症する時と、しない時がある。

つまり、発症の鍵(スイッチ)は免疫力の低下なんですが。
だったら、定期健診の充実と、個別対応で良いのでは?


9~13歳から摂取して、一生、〇年毎に打ち続けて、
打っても打たなくても、「同じように健診は受けて下さい」?
「効果の程は不明」だから。




「現実的な対応」って知ってる?
「ケースバイケース」でも良いよ。


Zの増税工作を思い出しました。





[タグ未指定]
[ 2017/08/18 13:10 ] 社会問題 -3.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(2)

夏期企画1:医者の不正が独り歩きした自閉症ワクチン説

【夏期企画・1】
 医者の不正が独り歩きした
   自閉症ワクチン説





前記事で私が抱える自閉症スペクトラムについて触れたので。
今回は、巷を騒がす自閉症ワクチン説について解説します。

※アイヌ問題をお求めの方は、サイト上部6件からどうぞ★




***




先ずは、大隅典子先生の著書から引用します。
脳神経や遺伝子の基礎研究に携わっているお医者様です。



ワクチンは自閉症を誘発しない  (前半部省略、改行を加えました)


1998年に、英国の『ランセット』という権威ある学術雑誌に、
ワクチンと自閉症の因果関係について指摘した論文が掲載されました。

「麻疹、おたふく風邪、風疹の三種混合ワクチンを摂取した直後に
 自閉症のような行動と腸炎が発症した12例の症例」についてというもので、
著者はロンドンのアンドリュー・ウェイクフィールドという医師でした。

ウェイクフィールドは「三種混合ワクチンが
 なんらかの免疫反応を引き起こして、その結果、消化器の炎症や
 神経系への影響が生じて、腸炎や自閉症が生じたのではないか」と論じ、
「三種混合ワクチンよりも麻疹単独ワクチンのほうが安全だ」と主張しました。


(中略)
三種混合ワクチンを政策として推奨してきた英国政府は、
「麻疹単独ワクチン」のほうがよいと主張する
ウェイクフィールド論文の影響について、
ただちに専門委員会を組織して調査に当たらせ、
論文発表からわずか1ヶ月でウェイクフィールドの報告に対し、
懸念を含むレポートを発表しました。




それによると、実はウェイクフィールドは、
三種混合ワクチンの副作用を追及する
NPO団体の顧問として巨額の顧問料を
得ていたばかりでなく、論文を出す前年に、
麻疹単独ワクチンの特許申請をしていました。



国の政策が
麻疹単独ワクチン推奨に移行すれば、
莫大な利益を得るはずだったというのです。





[タグ未指定]
[ 2017/08/11 14:58 ] 社会問題 -3.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(0)

【小休止】 反皇室ブログは病身舞?

【小休止】  反皇室ブログは病身舞?



アイヌ問題をちょっとお休みして、保守全般に掛かるお話。  夏休みだしね!(^p^)

以前から拙宅にお越し下さっている皆様には
周知の事実ですが、不破はアスペルガー症候群です。
自閉症スペクトラムの中、自閉が軽度でIQ(知能指数)が高い。

で、「発達障害」という名称だけを受けて、
人格発達障害ぐらいに勘違いしている人もいますが、
厳密には「神経発達障害」が、より正確な表現となります。


更に言えば、知的障害や性同一性障害も、
広義の意味では、神経発達障害に含まれます。

「脳神経の発達障害」ですから。

狭義の意味……というより、一般には、私達のように、
能力的なアンバランスを抱えた状態を指して使われるのですが。


「能力的なアンバランス、って具体的には?」と返って来そうなので、
前記事(私の小学生時代のエピソード)に続いて、今度は就職してからの話を。
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1724.html


 ↓



[タグ未指定]
[ 2017/07/28 15:09 ] 社会問題 -3.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(8)

【小休止】 渡部昇一先生オススメの栄養学と、蘇州夜曲で台湾の歌

【小休止】 渡部昇一先生オススメの栄養学とか。




こんにちは~。
ワンエイス(8分の1)のアイヌ系、ふわふわで~す。
今回は、ちょっとアイヌ問題をお休みして本の紹介。計3冊です。
※後半に、蘇州夜曲で作った台湾のイメージソング。


最近いらして下さった方は、是非この機会に、
サイト上部、横並び6件のアイヌ記事に目を通して下さ~い★
(少し前に、半分くらい入れ換えました)



***



で、先ずは渡部昇一先生オススメの栄養学。


三石巌著、平成21年7月、税抜619円


医学常識は嘘だらけ 分子生物学が明かす「生命の法則」
(三石 巌/祥伝社黄金文庫/平成21年7月初版)



アタシ、以前から栄養療法で健康改善に努めてたんだけど。
三石理論はまだ読んだ事がなくて。年末に書店で手にとってビックリ!
まえがきに、渡部昇一先生とあるじゃ~ないですかぁあああ!

キャ~★ わったなべセンセ、わったなべセンセ!(*^▽^*)/
(注)日の丸の扇子を持って、お立ち台の上にいます。


まえがきの文章そのままは長くなっちゃうんで、表紙裏から。
読み易いよう、改行を加えて引用します。



  三石巌著医学常識はウソだらけ、渡部先生推薦文  三石理論がもたらす、画期的な成果  渡部昇一


  これまでの医学常識とか健康常識の迷妄を打破し、
  分子生物学に基づく真の医学的アプローチによる
  「健康への道」を拓かれた三石先生の業績は、画期的である。
  不勉強な医師たちのマニュアル治療を徹底的に論破してくださった。

  三石理論を読むと、
  それが科学至上主義に貫かれていると解る。
  なるほど、人体を一つの物理化学反応体系として、
  徹底的に考察せずして、真の栄養学は生まれない。

  私が今、鶏卵を安心して食べられるのも、
  塩分摂取に過敏にならずに済むのも、
  甘いお菓子を楽しめるのも、三石先生のおかげである。
  ヒトフードとメガビタミン主義は、私の家族の食生活の基本をなしている。

  本書は、三石理論の最も重要なところを、 
  最も網羅的に、かつ解り易く説いている。

  長寿で知的活動を目指す人々の「必見の書」としておすすめする。



  (表紙裏、渡部昇一先生の推薦文、全文引用)





[タグ未指定]
[ 2017/02/25 14:37 ] 社会問題 -3.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(0)
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html