fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

アイヌに縄文の遺伝子7割:縄文人一体との比較だけど

2019年の研究では、
アイヌに縄文の遺伝子が約7割
伝わっていたとの結果が出ました。


ただ、この研究で用いられた縄文人骨は、
北海道礼文島船泊遺跡から出土した一体のみ



しかしながら、列島各地から出土する
縄文人骨のゲノムは互いに均質性が高く
それを理由に結果を否定するのは困難です。





……以前から、「反論」が実しやかに流布されていましたが。改めて対応します。

拙宅で何度もご説明しているように、現代人と縄文人の遺伝子の共有率を調べた
2019年の研究では、アイヌ7割、沖縄3割、本土日本1割と結果が出ました。

  アイヌ7割、沖縄3割。本土日本1~2割…縄文遺伝子 (2022/04/17)
  https://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2260.html



しかしながら、この比較研究に使われたのが船泊23号と呼ばれる
女性の縄文人骨一体のみでしたので、こういった反論が出たんです(↓)

 ・礼文島の縄文女性なら、アイヌと近縁で当たり前じゃないか!
 ・たった一個体のゲノムで、確定的なことが言えるのか?




……当然のことながら、そういった疑問に対する回答は、
解析の結果が公表された時点で、既に用意されていました(↓)


※引用
 これまでに現代人と同じ精度で全ゲノムが解析できた縄文人は船泊23号だけだが,それ以外にも福島県の三貫地(さんがんじ)貝塚,愛知県の伊川津(いかわづ)貝塚,佐賀県の東名(ひがしみょう)遺跡の縄文人骨のゲノムが解析されている。東名は7800年前の縄文早期,船泊は縄文後期,三貫地は縄文晩期の人骨で,最も新しい伊川津は年代的には弥生時代に入るが,ゲノムは完全に縄文人のものだった。これらの縄文人のゲノムは互いに非常によく似ていた。「縄文人は少なくとも7800年前までにほぼ均質化し,3000年前に渡来人がやってくるまでに,遺伝的には同質な集団が連続していたと考えられると神澤は話す。
【引用注:神澤秀明氏は国立科学博物館人類研究部研究員】
 ※日経サイエンス2021年8月号p43より



……日経サイエンスの記事自体は、2021年のものですが。
別に、後追いの研究ではありません。各地から出土した縄文人骨の
先行研究の積み重ねがあって、2019年の結論に至ったということです。

と云いますか、この辺の説明。以前にも、拙宅で記事にしました(↓)


日経サイエンス2021年8月号p40より 日経サイエンス2021年8月号p39より

縄文女性の顔、DNAで復元 ~北海道・船泊の縄文人 (2022/04/24)
https://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2261.html






さて。先程、「当然のことながら」「用意されていました」と書きましたが。

これは、学識の有無の問題ではありません。
メタ認知のスキルの問題です。


船泊23号一体との比較である以上、「当然のことながら」、反論は予想されます。
そういったことを想定せず、科学者が研究結果を発表…………逆に考えにくい。


で、あるならば。その問題は、既にクリアされている可能性が高いということ。
実際、列島の各地で出土した縄文人のゲノムは、互いに非常によく似ていた。

遺伝的には同質な集団が連続していたと考えられる」ほどに。




国立科学博物館の篠田謙一館長(神澤秀明先生の上司)による
2022年の著書にも、以下のように書かれていますよ。
 ↓↓↓

篠田謙一著、人類の起源、中公新書2683、2022年

※引用
 船泊の縄文人データを用いて、現代日本人に占める縄文人由来の遺伝的な要素を計算すると、本土日本人で10パーセント程度、琉球列島の現代人で30パーセント、北海道のアイヌ集団では70パーセント程度になります。
 これは北海道最北端の縄文人との比較ですので、本土や沖縄の縄文人をもとに計算すれば値がすこし変わってくる可能性はありますが、縄文人が他の集団と遺伝的に大きく異なっており、相対的に内部の違いが小さいことを考えると、割合が大きく変わることはないと思われます。

※人類の起源[p212]篠田謙一/中公新書2683/2022.2.25初版





……他人の矛盾を指摘することは、非常に簡単です。
でも、人は自分の矛盾を見落とします。チェックが甘くなる。

自分の立てた問い(仮説)に対し、自分で問いを立てられるようになると、
ミスを防げるようになります。クリティカル・シンキング(批判的思考)です。

勿論、判断ミスをゼロには出来ません。だからこそ、人は人を必要とします。




2024/01/14  不破 慈(曾祖母がアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

何度も申し上げておりますが、研究に用いられたのは、近代生まれのアイヌの試料
現代まで生きていたので、現代アイヌと呼ばれますが。全員、鬼籍に入っております。

[タグ未指定]
[ 2024/01/14 10:41 ] アイヌ利権問題 -4.DNA・人類学・考古学 | TB(0) | CM(2)

的場光昭医師のアイヌ動画へ返信:誤解を解くために

本日、的場光昭医師が動画をアップなさいました。
4日前の砂澤陣さんの動画に対する、返信のようです。


拙ブログの記事も紹介されたので、私から返信します。



砂澤陣氏・竹田恒泰氏の誤解を解くために【的場塾 番外編 令和6年①】
的場塾 2024年1月3日公開
https://www.youtube.com/watch?v=omdBcWJGxwE


