fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

アイヌが目指すは先住権の獲得:サケ訴訟は捨石

今回の、サケ訴訟は捨て石。
捨て石が言い過ぎなら、布石



<ニュース虫めがね>
アイヌ民族先住権訴訟 背景や今後の見通しは
北海道新聞デジタル 武藤里美 会員限定記事
2024年4月18日 15:53(4月19日 0:22更新)


札幌地裁は18日、アイヌ民族団体が地元の川でサケ漁を行う
権利の確認を求めた行政訴訟で、原告側の訴えを退けました。

Q 今回の裁判はどうして注目されたの。

A 先住権」を司法が認めるかどうかが焦点だったからです。「先住権」とは、先住民族が伝統的に持っていた土地や資源を使用する権利や、政治的な自己決定権など集団としての権利のこと。アイヌ民族の先住権の確認を求めた訴訟は初めてで、今回はアイヌ民族が生業としていた地元の川での漁業権が対象になりました。…
※全文(↓)
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/1001919/





……上述の通り、焦点は先住権です。2019年に成立した、所謂アイヌ新法。
アイヌの先住性を認めてしまったものの、先住権は認めていませんでした。

 ↓↓↓


各地のアイヌ、先住権で連帯
サケ捕獲など具体的な権利の獲得を求める

毎日新聞2020年9月29日 12時55分

 組織の枠や地域を超え、各地のアイヌが連帯を強めている。根底には、2019年5月施行のアイヌ施策推進法(アイヌ新法)で明記されなかった先住権の問題がある。河川でのサケ捕獲権など具体的な権利の獲得を求め、横のつながりが広がりつつある。【山下智恵】
※全文(↓)
https://mainichi.jp/articles/20200929/k00/00m/040/097000c

先住民族と明記されたが、先住権には触れられなかった (2020/09/30)
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2084.html






……アイヌの先住性については認めたものの、
先住権は認めていないのですから、原告敗訴は当然


着目すべきは、それを理解した上で訴訟を起こした点。




言うまでもなく、フロントにはバカ(失礼!)を配置しているんですよ?
しっかり悔しがってくれないと、パフォーマンスにならないでしょう?



将来的に、先住権を勝ち取ることさえできれば、盤面は引っ繰り返る。
漁業権どころか、自治区にだって手が届く。遺骨の返還も、賠償請求も。

勿論、漁業権が手に入っても、彼等は地道に、漁で生計を立てたりしない。
全てはツールです。先住権アリの先住民族という、VIP待遇を得るための。





2024/04/19  不破 慈(曾祖母はアイヌ)  ※アップ翌日、加筆修正

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

先住性については認める。だが先住権は認めない。 ←論理としておかしいでしょ?

新法(現行法)成立の際、「先住権は認めていないから骨抜き」と出回りましたが。
そもそも、先住性について触れるべきではなかった。先住民族ではないのだから。
海外で触れ回りますよ。「先住民族なのに先住権がない。迫害の証拠だ」って。

[タグ未指定]
[ 2024/04/19 17:02 ] アイヌ利権問題 -1.アイヌ・IR利権 | TB(0) | CM(0)

アイヌに謝罪、包囲網を張られた文化人類学会

結局、謝るんだ(^▽^;


アイヌ民族巡る過去の研究を謝罪
人類学会が理由説明 「現在の社会問題に向き合うため」

産経新聞 2024/4/5 18:56


日本文化人類学会は5日、アイヌ民族に関する研究について謝罪した声明を巡り、オンラインで記者会見を開いた。真島一郎会長は、1日付で声明を出した理由として、アイヌの人々に今も差別的な言動や態度が向けられているとし「現在の社会問題に向き合うためにも謝罪は不可欠と判断した」と強調した。

その上で、声明を「コミュニケーションの起点としたい」と強調した。

学会は1日、過去の学術研究について「真摯に反省し、心から謝罪の意を表明する」との声明を発表。アイヌ研究を巡っては、19世紀以降に遺骨が同意なく墓地から持ち出されるなど、民族独自の宗教観への配慮を欠いたとして、平成24年以降、遺骨の返還を求める訴訟が相次いだ。
https://www.sankei.com/article/20240405-WEYKMVZEH5KOPHEUDANKGAQWOE/





