FC2ブログ

二番目の山羊 ~現在、ツイッターはやっていません

横浜育ち、ワンエイス(8分の1)のアイヌ系。 現在は、ツイアカもFBアカも持っていません。 【 pixiv:5770560 】

世界が喝采、福島の被爆報告 ~「胎児への影響は見られない」

福島はノープロブレム。

 お父さん、お母さん
 子ども達は大丈夫です。





月刊WiLLの2月号からです。
既に目を通された方も多いでしょうが、引用します。
※漢数字をアラビア数字に。いつもながら長いです(^^)



***



世界が喝采した「日本学術会議放射線被ばく報告」
フクシマはノープロブレム

放射線被ばくの胎児への影響はみられない。
「子どもの甲状腺がんが急増」はフェイクニュースだ!

北海道大学大学院特任教授 奈良林 直(ならばやし ただし)


報道しない自由


――放射線被ばくの影響で、子どもの甲状腺がんの発症率が数十倍高まる――
――福島で子どもの甲状腺がんが急増している――

 福島原発事故以来、放射線被ばくの影響を懸念する報道が相次ぎました。
 事故から6年半が過ぎた2017年9月。日本学術会議は「子どもの放射線被ばくの影響と今後の課題――現在の科学的知見を福島で生かすために――」を公表しました。福島事故後に蓄積された膨大なデータを分析し、「胎児への影響はみられない」と結論付けた。これは、福島事故以来続いてきた議論に終止符を打つ報告書となりました。

 いうまでもなく、原発事故の報告書として、世界史に残る貴重な科学的データでもあります。この報告書は国際的にも大きく報じられました。
 結果論ではありますが、あれほど大規模な避難をする必要も、あれほどの人とお金を費やして除染する必要もなかったのです。


 ところが、わが国の大手メディアは、2017年も暮れようというのに、その内容を報じることはありません。
それどころか、いまだに「福島には人が住めない」、「原発事故はこんなに悲惨だった」と繰り返し報道し続けている。
先日もNHKが、放射線被ばくの不安を煽るような番組を流していました。福島の不幸を強調し、反原発に利用しているようなものです。



 専門家がいくら科学的データに基づいた事実を報告しても、マスコミは自分たちに都合の悪い情報に対して「報道しない自由」を発動し、葬り去ってしまう。国民の「知る権利」を冒涜しています。




[タグ未指定]
[ 2018/01/25 14:26 ] 保守活動 -1.環境・エネルギー問題 | TB(0) | CM(0)

反日プロパガンダと会津プロパガンダとアイヌプロパガンダ

反日プロパガンダと
会津プロパガンダと
アイヌプロパガンダ。


ついでに朝鮮と南京。





似たり寄ったりのものを並べてみました。
「全て反日プロパガンダじゃない?」という突っ込みはさておき。

あっ、沖縄を忘れていますね。
薩摩による琉球支配等、過分に虚偽情報が紛れ込んでいますよ。
面白いのは、何れも当事者やその血筋の方がほぼ関わっていない点ですが。
※アイヌに関しても、協会に所属するのは10分の1程度



***



さて、本題に入ります。私の母は福島出身です。
日本古来の蝦夷(東北蝦夷)の一氏族であるアベの人間です。
カナで「アベ」と書くのは、時代により表記の変遷があるからです。
興味のある方は過去記事をどうぞ。
アベの語源はアイヌ語のアフィじゃない(2017/03/31)
  http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1715.html



そういった背景がありますから、母の故郷の歴史として、
会津藩士の悲劇に関しても、幼少から色々と聞かされていました。
特に白虎隊や娘子隊。遺体の埋葬に関してもそうですね。

ですが、ここに来て違和感を覚え始めました。
否、違和感だけなら、かなり以前から抱き続けて来たのですが。
今では遺体が二年間、野晒しにされた事になっているし、
しかも刑場に運び込まれた事になっているんですよ。

南京にそっくり。犠牲者はいつの間にか30万人に達しましたよね。
東京の世田谷より狭い城砦都市で、広島・長崎の原爆犠牲者を超える虐殺って、
人懐戦術でどうやって??? 日本軍がそんなに強かったら、戦争に負けません。