※4日前の、砂澤陣さんの動画(↓)
 拝啓!チャンネル桜・水島社長様、竹田恒泰様、的場光昭様、
 あえて苦言を申し上げます。「今年お世話になった皆様へ」
 jinsunazawa 2023/12/30 公開
 https://www.youtube.com/watch?v=oCkGSGOS9XU&t=273s




01:10~

的場医師は、竹田恒泰氏の動画(2020年4月3日公開)を取り上げ、
間違った内容であると明言して下さいました。素直に感謝申し上げます。

竹田恒泰氏の「駆逐・強姦」発言以降、自称・愛国者様から、
性的な暴言を吐かれるようになり。非常に不快な思いをしていました。






[タグ未指定]
[ 2024/01/03 21:17 ] アイヌ利権問題 -4.DNA・人類学・考古学 | TB(0) | CM(0)

アイヌの縄文遺伝子は7割:ロシアにもアイヌがいる

保守系の活動家が喧伝しています。
「日本(北海道)の先住民族は縄文人


しかしながら、2019年の研究においては、
近代生まれのアイヌに、縄文の遺伝子が7割
伝わっていたと、ゲノム解析の結果が出ています。



 【注】
  本土とアイヌの混交の歴史は長いですし、
  近代以降に、その頻度が加速したこともあり、
  正確には、保有率の個人差は大きかったのですが。

  ※遺伝的には和人のアイヌもいた。養い子(orその子孫)と思われる。

  アイヌ7割、沖縄3割。本土日本1~2割…縄文遺伝子 (2022/04/17)
  https://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2260.html




ここで大事なことを思い出して下さい。
ロシア側にも、アイヌはいるんです。


ロシア側のアイヌが、高率で
縄文の遺伝子を保有していたら?







……先ずは、保守系の活動家……と云うより、
カルト系の愛国論者の幻想を打ち砕きましょう。


科学、2020年1月号p25より

現代人とのつながり:得られた手がかりと謎

※抜粋
 今回改めて,現代のヤポネシア人に縄文人のDNAが残されているのか,推定した。その結果,本土日本人(東京)では1割程度,沖縄本島では3割弱,アイヌでは7割弱と推定された。
※「科学」2020年1月号:神澤秀明(国立科学博物館人類研究部)
 高精度ゲノム解析から見えてきた縄文人の体質・生活・由来(p25-26)


縄文人と現代アジア人の遺伝的親和性 (2022/10/08)
https://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2290.html






……愛国系のカルト論者は、「アイヌは外来のオホーツク文化人」
「縄文人を駆逐して北海道に居座った」と過激な主張を展開しますが。

オホーツク文化人よりも、縄文人の血のほうが濃いと判明した途端、
今度は、「縄文人の女性を強姦した証拠だ」と、主張を変えたんです。


その証拠として、カルト側が提示したのが、mtDNAハプロ型のY1
オホーツク文化人女性由来のDNAなんですよ。何がしたいのか(呆)


更に悪いことに、そのY1。和人側では、約50万人が保有しています。
最終的に、和人男性が強姦した話になってしまう。明らかに悪手です。


 本土日本人≒和人(Y1保有者)
  1億2000万 × 0.4% = 48万人
  1億3000万 × 0.4% = 52万人

 アイヌ系日本人(Y1保有者)
  2万人 × 20% = 4000人
  3万人 × 20% = 6000人


8世紀、秋田県にもオホーツク文化人 (2022/08/13)
https://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2282.html





……和人男性の名誉を損なってまで、アイヌに傷を付けるメリットとは?
アイヌの女性を妻に迎えた、私の曽祖父(和人)を侮辱したいのでしょうか?

読者の皆様は、私と同様、日本人の名誉を護るために戦って下さると信じます。




***




さて、ここからが本題です。最も重要なロシアの話をします。

鈴木宗男を始め、外交評論家の佐藤優や、新党大地副代表だった
多原香里(多原良子の娘)は、以下のように世論を煽動していました。

「アイヌを先住民族に指定すれば、北方領土返還に有利になる」


……ロシア側にも、アイヌがいるという事実を隠して。




ロシア側にもアイヌがいて、日本側にもアイヌがいる。
条件が、五分と五分であれば、まだ良かったかも知れない。


でも、ロシア側のアイヌは、酷い差別を受けていたので。
日本のアイヌほど、混交が進まなかった可能性があるんです。

つまり、縄文の遺伝子の保有率が、それだけ高いかも知れない






現時点では、ロシア側のデータがないので、確定的なことは言えません。

ですが、私とて、アイヌの血は8分の1(12.5%)しか引いていません。
否、10%に満たないかと。先述の通り、近代以前から混交はしていました。


砂澤陣さんだって、半分も引いていませんよ。アイヌハーフじゃない。
だから、砂澤陣さんの口から、そんな言葉が出たことはないでしょう?

