fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

杉田水脈を守れ、杉田水脈の功績を拡散せよ! #慰安婦問題

杉田水脈議員を守りたいなら、
杉田水脈議員の功績を拡散する。


アイヌ叩きが前面に出ている
現在の状況は、協会の思うツボ。





ここ一ヶ月ほど、(私の体調が思わしくないこともあり)
一歩退いた状態で、ネットの言論状況を観察していましたが。

アイヌ協会側にとって、理想的な状況が現出しています。


口を酸っぱくして言い続けた甲斐があったのか、
「在ヌ」という単語自体は、それほど目立ちませんが。

「アイヌは朝鮮人」「今のアイヌは偽物」といった、
アイヌ協会側が、好んで収集する文言が飛び交っている。

差別の証拠として、政府に提出しているんですよ。



言葉は悪いですが。杉田水脈議員をエサとして使い、
支持者を誘き出している。欲しい言葉を引き出している。


勿論、それらは副次的な産物に過ぎず、目的は杉田潰しですが。





ベクトルを変えましょう。

そもそも、2016年のスイス・ジュネーブ。
当時は在野の杉田水脈女史は、国連まで何をしに行ったのか。


身銭を切って、女子差別撤廃委員会に乗り込み、
「慰安婦の強制連行はなかった」と訴えて来たんです。

国連の委員は、朝日新聞が誤報を認めたことすら知らなかったので。
そして、この時、多原良子や在日コリアンの女性から目を付けられます。


チョゴリとコスプレ、2016年撮影、国連の女子差別撤廃委、スイス 光野智子、糸数慶子、ZouXiaoqiao、阿部千里、多原良子、2016年撮影
(↑)委員会で敵対的な態度をとられた杉田議員が、合間を縫って撮影した写真




それでも成果は大きく、杉田水脈女史が動いた翌年……と云いますか、
半年後に、外務省の杉山晋輔審議官が国連に出向き、答弁を行いました。

 ↓↓↓


※長いですが、全文転載。面倒な場合は太字だけ読んで下さい。
政府の慰安婦「強制連行」答弁動かした民間の力
産経新聞 外交安保取材 2018/4/9 01:00


 政府は3月28日の衆院外務委員会で、自民党の杉田水脈(みお)氏(50)に対し、平成28年2月に行われた国連欧州本部(スイス・ジュネーブ)女子差別撤廃委員会の対日審査で慰安婦の「強制連行」などを否定した外務省・杉山晋輔外務審議官(当時、現駐米大使)の答弁が政府見解だと明確にした。杉山氏の答弁を引き出すきっかけを作ったのは、27年7月の国連での杉田氏らのスピーチだった。

 政府代表団として女子差別撤廃委員会に出席した杉山氏の答弁は、慰安婦の「強制連行」を裏付ける資料はなく、強制連行説は「慰安婦狩り」に関わったとする吉田清治氏(故人)による「捏造(ねつぞう)」で、朝日新聞が吉田氏の本を大きく報じたことが「国際社会にも大きな影響を与えた」という内容だった。朝日新聞が事実関係の誤りを認め、謝罪したことも説明した。

 「慰安婦20万人」についても朝日新聞が戦時中に労働力として動員された女子挺身隊と慰安婦を混同したことを認めたと述べた。


 伏線にあったのは前年の27年7月27日に国連で開かれた女子差別撤廃委員会準備会合だ。委員会メンバーと非政府組織(NGO)の対話の場である準備会合で、当時は衆院議員ではなかった杉田氏と、民間団体「なでしこアクション」の山本優美子代表が慰安婦の真実を語った。その内容は委員たちが聞いたことのない話だった。


 杉田氏はフランス語で約2分間、次のように訴えた。

 「『女性たちを狩り出して連行した』という話は吉田清治という作家のでっち上げが基となっている。朝日新聞はこの作り話を歴史的な証拠として32年間の長きにわたり、国際的に日本の名誉をおとしめる報道をし続けた」

 「しかし、26年8月、朝日新聞が吉田の証言が全くの虚偽であったことを認め、それを記事として周知した。現在、世界中で日本は女性を性奴隷にしたと思われており、それはナチス・ドイツのホロコーストに匹敵する重大な犯罪だと宣伝されている。これは全く事実無根であることを私は大きな声で断言する」