***



そんな事を考えていたら、某作家(歴史家?)の存在を知りました。
安倍政権に対し、「戊辰戦争での謝罪、謝罪」と求めています。

確かに総理は長州出身ですが、別に戊辰戦争を主導した血筋でも何でもない。
桂太郎を始め、地元の名士に誇りを持つのも、人間として自然な郷土愛です。
確かに日本国政府は、薩長政権の流れを汲む統治形態・システムですが、
そもそも投票によりリーダーが選ばれる民主制の時代に、それを言う?




何より、150年前の内戦に基いて
現政権の是非を問うとか( ̄∀ ̄;





あまりにも論調がどこかの民族とそっくりなので、ちょっと調べました。
長くなりますが引用します。福島民報と河北新報の記事、2件です。

※太字の部分だけで要点は掴めます。史料的な意味で全文残したいので。





[タグ未指定]
[ 2018/01/19 15:12 ] アイヌ問題 -2.東北の蝦夷(母方) | TB(0) | CM(4)

遺伝と環境 ~早期の離乳食で、子どもが食物アレルギーに?!

早期の離乳食が
食物アレルギーを誘発する。




前回に引き続き、0歳児ネタでもう一件。
 0歳児保育の普及で、発達障害が激増(2018/01/09)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1745.html



***



発達障害と同様、近年、急増中なのが食物アレルギー
コレも全くの遺伝要因ではありません。ヒトの遺伝情報は、
一世代・二世代では書き換わりませんから。

過去記事で引用した、ジュリー・マシューズさんの本に、
気になる一文が載っていましたので、ご紹介します。



(引用)

 腸の粘膜を含む消化機能は、生後すぐには未成熟な状態です。赤ちゃんは母乳や乳児用のミルクしか飲むことができませんが、これは母乳成分を分解する消化酵素しか分泌されていないからです。


 乳児の腸で母乳以外に含まれるタンパク質を分解できる消化酵素が十分に分泌されるのは、生後1年ほど経ってからのことです。



しかし、現代では、離乳食を生後5ヵ月くらいの早い時期から与えることが推奨されています。乳児には母乳以外の食物を分解する消化酵素が十分にありませんから、離乳食に含まれるタンパク質が未消化になる可能性があります。
(引用ここまで、発達障害の子どもが変わる食事、p55-56より)



発達障害の子どもが変わる食事、ジュリー・マシューズ

発達障害の子どもが変わる食事 (青春新書、2012.09)
ジュリー・マシューズ著/大森隆史監修/小澤理絵訳





[タグ未指定]
[ 2018/01/16 12:16 ] 保守活動 -2.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(0)

子どもを社会で育てる? ~0歳児保育の普及で、発達障害が激増

0歳児保育の普及で、
発達障害児が激増する。





「子どもを社会で育てる」「女性が産める社会を」
こういったスローガンを掲げて当選する女性政治家が増えました。
社民党の福島瑞穂党首を筆頭に、左派リベラル系に目立つ主張です。

ですが皆さん、それが0歳児保育を意味しているとご存知でしょうか?
つまり、産んですぐに保育所に預け、母親は朝から晩まで働くというものです。
そしてそれにより、預けられた子供は、早期に自立心が養われ、
より社会性が育まれるのだとか。


自民党の杉田水脈先生が、怒っていらっしゃいました。
「0歳児に社会性なんてありません!!」



杉田水脈先生の仰る通りです。私も凍り付きました。
勿論、0歳児保育の全てを否定するつもりはありません。
各家庭に様々な事情があるでしょう。出産後に母親が亡くなったとか。
そういった場合の0歳児保育はセーフティネットとして必要ですし、
それは自治体の窓口できちんと案内されることが望ましい。

ですが、0歳児保育の一般普及は危険です。子供の脳が破壊されます。
神経発達障害の界隈(?)では有名な、イスラエルでの事例をご紹介します。
長くなりますが、精神科医(医学博士)の、岡田尊司先生の著書からです。