私が手っ取り早く「ワンエイス」と称するのは、細かな説明を省くため。
血が薄まり過ぎていて、「アイヌ系」だと云っても首を傾げられてしまう。


「旧土人保護法で和人と婚姻を強制された」という酷いデマもありますが。
婚姻に関する条項自体が存在しませんし、アイヌ同士で結婚する人もいた。

結婚で差別されなかったからこそ、アイヌの血はどんどん薄まったのです。






……以上が、ネットに蔓延る「日本の先住民族は縄文人」という主張を、
アイヌ系子孫の一人である私が危険視している、一番の理由です。

あまり書きたくなかったのですけれどね。


だって、もし敵(ロシア側)がまだ気付いていないとしたら、
黙っておいたほうが得策でしょう?


でも、書きました。私達は、一度失敗しているから。
こんな戯言を真に受けて(↓)

「アイヌを先住民族に指定すれば、北方領土返還に有利になる」




2023/12/03  不破 慈(曾祖母がアイヌ)  ※アップ当日、タイトルを逆に

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

「私達は」と書きましたが。勿論、私は小学生の頃から知っていました。
アイヌ系の父に教わったので。「有利にならない。ロシアにもアイヌがいる」
ゲノム解析という強力なツールの登場で、不利になる可能性も出て来ました。

ちなみに。解析されたのは昭和50~60年代に集められたアイヌ系のDNA試料
明治~大正に生まれた高齢層から採取されました。全員、鬼籍に入っています。
※コメント欄にも、補足情報を書き込んでおきます。

[タグ未指定]
[ 2023/12/03 11:24 ] アイヌ利権問題 -4.DNA・人類学・考古学 | TB(0) | CM(2)

アイヌの一夫多妻:遺伝的に和人のアイヌなら昔からいた

アイヌは、極端な一夫多妻制でした。
酋長格の男が、数十人の妾を抱えます。



そうなると、必然的に生じる問題が一つ。
人口の減少です。将来の労働力が不足する。


その解決策が、「養い子」という制度です。
和人の子を貰い、アイヌとして育てました。






……①アイヌの妾制度と、②養い子の制度(慣習)
この二つは、連動しています。気付いてない方が多いですが。

勿論、アイヌ側はそんなこと言いませんよ?(笑)
「アイヌは子供が好きだったから、和人の子を育てた」と主張する。

人類学どっぷりの私からすれば、何の説明にもなっていませんけれど。


兎にも角にも、そんな感じで“遺伝的に和人のアイヌ”は昔からいました。
生みの親も、我が子を間引くくらいなら、アイヌに預けたかったでしょう。

飢饉が頻発した江戸時代(近世)は、貧しさ故の口減らしが多かったので。




ところで、皆さん。【遺伝子と模倣子(ジーンとミーム)】をご存知ですか?
リチャード・ドーキンスが、著書(利己的な遺伝子)の中で提示した概念です。

両者は、どちらも【自己の複製】を目的とします。前者の説明は必要ないかと。
ですが、後者。模倣子には、言語や習俗、文化・文明、国家・民族が含まれます。


そう、現代において、民族とは、遺伝子ではなく、模倣子で定義されるのです。



ましてや、アイヌに関しては、冒頭で示したような歴史的経緯がありますから。
「遺伝的にアイヌではないアイヌ」がいても、それを問題として追及できない。

そのカラクリを利用して、「現代の先住民族」が増殖(複製)し続けています。





皆さん、納得がいかないでしょう。私もヘンだと思いますよ。
和人に対し「謝罪だ、賠償だ」と要求しながら、そこに和人が混じる。

ですが、ゲノム解析をしても、“アイヌとして育てられた和人”の子孫か、
ここ数十年の間に、養子縁組でアイヌになった和人かは、判定できません。


加えて。近代以降は、国際結婚するアイヌが増えました。

アイヌにだけ、婚姻の自由を制限することはできませんから。
南北朝鮮人との混血、大陸中国との混血、ポーランド人との混血。

ありとあらゆるアイヌが存在し、「日本の先住民族」を形成しています。


 国際結婚するアイヌがいる ~在ヌ論のオウンゴール (2021/10/07)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2199.html





故に、攻め方に工夫がいるのです。

遺伝子で定義できないものを、
遺伝子で判定できません。




【先住民族の増殖】を喰い止めたければ、
先ずは、【自己の複製】に必要な養分を奪うこと。


敵の兵糧を奪うのは、戦場における鉄則でしょう?



「アイヌか否か確認してから支援しろ」ではなく、
アイヌに対する支援自体をストップさせるんです。

資金がなければ、日本の先住民族は増殖できません。






……アイヌに対する生活支援金や、文化に対する助成金は、
プロアイヌを通して、他の反日団体にも流れています。

と云いますか、一緒に活動しています。共闘関係にあるので。


湯水のようにアイヌ政策に注ぎ込まれる予算は、日本国民の血税なのです。
不正を拡散する際は、是非、税金の使途に関わる案件を最優先でお願いします。

例えば。杉田水脈議員を誣告した、札幌アイヌ協会・多原良子が横領した件とか。

 ↓↓↓


札幌アイヌ協会激震
「公費私物化疑惑」を現職理事が集団告発(2020.8.31)

https://www.news-postseven.com/archives/20200831_1591078.html




2023/11/19  不破 慈(曾祖母がアイヌ)  ※アップ当日、記事後半修正

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

アシリ・レラは、「アイヌが男尊女卑になったのは和人のせい」と喧伝します。
大嘘です。アイヌの妾制度を廃止したのは、幕末にやってきた和人の役人
若いアイヌ男女の婚姻を奨励したことで、やっと人口増に転じました。

