二番目の山羊

北海道出身の父はアイヌクォーター、福島出身の母は「蝦夷のアベ」

東北の雄・安倍貞任の子孫は総理大臣

東北の雄、
 安倍貞任の子孫は総理大臣






文学博士・歴史学者である山本博文教授の著書より紹介します。


源頼義、義家親子に討伐された
安倍氏の子孫は、なんと総理大臣!
 安倍貞任(1019?-1062)

 平安時代中期、奥州(東北地方)に勢力を誇った安倍貞任は、前九年合戦で源頼義の率いる軍勢と衝突。頼家[引用者注:誤植と思います]の息子で八幡太郎と呼ばれた義家と五分にわたり合うなど善戦する。しかし、同じ蝦夷の清原氏が頼義側についたため不利な状況に追い込まれ、貞任は深手を追って捕らえられた。
 引き出された貞任は、頼義をにらみつけたまま絶命したという。貞任の首は丸太に打ちつけられ、妹婿として一緒に戦った藤原経清の首とともに京都にさらされた。
 こうして安倍氏は滅びたが、貞任の妹婿であった藤原経清の遺児が清原氏の養子となり、のちに奥州藤原氏を興して栄華を誇る。ただし平安時代末期に源頼朝に攻め滅ぼされ、4代で絶えた。
(略)


◆安倍氏の末裔・安倍晋三の華麗なる系譜

 貞任の弟・宗任は武勇にすぐれていたことで、命を救われた。宗任の才能を惜しんだ義家により助命され、伊予(愛媛県)に流されたのだ。その後、筑前(福岡県)に移されて九州で没したが、宗任の子は肥前(佐賀県)松浦党(まつらとう)の婿となった。奥州の名門の血が、遠い九州で受け継がれることになったのだ。松浦党は、源平合戦では源氏に味方したが、一部が平氏に味方したため、平氏滅亡後は名をはばかって安倍氏に戻したという。
 この宗任の子孫とされるのが、安倍晋三である。父の安倍晋太郎が宗任から数えて41代目であると自認したという。
(引用ここまで)


山本博文著、負け組の日本史、実業之日本社

負け組の日本史 (p174-176より)
蘇我氏、平家、南朝、足利家、関ヶ原西軍……その後どうなった?
山本博文著/じっぴコンパクト新書320/2017年4月/実業之日本社





[タグ未指定]
[ 2017/09/21 00:12 ] アイヌ問題 -2.東北・蝦夷 | TB(0) | CM(11)

熊と猪 ~マタギはアイヌに非ず

多摩動物公園、クマ1

多摩動物公園、イノシシ1



都立多摩動物公園に行って来ました。
こういう本を図書館で見付けまして。
実物を見てみたくなったんです。



田中康弘著、マタギ
マタギ 矛盾なき労働と食文化/田中康弘 (2009年4月、枻出版社)



***



過去記事にアップした通り、不破の親戚には山猟師がいます。
北海道(エゾ)の父方じゃないですよ、東北蝦夷(エミシ)の母方。
幼い頃、遊びに行きました。母の実家から車で30分の距離。


狩猟を続ける母方の親戚[東北蝦夷/福島県](2016/07/13)
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1648.html
アベ一族と姪っ子~きのこ・たけのこ……(2016/08/29)
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1653.html



母方(福島)の伯父や従兄弟は、
確かに山に入るんですが……って、山に住んでいるんですが、
マタギさんとは違うんですよ。あの辺、クマは出ないんです。

動物園の標識を見て、ハッキリしました。
福島の位置、なんとなく判ると思いますが。
確かに、母の実家周辺は、生息域から外れています。



多摩動物公園、クマ2  多摩動物公園、クマ3 多摩動物公園、クマ4

多摩動物公園、イノシシ2  多摩動物公園、イノシシ3




まぁ、大元の土台は同じなんでしょうけれど。
獲れる獲物が違っただけで。





[タグ未指定]
[ 2017/04/18 12:17 ] アイヌ問題 -2.東北・蝦夷 | TB(0) | CM(2)

アベの語源はアイヌ語のアフィじゃない。

アベ(阿倍・安倍・阿部)の語源は、
アイヌ語のアフィ(火)ではありません。





プロアイヌが言い出した事なのか、シンパが言い出した事なのか。
はたまた、オカルト信奉者が言い出した事なのか。

定かではありませんが、
まことしやかに語る研究者がおりますので、
釘を刺す意味で書いておきます。


※著書もお持ちの方です。
  所蔵しておりますが、ご本人の名誉の為に記載は避けます。

  (政治的な意図があるワケではないのが見て取れるので)



