二番目の山羊

北海道出身の父はアイヌクォーター、福島出身の母は「蝦夷のアベ」

対立構図でアイヌを語る危険性

歴史年表、篠田謙一著、DNAで語る日本人起源論p155より

北海道mtDNAの変遷、篠田謙一著、DNAで語る日本人起源論p167より  ←サムネイル、279KB (1293 x 728)




そう言えば、拙宅ではまだ北海道の年表をアップしていませんでした。
やっぱり篠田謙一先生の著書からですけれど(分子人類学に激ハマリ中)。
※DNAで語る日本人起源論 p155&167より、2015岩波現代全書


本土日本とは、流れが大分違うでしょう?

ちなみに、北東北にも続縄文時代がありました。
以降も擦文文化人との交流が盛んだったことから、
東北を「プレアイヌ(プロトアイヌ)」と位置付ける学説まで存在します。

当然、東北の蝦夷(日本古来の蝦夷)を母方に持つ私は、ブチ切れ状態です。
それでカテを設けて、コツコツと東北の記事をアップしているワケですが。



***



話を、北海道に戻します。
前記事からの流れです。

前記事リンク:シベリアからの流入、決め手はmtDNAのY
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1718.html


用語の説明が面倒だったので
ずっと「シベリア少数民の系譜を受け継ぐ」と表現して来ましたが、
年表にも名称がある通り、正確には「オホーツク文化人」です。

このオホーツク文化人が、mtDNAのYを保有していて、
それが現在のシベリア少数民と、アイヌ集団に受け継がれたんです。


※以降、mtYと略します。





[タグ未指定]
[ 2017/05/23 15:15 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(6)

シベリアからの流入、決め手はmtDNAのY

北海道縄文人骨から検出される
mtDNAのN9b、D4h2、G1b。
極東シベリア少数民も保有しています。




日本人はどこから来たのか書影、海部陽介著、文藝春秋刊   (引用)

 山梨大学の安達登のグループは、
 北海道の各地で発掘された56体の縄文人骨を分析して、
 ミトコンドリアDNAのタイプを決めることに成功した。

 そこで見られたのはN9b、
 D4h2、G1b、M7aという4種類だったが、
 中でも多いのはN9bだった。

 面白いことに、アジアの現代人集団の中で、
 N9b、D4h2、G1bは、ロシアの極東地域に暮らす少数民族
 (近現代に移住してきたヨーロッパ系のロシア人ではない、
  ウリチ、ウデヘ、ニヴフなどの先住民族のこと)にあるが、
 東南アジア集団には見られない。

 そこで安達らは、北海道縄文人は
 基本的に北東アジアからやってきた集団の子孫であると結論した。


 (引用ここまで、改行を加えました)
 海部陽介著、『日本人はどこから来たのか?』 p181/文藝春秋/2016.2




   ※下の画像は、ナナイ・ニヴフ・ウデヘ・オロチ・ウリチです。

   5-7、シベリア諸民族 5-8、シベリア諸民族
   世界の民族衣装の事典(丹野郁・監修/東京堂出版)より





*****





まぁ、mtDNAの共有は自然ですよね。
だって、日本列島への通り道なんですから。


国立科学博物館、3万年前の航海徹底再現プロジェクト、リーフレットより


前記事リンク:縄文・弥生の二重構造説はもう古い。
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1717.html






[タグ未指定]
[ 2017/05/13 19:49 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(0)
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。


ブログランキング・にほんブログ村へ



※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html