 狩猟採集社会の一夫多妻 ~アイヌの婚姻形態 (2021/09/07)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2194.html
 狩猟採集民は平等でも平和でもなかった……世界中どこでも (2023/04/02)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2317.html

[タグ未指定]
[ 2023/11/19 12:42 ] アイヌ利権問題 -4.DNA・人類学・考古学 | TB(0) | CM(1)

満州人の祖先:黒水靺鞨 …オホーツク人に非ず

黒水靺鞨 ≠ オホーツク文化人


黒水靺鞨渡来説というものがあります。

アムール川流域から海を渡って来た人々が、
オホーツク文化の担い手になったというもの。

40年ぐらい前までは、有力視されていました。




ですが、両者の間には、類似点より相違点が目立ちます。
何より靺鞨文化においては、製鉄技術が発達していました。

石器と骨角器を用いていたオホーツク文化人なのでしょうか?



新北海道の古代2続縄文・オホーツク文化、北海道新聞社2003  ※引用

 オホーツク文化の住居址は基本的に六角形であるが、靺鞨文化の住居址は正方形である。オホーツク文化の住居址では奥壁部にクマの頭骨を置いてある例がしばしば見出されるが、靺鞨文化の住居址にそのような類例はない。
 (略)
 墓制では両文化とも仰臥屈葬が多いという共通点はあるが、靺鞨文化には一度埋葬した墓を掘り起こして、供養の後に再び埋葬する再葬(または二次葬)の葬法が一般的である。靺鞨文化の墓には埋葬の際に遺体を白樺の樹皮で包み、その上で火を焚いて土をかぶせた被火葬もある。靺鞨文化の墓にはしばしばウマが殉葬されている。
オホーツク文化には再葬や被火葬の例はない。オホーツク文化の墓にウマの殉葬の例はなく、そもそもオホーツク文化の遺跡からウマの骨の出土例もない。

 (略)

 オホーツク文化の生業は主として沿海における漁労と海獣狩猟である。遺跡からはさまざまな種類の魚の骨が出土している。海棲哺乳動物ではアザラシ・オットセイ・アシカ・トド・クジラ・イルカなどの骨が多量に出土している。
 (略)
 靺鞨文化の生業は主として農耕である。遺跡からは炭化したコーリャンや、住居址の床面から出土した土器の内部に焦げたキビが見出された。靺鞨文化の遺跡にブタの骨が多いことは靺鞨が農耕民であったことを示している。

 (略)
また靺鞨文化では製鉄技術が発達しており、鉄器・鉄製品が製作され、石器や骨角器はわずかに見出されるに過ぎない。オホーツク文化の遺跡では製鉄の痕跡は見出されず、石器と骨角器の発達が特徴的である。


新北海道の古代2続縄文・オホーツク文化、p190下
 引用注:「同仁」は、中国側で発掘された遺跡から命名。後に「靺鞨=同仁」と判明。

※新北海道の古代2 続縄文・オホーツク文化(p190-191)
 編著:野村崇・宇田川洋/北海道新聞社2003.7.10
 【引用文・図は、菊池俊彦氏が担当した箇所より】





……両者は交易をしていたので。靺鞨の文化圏で製作された物品が、
同時代の、オホーツク文化人の遺跡から出土することもあります。

ですが。考古学では、動産と不動産を、同じようには扱いません。
土地に刻まれた痕跡(不動産)と違い、動産は持ち込むことができる。

また、交流がある以上、儀礼や慣習を取り入れることも、起こり得ます。



紀元前の大陸で、北方にいた狩猟採集民を「粛慎」と呼びました。
それに倣い、6世紀頃から日本と関わるようになった北方系の
海洋漁撈民を、「粛慎」と呼ぶようになったのですが。

これは、大陸と日本が、交流を持っていたことから発生した事象です。
あくまで、当時の証言として、文献史料に記述が遺されているということ。

対して、考古学は鑑識です。証言に引き摺られていては、判断ミスを犯します。




さてさて、紀元前の粛慎。無論、大陸の北方にいた人々のほうですけれど。
早くに農耕(園耕)を取り入れます。地域毎に、依存度は違ったようですが。

呼び方も、粛慎 ⇒ 挹婁 ⇒ 勿吉 ⇒ 靺鞨 と、時代によって変遷しました。


靺鞨は、隋・唐代の名称です。幾つもの部族に分かれていたそうですが。
後に、渤海を建国する人々や、金・清を建国する人々が登場しました。

特に、金王朝・清王朝を立てた人々が、黒水靺鞨の系譜に連なります。


 黒水靺鞨 ⇒ 女真(女直)⇒ 満州人


新北海道の古代2続縄文・オホーツク文化、p197

※新北海道の古代2 続縄文・オホーツク文化(p197)
 編著:野村崇・宇田川洋/北海道新聞社2003.7.10
 【引用図は、菊池俊彦氏が担当した箇所より】




黒水靺鞨の一部でも、オホーツク文化人……になった可能性は低いでしょう。
靺鞨文化が成立するよりも早く、樺太でオホーツク文化が成立していたので。


 オホーツク文化 : 3世紀~13世紀頃まで ※5~13世紀説あり
 靺 鞨 文 化 : 6世紀後半~8世紀頃まで ※7~10世紀説あり




2023/9/16  不破 慈(曾祖母がアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

「黒水」……つまりは、黒竜江(アムール川)のことですね。
「清朝、父祖の地」と云うでしょ? そうやって覚えて下さい(^^)