……まぁ、確かにね( ̄~ ̄;

あんな騒動にされて「謝罪じゃなかった」なんて言ったら、
今度は、日本文化人類学会が袋叩きに遭う
わ。これも世渡り。

世渡りって云うか……実質、退路は断たれていたよね( ̄∀ ̄;



取り敢えず。以下、文化人類学会にアップされていた声明(↓)
※読み飛ばして頂いても結構です。


※先ずはサイトトップから(↓)

日本文化人類学会は、4学協会(北海道アイヌ協会、日本人類学会、日本考古学協会、日本文化人類学会)が検討を重ねております「アイヌ民族に関する研究倫理指針(案)」に寄せられたパブリックコメントを契機として、2022年より毎年次の研究大会で特別シンポジウムを開催したほか、年間数度のオンラインシンポジウムの開催や特別サイトの開設を通じ、学会全体で時間をかけて主体的な熟議を重ねてまいりました。その結果として、このたび「アイヌ民族研究に関する日本文化人類学会・学会声明」を発出する運びとなりましたので、ここにお報せ申し上げます。
本声明は、アイヌ民族の方々に対する文化人類学者の過去の研究姿勢を真摯に反省するとともに、学問のありうべき未来に向けた責任の意志表明をめざすものでございます。


※以下、pdf文書でアップされた本文(↓)

アイヌ民族研究に関する日本文化人類学会・学会声明

 日本文化人類学会(旧称:日本民族学会)は、文化人類学研究者の過去の営為を検証し、また研究のありうべき未来を展望するために、1989 年 6 月、「アイヌ研究に関する日本民族学会研究倫理委員会の見解」(別添:以下「89 年見解」)を社会に向けて表明しました。

 近代の学知として 19 世紀に確立した文化人類学は、遅くとも 20 世紀中葉にいたるまで、同時代の人種主義、帝国主義、植民地主義と密接な関わりをもってきました。こうした趨勢のもと、1869 年「北海道」制定以降のアイヌ民族研究においても、当事者であるアイヌ民族の方々の主体的な意志や社会への要請を研究に反映させる姿勢や、研究成果を文化の当事者と共有する姿勢を研究者が長きに及び著しく欠いてきた過去への深い反省に基づき、「89 年見解」は表明されました。加えて「89 年見解」は、研究の未来に向けても、アイヌ民族との十分な意思疎通をふまえた研究や、アイヌ民族出身の研究者育成、日本社会における偏見や差別を是正する学校教育・社会教育の促進の必要性などにも言及するものでした。

 「89 年見解」を真摯に受けとめた個々の学会員により、その後アイヌ民族の方々との協働による研究の試みも生じ、1996 年には学会理事会が内閣官房長官宛に、また 2008 年には学会長が「アイヌ民族の権利確立を考える議員の会」宛に、日本文化人類学会としての「89 年見解」堅持の意志を再三表明してまいりました。

 しかし他方において、文化人類学の研究成果をアイヌ民族の方々と共有していく方針についてはもっぱら各学会員による個別の努力に委ねてしまったこと、またアイヌ民族の方々が日本社会のマジョリティに向けて発信してきた具体的な意志や要請に、学会として深く理解し支持する姿勢で向きあえなかったこと、さらには過去のアイヌ民族研究に起因する心的外傷が歳月の経過を以てしても消え去るものではない事実の認識を欠いていたことなど、反省すべき点は少なからず残されました。民族としての、また人間としての尊厳に留意したはずの「89 年見解」のスピリットが、以後の学会活動で十分に活かされなかったばかりに、今日にあってもアイヌ民族の方々の不信感を招き、過去の過ちに対する無関心のなせる業と誤解される場合もあったことを、まことに遺憾に感じております。

 出自や性や社会階層の別なく、一人ひとりの生の背景に広がる多様性をなにより尊重していくという理念の価値づけについて、1989 年以降の 30 有余年で国際社会の認識は大きく変貌をとげました。過去に犯した研究至上主義の過ちはけっして清算されうるものではありませんが、こうした過去を正しく認識し、たえず自省していかないかぎり、学術研究、とりわけ生身の人間の生に向きあう文化人類学の研究には、未来など開かれないことを私たちは確信しております。今日の世界を生きる先住民族や少数民族の方々が直面する社会問題、また社会差別全般をめぐる諸問題について公正な認識をもち、人間間の相互理解をいっそう深めていく決意のもと、学会声明として、アイヌ民族の方々に対する過去の研究姿勢をあらためて真摯に反省し、心から謝罪の意を表明するしだいです。