***



以前から拙宅にお越し下さっている皆様は
既にご存知でしょうが、私の母の旧姓は「アベ」です。
東北には非常に多いです。

一般的な知識として、『日本人の名字ランキング』から。
長くなりますが、一部をご紹介します。


 23位:阿部  (引用、改行を加えました)

 「あべ」と読む名字には「阿倍」「安倍」「安部」などいろいろあるが、
 おそらくもとは同じ名字で、漢字をあてる際にいくつかに分かれたものであろう。
 この中で一番多いのが「阿部」である。

 江戸時代の譜代大名の阿部氏は
 備後福山・上総佐貫・陸奥白河の3つの藩の藩主をつとめていた。
 藤原北家で小田氏の一族というが、実際のところはよくわからない。

 また、陰陽師の「あべ」氏は「安倍」と書く。
 平安時代に安倍清明が出て有名になった。
 近年、小説や漫画、映画などで取り上げられ、陰陽師ブームにもなっている。
 安倍清明以前の家系ははっきりしない部分もあるが、
 古代豪族の「阿倍」氏の末裔という。

 現在、「阿部」姓は東日本に集中しており、
 特に東北地方では青森県以外ですべて11位以内に入っている。
 一方、西日本では徳島県と大分県以外では少ない。

 「阿部」に続いて多いのは「安部」姓で、
 大分県ではベストテンにも入っているほか、島根県などにも多い。


 (引用終了、森岡浩著/日本人の名字ランキング/2002新潮社)





[タグ未指定]
[ 2017/03/31 19:43 ] アイヌ問題 -2.東北・蝦夷 | TB(0) | CM(0)

【 #アイヌ 】 奥州藤原氏までアイヌ民族?(゜〇゜;

戦前、奥州藤原氏を
アイヌ民族とする説が存在。


1950(昭和25)年、
中尊寺金色堂に安置される
藤原四代のミイラが科学調査され、
この説は完全に覆ります。




次に白羽の矢が立ったのが安倍貞任でした。

前九年の役で、貞任は敗死しましたが、
弟達は生き残り、大宰府へと配流されています。




※前九年の役(1051-62)……源頼義率いる朝廷軍と蝦夷の戦い



 過去記事リンク:安倍貞任までアイヌ民族?(゜〇゜;
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1641.html




[タグ未指定]
[ 2016/09/09 13:00 ] アイヌ問題 -2.東北・蝦夷 | TB(0) | CM(0)

【閑話休題】 アベ一族と姪っ子 ~きのこ・たけのこ・〇〇〇~♪

【閑話休題:アベ一族と姪っ子】
きのこ・たけのこ・〇〇〇~♪




しつこく、アベ一族と姪っ子・第三弾です(^q^)

前回記事から時間を大きく巻き戻しまして、
猟をやっている伯母の嫁ぎ先にお泊りした時の話。

 過去記事リンク:狩猟を続ける母方の親戚(東北蝦夷/福島県)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1648.html



母の実家と、狩猟の家は近いので、頻繁に行き来しています。
実家から、伯父(跡継・長男)が色んな農作物を送ってくれるのですが。
その中に、伯母の家で穫れた山の幸も、必ず入っています。

きのこや山菜。時には竹の子も!
きのこはね、伯母の家で育ててるんですよ~。
家屋の裏の、陽の当たらない場所に、丸太が並べてあって。
そこに椎茸がポコポコ生えてました。  アタシ、初めて見た!(゜▽゜*

お泊り初日は、夜中にクワガタを採りに出掛けたんです。
従兄弟と子供二人に私。その時、丸太の存在に気付きました。


私は昆虫採集なんてした事がないので、
その家の子供達のように、要領を得ません。
従兄弟が素手で捕まえて、私の篭に入れてくれました(^^)

……私より年上の子供がいる従兄弟は、完全に引率の先生(笑)




[タグ未指定]
[ 2016/08/29 16:00 ] アイヌ問題 -2.東北・蝦夷 | TB(0) | CM(0)
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。


ブログランキング・にほんブログ村へ



※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html