[タグ未指定]
[ 2023/09/16 13:09 ] アイヌ利権問題 -4.DNA・人類学・考古学 | TB(0) | CM(4)

アイヌ時代は小氷期【補稿】年単位での古気候復元

最近は、年単位での
古気候復元が可能です。



中塚武著、気候適応の日本史、図11

※中塚武/気候適応の日本史 人新世をのりこえる視点(p92-93)
  吉川弘文館 歴史文化ライブラリー544/2022.3.1

中塚武、気候適応の日本史、吉川弘文館2022




上図は、古気候学がご専門の、中塚武先生(理学博士)の著書からです。
見開きページをスキャンしたので、見難いとは思いますが、ご了承下さい。

中部日本の森林で、樹木年輪を調査して得られた過去2600年の復元図です。

樹木年輪から、古気候を復元する研究は、海外でも行われて来ました。
ところがですね。日本の学者が、年単位の気温の変化に留まらず、
年単位の降水量の変化まで復元する技法を開発したんです(!)


正確には、植物が最も成長する、夏場の気温&降水量の変化ですけれど。
※年輪の繊維質(セルロース)を構成する成分(酸素や水素)の同位体比から算出



「NIPPON, CHA-CHA-CHA!」と踊り出したい気分を抑えて、記事本題。
以下は、冒頭のグラフの右サイドです(↓) ザッと流れを説明しますね。


中塚武著、気候適応の日本史、図11、右半分
※中塚武/気候適応の日本史 人新世をのりこえる視点(p92)
  吉川弘文館 歴史文化ライブラリー544/2022.3.1





800~1300年頃は中世温暖期です。900~1100年頃は特に暖かかった模様。
1100年前後だと、東北は平泉政権の時代。半ば独立国として存在しました。
北海道は擦文時代です。本州からの入植者も増え、園耕社会が成立します。

 北海道で農耕が行われた擦文時代:中世温暖期 (2023/07/22)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2334.html



ですが、以降は下がり始めますよね? 小氷期に突入したんです。
北海道は、狩猟採集メインの、アイヌ文化の時代を迎えました。


グラフをよく見ると、1200年前後にも一時的に下がっていますが。
この時期、源平合戦が行われましたね。奥州藤原氏も滅亡します。
これにより、本土日本が実質的に統一されました(日本の中世)。

以降は、鎌倉 ⇒ 室町 ⇒ 安土桃山と、戦乱の世が続きます。


1600年、関ヶ原で徳川軍が勝利すると、すぐに江戸時代。
1603年に幕府を開きました。日本の近世が始まるんですね。




……が。再度、グラフでご確認下さい。そこから、“寒さの底”を迎えます。
江戸時代は、飢饉が頻発しましたよね。特に、“三大飢饉”は有名ですけれど。

享保・天明・天保。うち、享保の飢饉(1732)は蝗害(イナゴ・ウンカ)。
西日本で大凶作となりました。天明・天保は冷害で、東北で甚大な被害


※下図の最上部でご確認下さい(↓)
中塚武著、気候適応の日本史、図15
※中塚武/気候適応の日本史 人新世をのりこえる視点(p150)
  吉川弘文館 歴史文化ライブラリー544/2022.3.1




天明の飢饉(1782-1787)
 各藩の記録によれば、天明の飢饉による東北北部の餓死者数は、弘前藩で10万2000人、八戸藩で3万105人、盛岡藩で4万850人とあり、仙台藩では餓死と疫病死を合わせて20万人以上であった。 [p235]

天保の飢饉(1833-1839)
 農作物の不作が連続して発生し、作柄をみると全国平均で、1833年が52.5%、1835年は57.2%、1836年が42.4%とおよそ半分に減少しており、奥州ではそれぞれ35%、47.2%、28%と大凶作となった。冷害は1838年まで続き、餓死者が大量に発生した。弘前藩では餓死(7万4860人)と疫病死(2万6000人)により、藩内人口の半分が死亡した。 [p242]


※田家康/気候文明史 世界を変えた8万年の攻防(p235,242)
 日本経済新聞出版社/2010.2.19 [漢数字⇒アラビア数字]

田家康、気候文明史、日本経済新聞出版社2010




……天明・天保と、北海道に近い東北での様子を、
気象予報士の田家康先生の著書からご紹介しましたが。
上記の通り、冷害の影響は、寒い北日本で、より甚大でした。

そんな時代に、狩猟採集民のアイヌが、北海道で農耕……???