 このたびの声明が、未来にむけた責任の意志表明として、本学会内外のアイヌ民族の方々との新たな通いあいにわずかでも繋がっていくことを切に祈念いたしております。

   2024 年4月1日 一般社団法人日本文化人類学会


※日本文化人類学会のHP → https://www.jasca.org





……過去に乱暴な発掘があったことは事実です。それを反省するのは当然。
今、ご活躍の学者・研究者には、一切関係のない話ですけれどね(笑)

それでも、日本文化人類学会は謝罪の意を表明して下さいました。
今度は、アイヌ自身が反省し、父祖に謝罪する番ですよね?(^^)


https://twitter.com/SunazawaJin/status/1323177696931688448



償いは平等に。



2024/04/06  不破 慈(曾祖母はアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

2019年に成立・公布・施行されたアイヌ新法。5年目の今年、見直しがなされます。
杉田議員を執拗に狙うのも話題作りのため。今回は偶発とは云え、学者が狙われた。

附則抄(検討)第九条
 政府は、この法律の施行後五年を経過した場合において、この法律の施行の状況について検討を加え、必要があると認めるときは、その結果に基づいて所要の措置を講ずるものとする。

https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=431AC0000000016


※コメント欄に後追い情報、2024/4/10~

[タグ未指定]
[ 2024/04/06 14:10 ] アイヌ利権問題 -1.アイヌ・IR利権 | TB(0) | CM(2)

文化人類学会がアイヌに謝罪? ←共同の飛ばし

共同通信をはじめとする数社が報道(↓)
「日本文化人類学会がアイヌに謝罪表明」



……文化人類学会のサイトで確認すると、
どうも、正確な情報ではないようです(↓)





一般社団法人 日本文化人類学会 ※トップ頁より
 一部報道では、アイヌ関係団体のみなさまに向けて本学会が学会声名の説明会を去る3月末日に開いたことが報じられています。説明会の開催は事実ですが、学会の意図とは異なり、このたび発出予定の声明が、4学協会で目下協議中の案件に直接関わる内容であるかのように報じている報道機関もありますそのため、近くメディア関係者向けに説明の場を設け、正確な情報伝達をさせていただく予定でおります。
https://www.jasca.org/index.html





※以下、飛ばし記事を数件、ピックアップ(↓)


日本文化人類学会が「過去の研究姿勢を
 あらためて真摯に反省」とアイヌ民族へ謝罪
4/1(月) 19:19配信 HTB北海道ニュース

 日本文化人類学会は、過去のアイヌ民族に対する研究姿勢を反省し、心から謝罪するという内容の声明を明らかにしました。声明は、札幌で開かれたアイヌ民族の人々や関係団体への事前説明会で配布されました。これまでの研究について、「今日でもアイヌ民族の方々の不信感を招いている」「過去の研究姿勢をあらためて真摯に反省し、心から謝罪の意を表明する」としています。北海道アイヌ協会によると、国内外の学会がアイヌ民族に謝罪するのは初めてだということです。一方、説明会に参加したアイヌ民族の人からは遺骨を墓地から持ち去ったことへの直接の反省はなく、具体的に何を謝罪しているのかわからない、という声もあったということです。声明は日本文化人類学会のホームページに掲載される予定です。
https://news.yahoo.co.jp/articles/c6e91e912aa0a79a0b7fa80fcb8b1394dc43b680


アイヌ民族に「謝罪」表明 文化人類学会、遺骨持ち出し研究
2024年4月2日 16時47分 (共同通信)

 日本文化人類学会は2日までに、アイヌ民族の遺骨の不適切な取り扱いが指摘されてきた過去の学術研究について「真摯に反省し、心から謝罪の意を表明する」とする声明を発表した。北海道アイヌ協会によると、国内外の学会が研究に関してアイヌ民族に謝罪するのは初めて。
 アイヌ研究を巡っては、19世紀以降に遺骨が同意なく墓地から持ち出されるなど、民族独自の宗教観への配慮を欠いたとして、2012年以降、遺骨の返還を求める訴訟が相次いだ。協会関係者は声明について「一歩も二歩も前進したと思う。他の学会も足並みをそろえるか注視したい」と話した。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/318856




