FC2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、ツイアカもFBアカも持っていません。 【 pixiv:5770560 】

自信

「優越」とは違う。


20121122、不破慈

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
 ← 拍手の代わりに、こちらを。

[タグ未指定]
[ 2012/11/22 22:55 ] 短文 -2.二番煎じ | TB(0) | CM(0)

星の涙

水は涙
星の涙

こんなにも
深く悲しい
母の愛に

子ども達は
いつ気付くのでしょう?



20121122、不破慈



雨と川と、湖と海と。


ブログランキング・にほんブログ村へ


[タグ未指定]
[ 2012/11/22 22:26 ] 短文 -1.詩 | TB(0) | CM(0)

勲章

不要な薬を飲まされ
男に殴られ・陵辱され

私の身体は
子を望めない

肝臓も
腎臓も
ボロボロだ

だが それでも

傷口を抑えながら
立ち上がろうとする私は

二十四歳の夏より
ずっとずっと強い



20121121、不破慈




[タグ未指定]
[ 2012/11/21 00:32 ] 短文 -1.詩 | TB(0) | CM(0)

不破不破が考える「鰤のテーマ」

「護る」じゃねぇの??? いきなり解を持ってきたけど。いやさ、ルキちゃんの(?)劇場版のコミックを古本屋で手に入れたのよ。巻末の久保先生インタビューで、「絆が作品のテーマなんですよね、と言われる」って書いとったけど。アタシこれ読んで「……?」となった。いや、そう言われりゃそうも思えるが……、なんつーか、もっとデカいモン……。

んで考えてっとさ、もう初回で出てんじゃね?と思った。主人公の名前で。「黒崎一護」。


[タグ未指定]
[ 2012/11/19 20:36 ] 二次 -1-1.鰤考 | TB(0) | CM(0)

ちょこっと鰤考:お恋ジってフェミニスト?

ども~☆ ひっさびさで鰤ます! 以前アタシ、どっかでさぁ、「お恋ジがフェミニストとか言われてっけど、女を殴らないなんて漢の最低条件の一つだろ!」とか書いたけどさぁ、アタシ、コレ、自分流儀の漢義に過ぎないなぁと思ってね。まぁ、アタシは、女の身で女殴った事ないからさ、男が女殴る、とか有り得ん発想なワケよ。アタシが男殴ってる以上は、ってか実際は蹴ってるんだけど、アタシを殴るなとは言わん。が、だからこそ、アタシは漢は殴らない。アタシの中身がどうあれ、アタシが女である以上、漢ならアタシを殴れない。であるにも関わらず、アタシが殴ってはフェアじゃない。性別でしか男と呼べないようなカスは蹴り転がして歩く。

なんだが……、これは女のアタシから見ての漢義だ。お恋ジはひょっとして……違う感覚でそう言ってる? 第一、生育環境からして異常。ってかサバイバル過ぎ。そんなこんなで考えを廻らしてみた。


[タグ未指定]
[ 2012/11/19 20:12 ] 二次 -1-1.鰤考 | TB(0) | CM(0)

リンク:勝手にアタシの先生!/岩月謙司先生

ちょいと長い紹介文だよ~。今回は「岩月謙司」先生をご紹介! 事件の事、知ってる人多いんでないかしら? まぁアタシは事件前から先生の本読んでた。ってか、アタシが「女性性受け入れのための自己分析」を始める切欠となり、その後もずっと分析のための教科書として読んでたのが岩月先生の著書。ちなみに心理学の素地は「加藤諦三」先生の著書で固めた。50冊は読んだな。岩月先生のはね、出てるヤツ、2冊除いて全部読んだ。2冊はね、手に入らんかった。んなワケで、アタシは勝手に岩月先生を自分の先生にして、アタシは生徒になっちゃった(笑)

ま~、ずっと先生の本追っかけてたアタシとしてはさ、事件聞いて「あ~、ついにやられちゃったか」と思った。先生はあんまり色々書かなかったけど、愛読者は先生が多種多様な被害に遭ってる事知ってたからね。先生を陥れる、ってか試す為に、自殺未遂までした人居るから! 本人が手記書いてる。

アタシはさ、先生が「育て直し」してらっしゃるの知ってたけど、絶対にこれを誰かにはして貰わないって決めてた。事件前だったけど、「こんな事誰かにさせてたら、その人を壊してしまう」と見て取ってたから。んで、本当に先生は壊されたしね。んで、アタシが取った作戦。「大勢の人からちょびちょびっと」。