否、チャレンジ精神は否定しません。事実、初歩的な園耕は行っていました。
もっと、レベルの高いことをしてみたかったのかも。和人のようになりたくて。


 アイヌ女性の畑仕事:園耕のお話 (2022/10/29)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2293.html
 アイヌ時代は小氷期:松前藩の禁農モデルについて (2023/08/19)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2336.html




2023/9/3  不破 慈(曾祖母がアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

園耕民(狩猟+農耕)の強みは、いつでも農耕を切り捨てられる点にあります。
時々の気候条件に合わせて、狩猟採集オンリーの生活に、後戻りが可能なんです。

完全な農耕社会に移行すると、それが出来ません。餓死者が増える理由の一つです。



 名古屋大学大学院環境学研究科 地球環境科学専攻大気水圏科学系
  古気候学グループのサイト ⇒ https://pcl.has.env.nagoya-u.ac.jp

[タグ未指定]
[ 2023/09/03 14:55 ] アイヌ利権問題 -4.DNA・人類学・考古学 | TB(0) | CM(0)

アイヌ時代は小氷期:松前藩の禁農モデルについて

松前藩による「禁農モデル」という学説があります。
単純に、アイヌに農業を禁止したという主張ではなく。



アイヌが農業に挑戦するのを
禁止した、という内容です(ー。ー;





禁農モデル  深澤(1995)
アイヌ社会においての農耕文化は擦文文化期以後アイヌ社会内の欲求により常に進展していたと考えられるにもかかわらず、「意図的なイデオロギー」によってその動きが禁止されるという、人為的行為によって阻害された結果、実践的な折衝としてアイヌ社会内で再生産され、その現象が変容した文化的要素として認められるようになったと考える。これを禁農モデルと呼ぶ。[p11より]


 擦文からアイヌ ―農耕の縮小― 総合地球環境学研究所
  東北大学大学院 国際環境研究科 深澤百合子

 https://www.chikyu.ac.jp/neo-map/file/fukasawa-01.pdf




……詳細は、上記リンク先でご確認頂きたいのですが(↑)

要は、アイヌが農業をやりたがっているのに松前藩は認めなかった
苦労して手に入れた種子も取り上げられ、農具さえも渡して貰えない。
彼等のチャレンジ精神を流言飛語まで用いて潰した、といった内容です。

 ↓↓↓


1786(天明6)年 佐藤玄六朗の報告
『蝦夷地之儀是迄見分仕候趣申上候書付』

「古来より蝦夷地において穀類を作立候儀は法度の様に相成り」
「先年イシカリと申候所の川上にて、稲を作り相応に出来在候処其段松前え相聞、領主役人より申付候哉、又は商人共の仕業の候哉、籾、種子迄残らず取り上、右作仕候蝦夷ともえは、ツクナイを出す為候由の風聞等之有り」[p12より]
https://www.chikyu.ac.jp/neo-map/file/fukasawa-01.pdf




……さて、困りました。当時、気候はどんどん寒冷化していったので。
耕作地の縮小については、考古学&古気候学での反論も可能です。
※アイヌも初歩的な農耕(園耕)なら行っていました。


 中世温暖期(擦文)⇒ 小氷期(中世アイヌ → 近世アイヌ)



でも、「言った・言わない」「やった・やらない」の次元になると……?


事件の捜査に喩えますが。考古学や古気候学は、“鑑識”の役回りです。
一方の文献史学は、“当時の証言”について取り扱う分野なんですよ。

でも、私。文献史学は、ダメダメなんです(―。―;


そんなワケで、文献史学が得意な方に、ご協力をお願いしたいのです。
被告人席で、一方的に弾劾される松前藩の“弁護”を担って頂きたく。





とは云え、全くの丸投げも無責任と思います。
そこで、私なりに仮説を一件、立ててみました。


アイヌと松前藩は、交易を行っていましたが。

米などの農産物が、松前藩側の主要な交易品なら、
種子や苗、農法(道具・技術)の漏洩を防ぐのでは?




現代でも、隣国の無断栽培が問題視されていますが。
それと同じですよ。アイヌが和人の技術を欲したなら、
交渉の上、相応の対価を支払い、指導を仰ぐ必要がある。

勿論、当時のアイヌに、そんな道理は理解できません。
読み書き算盤、一切できなかった人達なんですから。

他の、もっと単純な理由だったかも知れませんが。




以上、文献史学のみならず、商取引に詳しい方の助力も必要です。

「松前藩の方針で」「農業を教えることを禁じている」とあったので。
和人から教わらない限り、アイヌに農業が無理だったことは理解できました。

 ↓↓↓


1857(安政4)年 『石狩日誌』
松浦武四郎
(1973年丸山道子訳)

「家のそばにはムニノカン(狸豆)、マーメ(いんげん豆)、ムンシロ(粟)、リテアママ(もち粟)、ヒヤハ(稗)などを作っているが、こういう農作業は女の仕事とされている。かれらはまだ鍬を持っていないので、まさかりの側面に木の柄をとりつけて鍬の代わりに使っているが、これは松前藩の方針で、かれらに農業を教えることを禁じているので、運上屋もアイヌには鍬を渡さないためである」[p13より]
https://www.chikyu.ac.jp/neo-map/file/fukasawa-01.pdf