……ご覧の通り、報道には
北海道アイヌ協会によると」とあります。


アイヌ協会側にしか取材をしていないんですよ。
文化人類学会には確認せず、言われたまま垂れ流した。




共同通信&北海道新聞 ←アイヌ御用




2024/04/02  不破 慈(曾祖母がアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

日本文化人類学会は、近々、メディア関係者向けに
説明の場を設けるらしいので。その報告を待ちましょう。


[タグ未指定]
[ 2024/04/02 19:23 ] アイヌ利権問題 -1.アイヌ・IR利権 | TB(0) | CM(0)

10,664人は何処へ? アイヌ生活実態調査の実態

直近3回の調査に注目してみましょう。
保護世帯・人員が激減しているにも関わらず、
アイヌの生活保護率は依然として高いままです。


H18  554世帯 859人 38.3‰(3.83%)
H25  412世帯 657人 44.8‰(4.48%)
H29  281世帯 386人 36.1‰(3.61%)




それもその筈。上記の調査対象となった人数、
つまり統計の母集団が縮小されているんです。


H18 23,782人
H25 16,786人(6,996人減)
H29 13,118人(3,668人減)




H29北海道アイヌ生活実態調査p5、下
https://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ass/new_jittai.html

アイヌの生活保護率、道民の1.1倍:著しく改善 (2024/03/11)
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2366.html






……皆さん、「そんな統計が何の役に立つの?」と思われたでしょう。
実際、“専門家”からも、以下のような耳の痛いご指摘がありました。

以下、共同の配信による、2018(平成30)年の記事です。
日本経済新聞さんからお借りしました(↓)



北海道のアイヌ、10年余で4割減 実態反映せず
2018年8月27日 16:53
  ※共同通信のクレジット

北海道の調査で把握できたアイヌ民族の人数が2017年までの10年余りで4割以上減った。アイヌを名乗り調査に協力する人が減ったことが主な理由で、実際の人数とは合致しない。専門家らは「アイヌが減ったと誤解され、支援も先細りになる恐れがある」と懸念する。


主に道アイヌ協会の会員を対象に調査を行い、アイヌと自認する人の数を市町村ごとに集計。06年まで2万4千人前後で推移していたが、13年に約1万7千人に急減。17年調査では約1万3千人にとどまった。

協会の会員自体が06年の約3800人から千人以上減り、道が把握する人数に大きく影響している。阿部一司副理事長は「把握できなかったアイヌは、存在しないことにされてしまう」と危惧する。道アイヌ政策課は、協会の会員減少に加えて「個人情報保護の意識が高まり、調査に協力する人が減った」とみる。

道は「アイヌ生活実態調査」を1972年から数年ごとに実施。同化政策と差別にさらされたアイヌの生活を改善するため所得や進学率、必要とする施策などを調べている。「アイヌの血を受け継いでいるとみられるか、結婚などでアイヌと同一の生計を営んでいる人」を対象とし、条件に当てはまっても自分をアイヌとするかどうかは本人の判断に委ねられる。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34630960X20C18A8CR8000/





でも、調査票を配っているのは、
アイヌ協会なんですよね( ̄∀ ̄;


※道からの委託業務。どこに配布するかは協会の匙加減。




2024/03/17  不破 慈(曾祖母がアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

以前から、経済的に成功している家には調査票が回って来ない、とかあって。
進学率も同様です。結果、経済的・学業的に貧困なアイヌの実態が出来上がる。

[タグ未指定]
[ 2024/03/17 11:18 ] アイヌ利権問題 -1.アイヌ・IR利権 | TB(0) | CM(2)

アイヌの生活保護率、道民の1.1倍:著しく改善

アイヌの生活保護率、著しい改善。
 平成18年:道民の1.6倍
 平成29年:道民の1.1倍



……前記事の続きです(↓)

アイヌの生活保護率、道民の1.6倍と言うけど:2006年 (2024/03/10)
https://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2365.html



