二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

アイヌハーフの祖父に嫁いできた祖母は陸奥源氏の女性でした。……本当に和人社会が差別していたと思いますか?

感性頼みの理想論で、戦争は無くなりません(^^)

「全人類が、武器を兵器を、
 軍隊を放棄すれば、戦争はなくなる!」

実はコレ、何千年も前から、
人々が口々に叫んで来た言葉です。

結果、戦争は未だに無くなっていません。





人類の歴史は、戦争の歴史。

歴史を学ばない人々は、
その表面的事実のみを取り上げて、
自身が、清廉な先駆者であると、勘違いします。

ドイツの鉄血宰相・ビスマルクの指摘通りです。



「判断」ではなく、
「反応」なのです。

「知性」による判断、ではなく、「感性」による反応。


戦争は、誰だって、嫌です。
「嫌」と云う「感情」なのですから、感性による「反応」です。


「愛」と云う感情は、人類普遍のものです。
家族を、恋人を、友人を、隣人を愛する、「心」。

過去を、「戦争の歴史」と決め付けて、
冒頭の言葉を叫ぶ人は、
古の人々が、「憎悪や嫌悪に満ちた世界を築いて来た」、
そう、思い込んでいるのでしょうか?


理解不能です。


[タグ未指定]
[ 2015/10/12 13:33 ] スピリチュアル考 | TB(0) | CM(0)

「魂レベルで正しい不倫は行うべき」 by #美輪明宏 【 #安保法案 】

お友達の江原さんと一緒に、こう喧伝しています。
【魂レベルで判断すれば、正しい不倫は行うべき】


【※】彼等の主張が判り難いと思ったんで、補足。
  前世から約束していた相手と廻り合う前に、
  「間違った相手」と結婚してしまう事が有るのだそうです。
  その場合、「正しい相手」と、不倫の末、結ばれる事は好ましいのだとか。
  「魂の計画」として、不倫がプログラミングされているケースも有る……のだ、そう、です。




そんな公共性・社会性の無い人に、
上から目線で、こんなお説教されても……。


【安保法案】 美輪明宏が
「安倍首相も自民党に投票した人も
まず自分が戦地に行きなさい」と一喝!

(2015/07/16) http://hosyusokuhou.jp/archives/44791100.html
保守速報さんからお借りしました★



ついでに、拙宅の過去記事。
開設初期のものだから、
メンタル面も荒れてたし、読み難いですが。
  ⇒ 美輪明宏さん……ねぇ……?(2012/06)


……この人、結局、何も学んで無かったんだね。



[タグ未指定]
[ 2015/07/18 03:03 ] スピリチュアル考 | TB(0) | CM(0)

星(天体)が好きです。 そして、「人の脳」は、「宇宙」です。

アタシが日々、チェックしている「星占いのサイト」がありま~す。
「占い」に関しては、「当たるも八卦、当たらぬも八卦」の認識です。


このサイトはですね、「文章がおもしろい」んです。
「文章表現」、「言葉の綾」の「妙」。

イギリス人で、ユーモアのある人って、皆さん、こんな感じですか?
機知に富んだ文章に、ヒントを貰ったりしています。


ってか、超絶・有名な方だから。
皆さん、ご存知でしょ? (笑)


ジョナサン・ケイナーの星占い
http://www.cainer.com/japan/


今日、冒頭に掲げられた文章が、
あまりに素晴らし過ぎたので、ご紹介します。


【 2014年6月17日  許しは自分のため 】

許しについて、匿名を希望している読者の方から次のお便りがありました。「何年もの間、母は私にアイロンを押しつけ、熱湯を浴びせてきました。彼女は教会に通っていて、彼女の神が許したように私も彼女を許すべきだと思っています」。この衝撃的な話にどうコメントすればいいのか分かりませんが、このお便りは次のキャリーからのお便りを含む手紙の束の中に入っていたことをお伝えしておきます。キャリーはこう言っています。「私たちは誰かをその人のために許すのではなく、自分のためにその人を許すのです。ネガティブな感情を持ちつづけていれば気分が悪くなります。許しは私たちが自分自身に与える贈り物なのです」。


凄いでしょう?  最初の女性のお話、物凄いでしょう?


[タグ未指定]
[ 2014/06/17 11:11 ] スピリチュアル考 | TB(0) | CM(0)

ギリシア神話・戦の神:アレスとアテナ (ネタバレ鰤言の代わりに)

先週は、アタシの、「ペコちゃんのうさ耳、モフり行為」が、
店員さんにバレバレだった、と言う話をしましたが。 (←!!)


今回、立ち読みに行ったら。
ジャンプの近くに「星座本」が置いてあって。
「全天88星座」と、それに纏わる「ギリシア神話」が紹介されており。

それで、ふと、上記タイトルの話を思い付きました。





ヨーロッパも、昔は多神教だったんですよね。
キリスト教の布教が進み、「未開の邪教」として追いやられたんです。

ですから、GHQも、
「八百万」を、「野蛮な宗教」と見做していました。

「(唯一絶対)神の代行者」ってなワケです。


まぁ、今日は占領政策云々、の話では無く。
日本でも有名な「アテナ」と、同様に戦の神である、「アレス」の話。


[タグ未指定]
[ 2014/06/16 14:02 ] スピリチュアル考 | TB(0) | CM(0)

太平洋のイサナキ・イサナミ

興味深いお話を、他所様のコメント欄で拝見しました。

太平洋の島々には、
「イサナキ」と、「イサナミ」と言う神様が居わすそうです。

「イサナキ」は、雄々しい男神。
「イサナミ」は、豊かなる女神。

「イサ」、これは容易に「勇ましい」に結び付きますよね。
でも、女性に対し、勇ましい、は、不自然ですから……。

恐らくは、この「イサ」、
「盛んな」・「隆盛な」・「生命力の強い」と言った、「繁栄」の神々なのでしょう。


昔は、妊娠・出産における死亡率が高かった。
今現在、女性の方が平均寿命は長いです。
が。それは、医学が発達した現代のお話。

身命を賭して、新たなる生命を生み出す女性。
「母」とは、正に「カミ」でしょう。

その「カミ」と、カミの生み出した「子」を守る男性。
荒れ狂う海からも生還し、家族を養える強い男でなくては務まりません。


[タグ未指定]
[ 2014/03/27 18:55 ] スピリチュアル考 | TB(0) | CM(0)
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