2023/8/19  不破 慈(曾祖母がアイヌ) ※アップ当日、引用文二箇所追加&タイトル修正

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

樺太では、「農耕をやると病気になる」といった噂が流れていたそうですが。
米先住民にも、母なる大地に爪や牙を立てることを忌避する部族がいました。
一種の信仰ですね。それが迷信であろうと、狩猟採集民の世界観としてある。

[タグ未指定]
[ 2023/08/19 13:04 ] アイヌ利権問題 -4.DNA・人類学・考古学 | TB(0) | CM(0)

北海道で農耕が行われた擦文時代:中世温暖期

北海道で農耕が行われていた擦文時代、
グリーンランドでも農耕が行われました。


古気候学では、中世温暖期と呼ばれます。




……もう少し、正確に申し上げますと。

擦文時代の北海道に成立していたのは、
農耕社会ではなく園耕社会でしたけれどね。

園耕民とは、狩猟民と農耕民の狭間にいる人達です。
狩猟・漁撈・採集と組み合わせて、農耕も取り入れている。


巷でよく言われる、「縄文農耕論」がそれなんですよ。
後晩期の縄文人は、農耕民ではないんです。園耕民でした。

本州以南では、比較的、早くに園耕社会が成立したということ。

水稲水田耕作が始まる弥生時代には、本格的な農耕社会へと移行し、
やがて幾つもの「クニ」が形成、古墳時代の国家成立へと繋がります。



一方、本州より寒い北海道では、縄文から続縄文時代へと突入しました。
寒冷な土地では、農耕(園耕)を行うメリットが、相対的に低いんです。


虫歯の研究からも、そういった地域的な事情の違いを見て取れます。

 本州縄文人 ……… 虫歯率:約15%(14.77%)
 北海道縄文人 …… 虫歯率:約 2%( 2.18%)



……本州では、タンパク質の3~6割を植物性食糧から得ていました。
対する北海道。植物性の食料は僅かです。温暖な縄文時代にも関わらず。

その傾向が、続縄文時代には更に強まります。虫歯率:0.5%(0.49%)
縄文時代より寒かったので。植物性食糧には、ますます頼れなくなった。




でも、擦文時代になると、北海道でも状況が変わったんです。
段々と暖かくなってきて。本州からの入植者も増えました。

実際、北海道でも古墳が造られるようになったでしょう?
あれは、東北北半部の末期古墳の系統を引くものです。


道内での築造は、本州の時代区分で、奈良~平安の頃ですね。
勘違いしている人もいますが、古墳時代の築造ではありません。

 北海道の古墳:8世紀以降の築造 (2022/09/03)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2285.html





……大分、趣味に走っているので、話を戻しますけれど。


中世温暖期だったからこそ、本州からの入植者も増え、
部分的に農耕を取り入れた園耕社会が成立しました。


しかし、擦文時代も末期になると、徐々に気候は寒冷化。
やがて小氷期に突入。再びの、狩猟採集がメインの社会。




寒冷化で、本州へと南下した人もいれば、道内に留まった人もいたでしょう。
何れにせよ、農耕の技術は失われます。労働に見合う収穫がないんだもの。

アイヌ女性も、お粗末な「園耕」なら行いましたが。そのくらいです。

 アイヌ女性の畑仕事:園耕のお話 (2022/10/29)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2293.html




2023/7/22  不破 慈(曾祖母がアイヌ)  ※最終更新、2024/1/6

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

古墳を築造した本州系の入植者に先駆け、オホーツク人も流入していました。
奥尻島には、6~7世紀に遡るオホーツク文化の青苗砂丘遺跡が存在します。
阿倍比羅夫との戦闘は有名ですが。後の持統天皇の御代、朝貢に参じました。

 8世紀、秋田県にもオホーツク文化人 (2022/08/13)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2282.html

[タグ未指定]
[ 2023/07/22 12:56 ] アイヌ利権問題 -4.DNA・人類学・考古学 | TB(0) | CM(0)

アイヌ遺骨問題:ゲノム解析拒否は世界的な潮流

ゲノム解析をしても、
先住性は否定できない。



国際社会で「先住民族」といったら、
弾圧・迫害を受け、土地・資源を奪われ、
文化や生活を破壊された「被害者」のこと。


簒奪・虐殺は、ゲノムに刻まれないでしょ?


未だに「800年前の強姦が証明された」と
拡散している愛国系のカルト信者もいるけど。






……要は、被害者だからこそ、賠償金を請求できるし
「自治区の制定」と称して、土地の返還も要求できる

 ↑↑↑
プロアイヌがやりたいのはコレ。
だから、「差別ガー、弾圧ガー」って騒ぐのよ。


日本語における、字義通りの「先住・後住」は争点じゃないの。
迫害はあったのか、略奪は起きたのか。つまり、事件性があるのか

欧米による弾圧は、字義通りの「先住」と「被害者」が一致しているけど。





Q.じゃあ何故、アイヌ人骨の解析を拒否するの?
A.それが世界的な潮流だから。



現在、世界規模で先住民族への遺骨返還運動が起きていて。
当然、ゲノム解析だって拒否されまくっているんだけど。

学者が勝手に盗んだ。盗品だから返せ」ってこと。

国際社会に「日本の先住民族アピール」をしたかったら、
その流れに、しっかり乗る必要がある。広報は大事だもん。


学者はあくまで、父祖の遺骨を盗んだ犯罪者であって、
自分達は、父祖の遺骨を盗まれた被害者という立ち位置。

「盗品」に対し、自由な研究を認めるなんておかしいでしょ?