北海道のホームページより:生活実態調査の実施結果について
平成29年 北海道アイヌ生活実態調査(p5より)

生活保護の状況については、表5のとおり、前回調査と比べると、「保護率(人口1,000人中、保護 を受けている人の割合)」は8.7ポイント減少しており、昭和47年調査以降、アイヌ居住市町村保護率との差は連続して減少している。依然として差はあるものの、差の縮小傾向は継続している。

H29北海道アイヌ生活実態調査p5、下

H29北海道アイヌ生活実態調査p5
https://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ass/new_jittai.html



 2006(平成18)年 1.6倍
  市町村: 24.6‰ = 2.46%
  アイヌ: 38.3‰ = 3.83%


 2017(平成29)年 1.1倍
  市町村: 32.1‰ = 3.21%
  アイヌ: 36.1‰ = 3.61%




  ※生活保護率の表記には‰(パーミル)が用いられます。1000分率。




いつまで「格差、格差」と騒ぎ続けるの?
アイヌ女性は、いつまで「貧困層」なの?


札幌アイヌ協会副会長の多原良子さんは、
スイスへ海外旅行に行けるほど裕福だけど。




2024/03/11  不破 慈(曾祖母がアイヌ) ※アップ翌日、赤字部分追加&末尾修正

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

私は年収200万の母子家庭で育ちました。高校は出してもらい、就職。
手取り12万の中から毎月5万を、ボーナス時には必ず10万を家に入れた。

父がいた時も裕福ではなかったけれど。別に、アイヌ≒母子家庭じゃないし、
そもそも母はアイヌ系の女性じゃない。アイヌを特別扱いする理由は何ですか?

[タグ未指定]
[ 2024/03/11 16:49 ] アイヌ利権問題 -1.アイヌ・IR利権 | TB(0) | CM(0)

アイヌの生活保護率、道民の1.6倍と言うけど:2006年

北海道では、アイヌの生活実態が、
7年毎に調査・報告されています。



北海道のホームページより:
生活実態調査の実施結果について
 北海道では、アイヌの人たちの生活の実態を把握するため、昭和47年、54年、61年、平成5年、11年、18年、25年及び29年の8回にわたって「アイヌ生活実態調査」を行いました。その結果、生活のいろいろな面で、未だ一般の人たちとの間に格差のあることが明らかになっています。調査の結果は以下のとおりです。
https://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ass/new_jittai.html




……多原良子の証言によると、国連の女子差別撤廃委員会で、
アイヌ女性の保険加入の実態を訴えたのは2009年ということでした。

2009年は平成21年なので、平成18年の報告書を確認してみたところ(↓)


(2) 社会保険の加入状況
 社会保険の加入状況については、表44のとおり、
 健康保険加入者は93.8%、公的年金加入者は92.2%
 65歳以上の公的年金受給者は97.1%となっている。



H18北海道アイヌ生活実態調査p28、下

H18北海道アイヌ生活実態調査、表紙 H18北海道アイヌ生活実態調査p28
https://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ass/new_jittai.html





……300世帯中ということなので、
多少のサンプリング誤差はあるでしょうが。

アイヌ女性が、①貧しさから健康保険に加入できない。
或いは、②アイヌ女性であることを理由に加入できない。

(↑)上記のような実態は、考えにくいのですが(°。°;





……加えて、ネットで指摘している方が散見されますが。
生活保護を受給していれば、健康保険料は全額免除されます。

「アイヌは生活保護率が高い」という話は、聞いたことがあるかと。
平成18年の調査によれば、道全体との比較で、1.6倍とのことでしたが。


一般の道民(市町村)の保護率を見ると、24.6とあって。
ん? となりました。道民の4分の1が生活保護?!(°∀°;ノノ

いやいや、そんなバカな話はないですよね。改めて単位を確認したところ、
%(パーセント/100分の1)ではなく、‰(パーミル/1000分の1)でした。


 市町村: 24.6‰ → 2.46%
 アイヌ: 38.3‰ → 3.83%



H18北海道アイヌ生活実態調査p5、下

H18北海道アイヌ生活実態調査p5
https://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ass/new_jittai.html