(引用) ※漢数字をアラビア数字に、改行も加えました。


 効率化した子育てが思わぬ弊害を招くことを示した一例として、イスラエルの集団農場キブツでの養育が知られている。イスラエルの建国初期から作られた集団農場キブツでは、子育ての負担を最小限にするために、子どもは「子どもの家」と呼ばれる保育施設に集められて世話を受けた。

 母親が生まれたわが子と過ごせるのは生後から6~12週までの間だけで、母親は速やかに仕事に復帰し、授乳時間以外は働いたのである。生後一年までには母親は完全にフルタイムで働くようになる。午後4時から午後7時までの夕べの団らん時間だけは、子どもは親もとで過ごすが、それ以外は夜間も子どもの家で過ごす。保母は交代で勤務し、昼間と夜間は別々の保母が担当するのが普通であった。

 女性も労働力として働くことが求められたという事情もあったが、同時に、早くから母親から離れて暮らすことで、子どもがたくましく自立するという期待もあった。だが、この「実験」は、贔屓目に見ても失敗だった。




[タグ未指定]
[ 2018/01/09 16:23 ] 保守活動 -2.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(0)

「〇ね!」とヘイトするのか、「生まれ変われ」と説くのか。

門松は 冥土の旅の一里塚



ご用心、ご用心。


めでたく年が明けましたので。
めでたくもない話をして、挨拶とさせて頂きます。

少しばかり、三つ前の記事に掛かる内容です。

 グルーミング(毛繕い)としてのヘイト行為(2017/12/18)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1741.html



***



以前から拙宅にお越し下さっている方には周知の事実ですが、
不破はDV被害者です。

25歳になった翌月から、精神科で誤診投薬を受けていました。
実態は軽度の自閉症スペクトラムだったのですが、統合失調症の扱いを受けまして。
勿論、今は一錠も飲んでいません。そもそも、二次障害としての精神は発症していない。
医者が精神病患者を生産したようなものです。

30歳で、国籍狙いの外国人(不法滞在者)と結婚しました。
あの時は酷かったですね。文字も読めないほど脳の働きは低下していました。
最初の二年は完全な言いなりです。今流行の性奴隷と云うより、肉便器です。
知人の奨めで医者を変えたところ、処方は激減(そりゃそうでしょう)。
徐々に思考力を取り戻しました。

そうなりますと、元々が100%のヘタレバカではないですから。
自分の置かれた不当な状況が見えて来るんです。
以降は度々抵抗するようになりました。

とは言っても、腕力では敵いません。
髪の毛を掴んで引き摺られるワ、瞼を噛み切られるワ。
体重計で何度も何度も、頭を殴りつけられた事とて有ります。
狂ったように、「I kill you!」と絶叫していましたよ(笑)


そんなワケで、逃げ出すまでの一年間、
外国人を相手に、殺し合いをしていたようなものです。




アタシ、ダメなんですよ(笑)
黙って従順に立ち回るとか、出来ないんです。

公的支援を受けて、DV脱出をした女性の中には、
DV犯である夫の元へ(自主的に)帰ってしまう人も多いです。

誰も知る人がいない土地での孤独に負けてしまうという面もありますが、
元来が、「共依存」という病気だという事です。病気というか、資質というか。

アルコール依存症や、ギャンブル依存と同じです。
「人間関係に対する依存症」であり、コレも一つの嗜癖です。



私は勿論、戻りませんでした。
理由はカンタン。勝ちたいからです。





[タグ未指定]
[ 2018/01/05 22:23 ] 保守活動 -6.民間・芸能界 | TB(0) | CM(0)
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム/神経発達障害の一)です。もともとは障害当事者の個人的なブログでした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が私をアイヌと無関係に育てた理由が解りました。

母の故郷・福島と、自らの障害に関連する記事が多くなりますがご了承下さい。


※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 アイヌDE狂歌[1]
 アイヌDE狂歌[2]
 アイヌDE狂歌[3]


ブログランキング・にほんブログ村へ


 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。