それ以上に、駄々を捏ねることで、交渉材料としての価値を高める、
といった狙いもあるだろうね。というか、それが一番大きいと思うよ。

2014年に始まるラポロアイヌネイションの遺骨返還訴訟は有名だけど。
他にも、色々な手口で稼いでいるから。大事な、大事な父祖のお墓で。


砂澤陣「北海道が危ない!」20160913、発行:育鵬社、発売:扶桑社

先祖の墓も金に換えるプロ・アイヌ ※抜粋

 例えば旧門別町のプロ・アイヌは、同町北豊田地区にある1000坪ほどの土地に無数の調査棒を立て、その下に遺骨があると主張した。
 棒の下を掘ってみても実際に骨が出てきたのは18~22ヵ所、頭蓋骨は3~6個だったが、同町はプロ・アイヌの主張を受け入れ、580柱もの遺骨があると認定、移転改葬の事業費4400万円を計上したのだ。

※砂澤陣「北海道が危ない!」(p107-108)育鵬社2016.9

 アイヌ遺骨問題 ~先祖の墓を金に換える (2020/11/12)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2094.html






……そもそも、近代(明治~大正)生まれの
アイヌのゲノムなら、とっくに解析されている。

縄文人と共通する遺伝子が、7割を占めていたよ。


 アイヌ7割、沖縄3割。本土日本1~2割:縄文遺伝子 (2022/04/17)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2260.html
 縄文人が弥生人に直接進化? 50年前の変形説 (2022/04/14)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2259.html




2023/7/1  不破 慈(曾祖母がアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

「先住民族」という言葉自体が、政治的に重い意味を持っているんだよ。
その先住民が縄文でもアイヌでも、「日本は簒奪国家」という図式になる。

 アイヌは民族ではないし、先住でもない (2023/02/26)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2312.html

[タグ未指定]
[ 2023/07/01 13:34 ] アイヌ利権問題 -4.DNA・人類学・考古学 | TB(0) | CM(0)

愛国カルト:土器を使わないから縄文の子孫じゃない?

アイヌは土器を作りませんでした。

故に、「縄文の子孫ではない」と
主張する人々がいます。




…ですが、オホーツク人は土器を作りました。

では、「オホーツク人が縄文の子孫だった」
ということで宜しいですか?(*^^*)






2022/03/09 「オホーツク文化―あなたの知らない古代」展示解説動画
https://www.youtube.com/playlist?list=PLotxNBsvVqxKeVr4DwvEPZ7nmeyjWotUx

特別展「オホーツク文化―あなたの知らない古代」の展示解説動画です。第14回は、オホーツク文化前期の土器と、オホーツク文化の成立についてです。主催:東京大学大学院人文社会系研究科・同附属北海文化研究常呂実習施設、横浜ユーラシア文化館、大阪府立近つ飛鳥博物館 会期:2021年年10月16日~12月26日(横浜ユーラシア文化館)、2022年1月15日~3月13日(大阪府立近つ飛鳥博物館)





……ご存知のように、アイヌは土器を作りませんでした。
正確には、放棄したんです。初期の頃はまだ作っていましたが。


交易で、和人から鉄鍋を入手するようになったからですよ。


アイヌは移動する生活でした。拠点はありましたけれど。
鉄鍋なら、土器や土鍋と違って、持ち運びが楽でしょ?(^^)

背伸びをしてでも、メイド・イン・ジャパンの鉄鍋を欲しがって。
アイヌから見れば、先進地域でしたし。色々な物を珍重したんですよ♪


 近世アイヌは土器を使わない:和人社会から鉄鍋を入手 (2022/06/05)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2270.html






『アイヌは土器を使わない。だから縄文の子孫ではない!』

……これまた、カルト系の愛国団体が中心になり、拡散しています。
ですが、冒頭で示したように、簡単に崩せる主張なのです。



そもそも、土器は世界中で作られていました。
縄文オリジナルでも、列島オリジナルでも何でもない。


なぜ、縄文の末裔であることの証明に使えると、錯覚できたの?


 世界最古級の土器、東北アジア全域に点在 (2022/05/22)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-2268.html




2023/6/25  不破 慈(曾祖母がアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

考古学の本をきちんと読めば、以下のように書かれています(↓)
アイヌは土器を作るのを止めたが、生活用品に文様を刻む文化は残った

本州以南、弥生以降の土器は、表面がのっぺりとしているでしょう?
農耕社会と狩猟社会で、別々の要素を受け継いでいくことになりました。

[タグ未指定]
[ 2023/06/25 11:57 ] アイヌ利権問題 -4.DNA・人類学・考古学 | TB(0) | CM(0)
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。