……生活保護率、1.6倍は1.6倍なんでしょうけれど。
皆さん、どうですか? 印象は大分、変わったのではないかと。

尚、北海道に限らず、生活保護率は‰(1000分の1)で表すそうです。
ですが、公的な文書のルールを知らないと、%だと思って勘違いしますね。




さてさて、記事本題に話を戻しますが。

15年前、多原良子が国連で訴えてきたような
アイヌ女性が健康保険に加入できないほど貧困」という事態は、
実際に発生しているのでしょうか? 仮に生活保護であれば免除です。

困窮しているのに保護を受けられないのであれば、差別というのも解ります。
でも、受給できているということは、国民として差別されていないからでは?



※後発記事(↓)
 アイヌの生活保護率、道民の1.1倍:著しく改善 (2024/03/11)
 https://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2366.html




2024/03/10  不破 慈(曾祖母がアイヌ) ※アップ翌日、タイトル修正。翌々日、リンク追加

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

以前も申し上げましたが、私はDV脱出からの流れで婦人保護を受けています。
社会復帰が遅々として進まないのは、長年の誤診投薬(医療ミス)に因りますが。
それでも現在、リハビリを目的として、就労支援施設に通えるまでになりました。
皆様にお支え頂いているお陰です。ありがとうございます。私は護られています。

[タグ未指定]
[ 2024/03/10 18:42 ] アイヌ利権問題 -1.アイヌ・IR利権 | TB(0) | CM(0)

アイヌ女性は健康保険に入れない? 2009年、国連で訴え

共同を通じて多原良子が情報提供。
「加入状況を報告したのは2009年」




……杉田水脈議員が撮影したのは、
2016年の女子差別撤廃委の様子だけど。


この写真で、アイヌによる国連利用の実態が、
人々の目に見える形で、明らかになったんだよ。



だから、メディアはこの写真を記事に添付しない。



光野智子、糸数慶子、ZouXiaoqiao、阿部千里、多原良子、2016年撮影

チョゴリとコスプレ、2016年撮影、国連の女子差別撤廃委、スイス



杉田氏、再びアイヌ中傷 「存在しない差別話す人」
共同通信 3/9(土) 16:43配信


 自民党の杉田水脈衆院議員は8日付のX(旧ツイッター)投稿で、人権状況の改善を求めるアイヌ民族の関係者に触れ「日本に存在しない差別を話す人たち」と中傷した。杉田氏は昨年、アイヌや在日コリアンへの差別的言動を法務当局から人権侵犯認定された。投稿はレイシズム(人種差別主義)を再びあおった形だ。

 投稿では、アイヌ女性の健康保険加入状況を巡り、アイヌ側が虚偽の説明をしていると決め付けている。返信欄には杉田氏を称賛する声に交じり、悪質なヘイトスピーチが目立つ。杉田氏には、こうした書き込みを繰り返す「ネット右翼」と呼ばれる一部保守層の歓心を買う狙いがあるとみられる。

アイヌ女性団体「メノコモシモシ」の多原良子代表の話
 杉田水脈衆院議員は私たちに対し、幾度となく心ない言葉を浴びせてきた。その杉田氏が今回、差別をやめてほしいと訴える私たちを「存在しない差別を話す人たち」と侮辱した。ヘイトスピーチの扇動にほかならず、言葉にならない怒りと悲しみを感じる。貧困にあえぐアイヌ女性の中に、健康保険に加入できない人がいるのは実態調査から明らか。事実を直視せず、うそだと吹聴する主張こそがデマだ。しかも私が加入状況を報告した2009年の国連女性差別撤廃委員会に、杉田氏は来ていない。現場にいたとする杉田氏の書き込みは事実に反する。
https://news.yahoo.co.jp/articles/4c97b4a6ae00f1820b7702853c46aecc33910a6f






