二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? 旧土人保護法にそんな条項は存在しません。道庁のHPで全文を確認できます。

対立構図でアイヌを語る危険性

歴史年表、篠田謙一著、DNAで語る日本人起源論p155より

北海道mtDNAの変遷、篠田謙一著、DNAで語る日本人起源論p167より  ←サムネイル、279KB (1293 x 728)




そう言えば、拙宅ではまだ北海道の年表をアップしていませんでした。
やっぱり篠田謙一先生の著書からですけれど(分子人類学に激ハマリ中)。
※DNAで語る日本人起源論 p155&167より、2015岩波現代全書


本土日本とは、流れが大分違うでしょう?

ちなみに、北東北にも続縄文時代がありました。
以降も擦文文化人との交流が盛んだったことから、
東北を「プレアイヌ(プロトアイヌ)」と位置付ける学説まで存在します。

当然、東北の蝦夷(日本古来の蝦夷)を母方に持つ私は、ブチ切れ状態です。
それでカテを設けて、コツコツと東北の記事をアップしているワケですが。



***



話を、北海道に戻します。
前記事からの流れです。

前記事リンク:シベリアからの流入、決め手はmtDNAのY
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1718.html


用語の説明が面倒だったので
ずっと「シベリア少数民の系譜を受け継ぐ」と表現して来ましたが、
年表にも名称がある通り、正確には「オホーツク文化人」です。

このオホーツク文化人が、mtDNAのYを保有していて、
それが現在のシベリア少数民と、アイヌ集団に受け継がれたんです。


※以降、mtYと略します。





[タグ未指定]
[ 2017/05/23 15:15 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(0)

シベリアからの流入、決め手はmtDNAのY

北海道縄文人骨から検出される
mtDNAのN9b、D4h2、G1b。
極東シベリア少数民も保有しています。




日本人はどこから来たのか書影、海部陽介著、文藝春秋刊   (引用)

 山梨大学の安達登のグループは、
 北海道の各地で発掘された56体の縄文人骨を分析して、
 ミトコンドリアDNAのタイプを決めることに成功した。

 そこで見られたのはN9b、
 D4h2、G1b、M7aという4種類だったが、
 中でも多いのはN9bだった。

 面白いことに、アジアの現代人集団の中で、
 N9b、D4h2、G1bは、ロシアの極東地域に暮らす少数民族
 (近現代に移住してきたヨーロッパ系のロシア人ではない、
  ウリチ、ウデヘ、ニヴフなどの先住民族のこと)にあるが、
 東南アジア集団には見られない。

 そこで安達らは、北海道縄文人は
 基本的に北東アジアからやってきた集団の子孫であると結論した。


 (引用ここまで、改行を加えました)
 海部陽介著、『日本人はどこから来たのか?』p181/文藝春秋/2016.2




   ※下の画像は、ナナイ・ニヴフ・ウデヘ・オロチ・ウリチです。

   5-7、シベリア諸民族 5-8、シベリア諸民族
   世界の民族衣装の事典(丹野郁・監修/東京堂出版)より





*****





まぁ、mtDNAの共有は自然ですよね。
だって、日本列島への通り道なんですから。


国立科学博物館、3万年前の航海徹底再現プロジェクト、リーフレットより


前記事リンク:縄文・弥生の二重構造説はもう古い。
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1717.html






[タグ未指定]
[ 2017/05/13 19:49 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(0)

縄文・弥生の二重構造説はもう古い。

縄文・弥生の二重構造説はもう古い。


国立科学博物館、3万年前の航海徹底再現プロジェクト、リーフレットより

※国立科学博物館のリーフレット(3万年前の航海徹底再現プロジェクト)より




***




前記事の後半で、以下の事柄について簡単に触れました。

 [1]アイヌ集団は13世紀以降、シベリアからの新規流入を受けて、
    先住の擦文文化人や和人(蝦夷)との混交により形成された。
 [2]生活文化的な連続性を追えば、アイヌ集団はシベリア少数民に近い。




新たな科学的証拠や学説はどんどん登場しているのですが、
どうも皆さん、固定観念(列島を北上)に縛られている様子です。

ここで原点に立ち戻ってみましょう。
上図は、国立科学博物館のリーフレットからです。
手許でスキャンしたのですが、画像は大丈夫でしょうか?