一人からちょっとしか貰えないし、直接誰かに「育て直し」して貰うより、時間は掛かるだろう。が、その恩人を潰してしまうより良い。ずっと良い。遥かに良い。アタシの問題を、罪の無い親切な方に背負わせてはいけない。まぁ、こうやって考える時点で、アタシは「他力本願人間じゃない」ってこったよな。言い換えれば「アタシは依存女じゃない」。アタシ、そんな生ぬるい教育受けとらんワ。

アタシ、マジ、「バッカじゃねぇの?」って思うワ。ワラワラワラワラ、善意の人間見付けると寄って集って「アレしろコレしろ」。「可哀想な自分」装って、「助けて下さい!」 で、思う通りにして貰えないと見るや「裏切るのか?!」 いや、その善意の人間には、アンタの養育義務も保護義務も無いから。金払ってセラピーでもカウンセリングでも何処へでも行きなさいよ。ってか、文句はアンタをその程度にしか育てられなかった親に言え。

あのね、岩月先生の自己分析の手法は、「他力本願人間・依存人間には出来ません」。はっきり言います。「自分と戦えない人間には不可能」。「可哀想な自分を助けてくれる誰かを探してる人間には絶対無理」。『自分の心の傷・闇・醜悪さと徹底的に向き合う自己分析』だから。自分から逃げてる人間には不可能なワケ。いつまで逃げ回ってんだか知らねぇけど? そんなんで解決するワケないじゃん。その前に寿命が来るワ。んで、そうして逃げ回ってる間に、ツケを全部子供に回して、子供はもっと苦しむんだよ。機能不全家族のカラクリ。

アタシは岩月謙司先生を信頼してる。社会的評価なんてどうでも良い。んなモンがアテにならないのは、身を持って知ったワ。医者も役所も、その肩書きだけじゃちーとも信用出来ない。ああ、ちなみにさ、アタシの親父、アレで公務員だったんだぜ(笑) クビになったけど(笑笑) 今の自治体の役所の方々は凄く親身になって下さる。前のトコは(笑)  ま、信頼できる自治体に逃がしてくれた事だけは感謝してるよ。って自分で潜伏先決めたんだけど。逃げ出す為の金を出してくれたのは事実。こっち来てからすぐ切られたけど(笑) 「保護を打ち切りますので、返上しますと一筆書いて下さい」(笑笑)

あの先生が上っ面の空論並べる人かどうか、んーなん、殆ど著書読んだんだ、充分見抜けるっつの。アタシが薬飲んでない状態での読解力・洞察力、舐めんなよ? ただ先生だって完璧じゃない。アタシは「ああ、先生は捨てる事を学んだんだな」、と思った。アタシもつい最近学んだ(笑)

別に信じてくんなくったって構わねぇよ? アタシ困んねぇから。アタシはアタシの確信に基いて行動する。信じるかどうかなんて、手前ェで判断しろや。手前ェで責任取る分には、何の問題も無い。


んなワケで~、岩月先生のHP。

【岩月謙司のホームページ ~岩月流生きるのが楽しくなるHP~】
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Tachibana/8029/


2012/11/18  不破 慈


アタシはアタシの信じるものに、人生賭ける。



[タグ未指定]
[ 2012/11/18 00:19 ] 心理系過去記事(~2015) | TB(0) | CM(2)

政策

親バカ推奨、バカ親撲滅


20121114、不破慈

「モンスター」とか言うと格好良く聞こえるから嫌。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
 ← 拍手の代わりに、こちらを。

[タグ未指定]
[ 2012/11/14 00:17 ] 短文 -2.二番煎じ | TB(0) | CM(0)

愛。

変わらぬ愛など無い

真実は深まるばかり。




20120419、不破慈、ブログ開設初期の言


[タグ未指定]
[ 2012/11/13 22:04 ] 短文 -2.二番煎じ | TB(0) | CM(0)

ゴミの分別

ゴミは素材で分別
人は心で判断



20121112、不破慈



これ詩? 標語だよな?



2kg・798円の柿が美味いぎゃ。




[タグ未指定]
[ 2012/11/12 15:25 ] 短文 -2.二番煎じ | TB(0) | CM(2)

不破 慈

決して敗れることは無く
人に恵みも与えない

ただ慈愛の心だけを

地下水のように忍ばせて




20121106、不破慈




鋼より強く






[タグ未指定]
[ 2012/11/06 01:32 ] 短文 -1.詩 | TB(0) | CM(0)
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム/神経発達障害の一)です。もともとは障害当事者の個人的なブログでした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が私をアイヌと無関係に育てた理由が解りました。

母の故郷・福島と、自らの障害に関連する記事が多くなりますがご了承下さい。


※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 アイヌDE狂歌[1]
 アイヌDE狂歌[2]
 アイヌDE狂歌[3]
 アイヌDE狂歌[4]


ブログランキング・にほんブログ村へ


 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。