……さてさて。共同通信が中傷・差別として取り上げた
杉田水脈議員のX投稿。記事には添付されていませんでした。






……いつものことではありますけれど。
一次情報を提示せず「差別だ」とレッテル貼り。

これでは、事の真偽が精査されないままに、
スピーカーの大きさで勝敗が決してしまいます。



利権を告発する側の子孫によるSNSでの発信も、
興味のある人・繋がりのある人にしか伝わりません。



そこで。今度、砂澤陣さんが育鵬社さんから本を出します。
子孫によるアイヌ利権告発の本が、一般の書店に並ぶのです。


多くの人の目に触れる機会を少しでも増やせればと思いますが。

話題にならなければ、目立つ場所には置いて頂けないでしょうし、
「ウチには入荷していません」なんてことになるかも?!(°∀°;ノノ



もう少ししたら、宣伝戦が開始されます。ご協力下さい。
SNSでの話題から、書店での売上に繋げたいのです(↓)





2024/03/10  不破 慈(曾祖母がアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

多原良子の「多毛を気にして医療を受けられない」発言で、一番に思ったこと(↓)
…私までボーボーだと思われるじゃないの! アンタと一緒にしないでよ!(≧△≦)

[タグ未指定]
[ 2024/03/10 11:54 ] アイヌ利権問題 -1.アイヌ・IR利権 | TB(0) | CM(1)

アイヌ女性は多毛で医療を受けられない?(°∀°;ノノ

>アイヌ女性が健康保険に加入できずお金もなく、

働け。


>多毛を気にして肌を見せることをためらい
>医療を受けられていない


剃れば?



投稿主:朝岡晶子 @asaoka_akiko
 誰もが平等で平和的に生きられる社会をもとめて活動してます。政治、フェミニズム、ジェンダー、学術、ジャーナリズム、社会運動/Wine、Cafe、Music、沖縄、Blue/時々「生放送!とことん共産党」司会/群馬の森朝鮮人強制連行犠牲者追悼碑のあった高崎市出身







……御歳71の多原良子。2016年当時は63歳でしたけど。

こんな下らないことを、国連の女子差別撤廃委で主張してきたのか。
いい恥さらしだわ。アイヌの血を引く女は頭がおかしいと思われちゃう。



私は現在、DV脱出からの流れで、婦人保護を受けているから。
保険には加入していないけど、ちゃんと保護は受けられているし。

精神科で誤診に基づく投薬をされるまでは、正社員で働いていたから。
健康保険にだって、厚生年金にだってちゃんと加入できていたよ?


「アイヌの血を引いているから~」なんてことは、一切ない。




多原良子は、真っ当な手段で稼いだ経験がないから。
そういう、社会の基本的なことが分からないのよ。

だから「差別を創作」する際も、荒唐無稽な話になる。


そこから行くと、この朝岡晶子さんて方も、
真面に働いたことがないのかも知れないけど。

世間知らずなのか、苦労知らずなのか。頭が痛いわ。






杉田 水脈 @miosugita
【アイヌ女性は健康保険に加入できない?】
今日は国際女性デー。
まだまだ命に関わる女性差別が存在する国や地域がたくさんあります。日本では考えられないような事ですが、そういう人達の為にこの国際女性デーやジュネーブの国連本部で行われる女子差別撤廃委員会があります。
決して「アイヌ女性は健康保険に加入できない」なんていう嘘を吹聴する場ではありません。私はこの現場にいて、日本には存在しない差別を話す人達にとても違和感を感じました。

2024年3月8日 08:06
https://twitter.com/miosugita/status/1765876743188193789




2024/03/08  不破 慈(曾祖母がアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

出自を明かしたがらないアイヌ系日本人は、確かに多いですが。
多原良子のような非常識な活動家と一緒にされたくないからです。


[タグ未指定]
[ 2024/03/08 13:02 ] アイヌ利権問題 -1.アイヌ・IR利権 | TB(0) | CM(0)

人権教育の失敗:違いを強調するから差別が酷くなる【再】

差異(立場の違い)を強調
 ↓↓↓
共同体(仲間・身内)意識が薄れる
 ↓↓↓
差別が酷くなる・対立が激化する




ジョナサン・ハイト著、高橋洋訳、社会はなぜ左と右にわかれるのか、紀伊國屋書店20140430  ※引用(漢数字⇒アラビア数字、改行も加えました)

 リベラルは、抑圧と排除の犠牲者を支援する。人種差別、あるいは最近では性的嗜好に基づく差別など、恣意的に築かれた障害を打破するために奮闘する。しかし犠牲者を救おうとする彼等の熱意は、<忠誠><権威><神聖>基盤への依存度の低さのゆえに、集団、伝統、制度、道徳資本を弱体化させる結果に至っているケースが多々ある