ご覧の通り、現在では、
日本列島へ3つの流入ルートがあったと考えられています。




勿論、その時に一回こっきりではないですよ?
最初の流入があったのがこの時で、その後も都度、人々はやって来た。

 対馬ルート : 3万8000年前
 沖縄ルート : 3万5000年前
 北海道ルート: 2万5000年前




13世紀にも、シベリアから樺太経由でやって来た人々がいたし、
7世紀にだって、百済から難民が流入しましたよね。
※しかも8世紀にはそこのお嬢様が入内(桓武天皇の生母)


その積み重ねで、現在の日本人が形成されたんです。






[タグ未指定]
[ 2017/04/30 13:19 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(0)

アイヌクォーターの親父。

アイヌクォーターの親父。




コレ(↓)、アタシが子供の頃には、もう喧伝していましたよねぇ。
『アイヌを先住民族に指定すれば、北方領土返還に有利~!』


30年近く前になるのかなぁ。
その時も、テレビでそのプロパガンダを垂れ流していました。

お茶の間で寛いでいる時、父が言ったんです。
「有利になんてならない。ロシアにもアイヌがいるから」

で、大雑把な流れを話してくれたんですよ。
日本が条約を結んで(榎本武揚の千島・樺太交換条約)、
ロシアに渡ったアイヌと、日本を選んだアイヌがいた事を。



アタシはそういう話が好きなので、身を乗り出しました。
ランドセル背負った年齢で、孫子や老子にハマッた娘です(笑)

嬉々として目を輝かせながら、言いました。
「うわぁ、お父さん凄い! 詳しいんだね!」

そうしたら、父はサッと表情が変わって、黙り込んでしまったんです。

「アレ?」と思いました。
いつもなら、得意になって続きを話してくれるんです。
特にアタシは、父の一番のお気に入りでしたし。




今になって、その理由が判りました。
アイヌ民族(≒プロアイヌ)達の活動は、目に余るものが有ります。
可愛い娘を関わらせたくないと思うのは、親心でしょう。


  ですので、砂澤陣さんの活動を知った時、迷うことなく賛同できました。
  北方領土と榎本武揚については、以下の過去記事をご参照下さい。
  武揚は、アイヌを護るため、たった一人奔走してくれたんです。


  明治8年、千島・樺太交換条約[榎本武揚](2016/02/26)
  http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1624.html
  「先住民族だと北方領土返還に有利」by多原香里(2016/02/28)
  http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1625.html




***




ついでに申し上げますと、実在のアイヌは部族社会です。
併合当時は、よく判らなくて一つに括ってしまったんですよ。
部族ごとに違うと言っても、和人から見れば全員同じに見えますし。

ただ何れにしろ、現在、伝統文化として喧伝されるそのほとんどが、
昭和初期の旅行ブームで観光客向けに整備された「商品」に過ぎません。
「実在の部族社会をモデルに創作されたフィクション(虚構)」です。


  東西エンチュウ・ソーヤ・ペニウンクル
  シュムクル・サルンクル・メナシクル・トゥカチ。

  詳しくは、砂澤陣さんのブログ記事で。
    ⇒ http://koushinminzoku.blog117.fc2.com/blog-entry-359.html
  後進民族アイヌ  http://koushinminzoku.blog117.fc2.com/





[タグ未指定]
[ 2017/03/17 12:28 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(2)

GHQ側の記録、アイヌ弾圧などなかった

米スミソニアン博物館の資料。




砂澤陣氏による著書、
北海道が危ない!(育鵬社刊)』からご紹介します。


 (引用)

 終戦後、GHQ(連合国軍総司令部)が
 占領下の旭川に来て、アイヌの長老たちと面談している。

 GHQ側が「独立したいか?」と聞くと、
 長老達は、「日本国民だから、ここに残る」と断った
という。
 その資料が、米国のスミソニアン博物館に残っているそうだ。

 イラストレーター、書家として活躍し、
 平成26年10月に亡くなった私の姉、
 砂澤チニタは生前、その資料を見に行ったが、
 コピーできるなら日本に持ち帰りたいと言っていた。


 (引用終了、改行を加えました)




野暮は承知で、
皆様にこうお尋ねします。


「弾圧を受けている少数民が、こんな事を言うか?」



……何処かで聞いた話ですよね。




[タグ未指定]
[ 2017/02/09 14:57 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(2)
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html