二番目の山羊

北海道出身の父はアイヌクォーター、福島出身の母は「蝦夷のアベ」

【心理学講座】 いじめ③ ~子供が出来る、応急措置的な切り返し

イジメが起きている事ではなく、
イジメが放置されている事が問題。




    【 #アイヌ 】 いじめ① ~戦前の先生と戦後の先生、対応の違い
    【前記事補足】 いじめ② ~戦前の子育てと戦後の子育て

    http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1702.html
    http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1703.html





北海道が危ない!(育鵬社)』内の、砂澤陣氏の体験談を受けて書きました。


 今でもよく、同世代の仲間で集まると、
 いじめ話や差別話で盛り上がる事がある。

 嫌な思い出なのに、仲間同士だと笑えるから不思議だ。

 フォークダンスで手を繋いでもらえなかったとか、
 友人の誕生日会に呼ばれて行ったら、そこの親に玄関で帰されたとか、
 一対一の喧嘩だったのにいつの間にか相手が集団になり袋だたきにされたとか、
 仲の良かった友達がある日突然、「毛深いのがうつる」と騒ぎ出して、
 遊び場から締め出されたとか……。

 大人になり、さまざまな経験を重ねてきた今だからこそ、笑い話にもできる。


 彼らと話していて、結局は「アイヌだから」というより、
 デブ、ハゲ、チビといったいじめの理由と同じだったという結論に落ち着く。
 ましてや、純粋さと残酷さの両面を持つ子供同士の出来事だ。

 「差別はいけない」「差別をするな」「差別をなくせ」は正論で、教える必要もある。
 しかし、私の経験上、その逆の視点から考える方が現実的であろう。

 つまり、そういう理想論よりも、
 差別などにあった場合に、「どう向き合い、どう対処し、どう消化するのか」を
 家庭や学校で教えてあげることが大切だ。


 いつの時代も、平和や平等を謳いながら、
 自分の気に入らない意見や主張を言う相手に
 中指を立てて罵詈雑言を浴びせる人間がいるが、
 こうした「反差別主義者」「非現実主義者」たちと、我々は闘わなければならない。




※一部引用、改行を加えました。




[タグ未指定]
[ 2016/10/23 11:52 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(3)

【前記事補足】 いじめ② ~戦前の子育てと戦後の子育て

私の母は、昭和17年の生まれです。
10人兄弟姉妹の末っ子。
勿論、祖父母は明治の人間。


母も私も、遅い子供でした。




イジメをテーマに、次回(予定)まで続けますが、先ずは前記事の補足的に。

答えなんて、聞くまでもないし、言うまでもないと思います。前者はですね、戦前の先生なんですよ。御歳91の、シベリア帰還兵に教えて頂きました。※北海道出身 驚いていらっしゃいましたよ。現代における、アイヌ≪民族≫達の活動を知って。「アイヌ差別なんて、無かったですよ。そんな事をしたら、先生にゲンコツを...
【 #アイヌ 】 いじめ① ~戦前の先生と戦後の先生、対応の違い




私は父方から、アイヌの血を8分の1、受け継いでいます。
ですが、その事で差別を受けた事はございません。

この活動を始めてからは、「民族屋さん」が五月蝿いですが

横浜で生まれ育ったと云う、地理的な条件も有るでしょう。
ただ一方で、「障害者としての差別」なら、経験がございます。



「脳がアレな人って、夜の感じ方が違うんだろ?」
初老の男性でした。

危うく、「オッサンの脳がアレだよね?」と
返しそうになりましたが、そこは私もイイ大人なので(^q^)

「他の方になった事がないので、
 存じ上げませんけれど?」とだけ、答えておきました★




さてさて。
“障害もないのに脳がアレな人”を基準に、日本社会を語る事は不当です。

ですので、以下は、私の中学校時代のお話。
私自身が、神経発達障害を抱えていると、未だ気付いていなかった頃。

中三の時のクラスに、知的障害を抱えた男の子がいました。




[タグ未指定]
[ 2016/10/13 13:18 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(2)

【 #アイヌ 】 いじめ① ~戦前の先生と戦後の先生、対応の違い

さて、子供達の
情操教育にとって相応しいのは、
どちらの先生の指導でしょう?




①アイヌの人達は北海道の先輩。
  皆さん、敬いましょうね。

②日本人は、
  アイヌの人々の土地を奪って開拓し、 
  彼らの生活を破壊したのです。
  我々は謝罪と賠償を……(以下略)






答えなんて、聞くまでもないし、言うまでもないと思います。

前者はですね、戦前の先生なんですよ。
御歳91の、シベリア帰還兵に教えて頂きました。
※北海道出身


驚いていらっしゃいましたよ。
現代における、アイヌ≪民族≫達の活動を知って。

「アイヌ差別なんて、無かったですよ。
 そんな事をしたら、先生にゲンコツを落とされた」



砂沢クラさんのお話と、見事に符合します(^^)
※明治~大正~昭和を生きたアイヌ系女性



  私は、これまで何度か
  「アイヌ」と言われていじめられましたが、
  いじわるをする人はどういうわけか教育もろくに受けられず、
  下働きのような仕事をさせられている人たちばかりでした。

  娘時代、病院の看護婦をしている時、
  私を「アイヌ」と言っていじめたのは、
  字も書けない車夫でした。

  学校の先生とか医者など
  教育を受けた人、ものの分かった人は、
  私たちアイヌを本当の日本人として尊敬してくれました。

  山の中で働いている営林署の人、
  発電所の人、炭鉱の人も少しも威張らず、
  私たちを大事にしてくれました。


  『クスクップ オルシペ 私の一代の話』より




[タグ未指定]
[ 2016/10/07 13:13 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(0)
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。


ブログランキング・にほんブログ村へ



※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html