たとえば1960年代、都市に住む貧民を救おうとする彼らの努力によって福祉プログラムが実施されたが、この政策は、結婚に対する人々の価値観を損ない、未婚の父母を増やし、アフリカ系アメリカ人家族の紐帯を弱めた。

70年代には、教師や学校を訴える権利を学生に与えようとした結果、学校の権威や道徳資本が浸食され、とりわけ貧しい人々に害を及ぼす無秩序な環境を生んだ。

80年代になると、スペイン系移民を援助する努力は、共通の価値観やアイデンティティではなく、アメリカ人同士の差別を助長する結果につながる多文化教育プログラムの実施に至った。

差異を強調することは、人種主義を緩和するのではなく強化する結果になるのだ。

※社会はなぜ左と右にわかれるのか
  対立を超えるための道徳心理学 [p473-474より]
 ジョナサン・ハイト/高橋洋訳/紀伊國屋書店2014.4.30



※続き(↓)

違いを強調するから差別が酷くなる ~多文化共生の失態 (22/01/10)
https://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2217.html






……2年前の拙宅の記事、前半部分……というか、3分の2を再掲。
続きをご覧になりたい方は、上記リンク先へと飛んで下さい。



2月5日、岸田総理が『共生社会と人権に関するシンポジウム』に寄せた
ビデオメッセージを受けて、再アップすることにしました。周回遅れですが。

私の印象としては、「月並みなスピーチだな」というのが感想です。
基本的には、当たり障りのないことが書かれているんですよ。

戦後の左翼教育において、取り敢えず、教員が満足するであろう“作文”。


チョイチョイ、国民に向けて、喧嘩を売っている表現が見られますが。
私達は、そういう授業を受けてきたでしょ? 岸田総理も一緒。

岸田総理と云うか……この場合はスピーチライター?




岸田総理のスピーチが云々より、基本的な方向性を間違えています。

現在、日本のみならず、全世界レベルで行われている人権教育は、
分断を加速し、差別を激化させるという結果を齎すだけです。



ご覧の通り、在野にはしっかりした学者もいるんですけれどね。
エスタブリッシュメント(既得権益層)が、迷走を続けています。




2024/02/20  不破 慈(曾祖母がアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

デマ対応は必須です。ゲノム解析や医療知識を悪用した煽動など、言語道断。
嫌いな相手だからと云って、フェイクニュースや犯罪行為が許される筈もない。
※マジョリティ・マイノリティに関係なく、平等に裁かれるべきです(アップ当日、追記)

[タグ未指定]
[ 2024/02/20 15:05 ] アイヌ利権問題 -1.アイヌ・IR利権 | TB(0) | CM(2)

テキサス親父を看板利用:中の人が陰謀論を拡散

テキサス親父さんの看板を掲げて、
中の人が個人的見解を投稿している。





…投稿主(中の人)は、
藤木俊一さんと云います。



※【 テキサス親父日本事務局Colonel SHUN 】 ←末尾の「SHUN」がそう。





ちなみに、テキサス親父さん本人
つまり、トニー・マラーノさんご本人のアカウントは以下。
 ↓↓↓

@MrTexasDaddy : https://twitter.com/MrTexasDaddy
blog : https://propaganda-buster.blogspot.com





……勿論、ご本人のX投稿もブログも、英語で書かれています。

試しに、ブログ内検索で「Ukraine」「Russia」と入れてみましたが。
最近の記事は出て来なかったので、どのようなお考えかは不明です。

英語が得意な方、是非、トニーさんの発言をご確認頂きたいです。



何れにせよ、藤木さんの手法には、疑念を抱きました。

どんなに親しい間柄であっても、他人様の看板を掲げているのですから。
事務局としての発信と、個人としての発信は分けたほうが宜しいかと存じます。




2024/02/14  不破 慈(曾祖母がアイヌ)  ※アップ当日、加筆修正

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

※アップ当日、追記しました。「続き」からどうぞ(↓)


[タグ未指定]
[ 2024/02/14 13:51 ] アイヌ利権問題 -1.アイヌ・IR利権 | TB(0) | CM(0)
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。