 続いて山本氏が英語でスピーチした。

 「日本の戦争関係の請求・賠償は国際条約で解決済みだ。それにも関わらず、いまだに人権関連委員会の多くは日本に謝罪と賠償を求めている。これが日本の名誉を傷つける政治的キャンペーンにつながり、日本人に対する人権侵害が起こっている」



 強制連行を否定する2人のスピーチに、委員からは「自分たちが知っている慰安婦問題とは異なる意見だ」との声があがった。「初めて聞いた」と話す委員もいた。

 その後、女子差別撤廃委員会は日本政府に追加質問した。「委員会は(慰安婦が)強制的に連行されたことを裏付ける証拠はないとの最近の声明を把握した。この情報についてのコメントを」との要求があり、杉山氏の答弁につながった。


 筆者は当時、ジュネーブで女子差別撤廃委員会を取材し、28年2月17日付の産経新聞朝刊1面トップで「強制連行説は『捏造』」「20万人、朝日が混同」との見出しで掲載した。杉山氏の答弁に関しては「日本政府が国連を舞台として歴史戦で反転攻勢に出たことは、遅きに失した感があるものの評価できる」と書いた。

 今でも杉山氏が表明した日本政府の見解は評価する。しかし、強制連行説や20万人説が国際社会に広がった責任を政府が朝日新聞になすりつけた感は否めない。日本政府がかつて展開した謝罪外交は朝日新聞の主張と軌を一にしていたと思われても仕方ないほどだったからだ。


 ここ数年、民間から慰安婦問題などに関して国連で日本をおとしめる動きに歯止めをかけようとする動きが活発化した。「日本のために」との思いを持つ多くの人たちの努力で、日本政府の国連での対応も変わってきた。

 しかし、慰安婦をめぐる誤った解釈は事実として国際社会で受け止められている。こうした状況の根本にあるのは、慰安婦募集の強制性を認めた5年の河野洋平官房長談話だ。複数の日本政府関係者も「元凶は河野談話」と証言する。

 政府が一朝一夕に河野談話を破棄することはないだろう。それでも、談話破棄につながるように国内外の環境を作ることは不可能ではない。杉山氏が答弁した日本政府の見解は、民間の取り組みがなければ引き出せなかった。政府を突き動かすような動きが民間からもっと出てくることに期待したい。 

(政治部 田北真樹子)
https://www.sankei.com/article/20180409-7GNC5JVXGBMZXCDNHVMIV4SWS4/








……杉田水脈議員は、損得勘定で動く御仁ではありません。
政治の世界で生き抜くために必須の、所謂“腹芸”が得意ではない。


それが逆に、左翼陣営の目には脅威と映るのでしょう。
防御を捨てて、自分達の陣地に、真っ直ぐ斬り込んでくるので。

保身に走らない人間は、既得権益層から見ると恐ろしいものです。
交渉によって、動きを封じることが出来ない相手ということですから。



議員ご自身に対する殺害予告や、お嬢様を狙った脅迫文が届くなど、
悪質な人権侵害に遭っており、何らかの対策が必要なのは明らかですが。

取り敢えず、私達が為すべきは、①杉田水脈議員の功績を世間に伝えること
そして、それが故に、②日本人を貶めたい人々から、執拗に狙われていること


上記の二点を、重点的に拡散して下さい。
杉田水脈議員に対する濡れ衣は、私たち日本人に対する濡れ衣です。




2023/10/22  不破 慈(曾祖母がアイヌ)  ※2024/1/16、X投稿埋込

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

慰安婦問題で、杉田議員は「そういう女性は嘘を吐く」と発言したのでしたね。
実際、発言の度に年齢が変わる老女がいて。後に「知人の話だ」と証言を変えた。

朝日新聞の誤報だけでなく、ハーバード大学のラムザイヤー博士の論文や、
戦場ジャーナリストのマイケル・ヨン氏のレポートを引き合いに出すのも良い。
韓国側にも、李栄薫博士を始めとして、慰安婦の嘘と戦う誇り高い学者がいます。

[タグ未指定]
[ 2023/10/22 13:52 ] アイヌ利権問題 -1.アイヌ・IR利権 | TB(0) | CM(12)

性犯罪:日本では軽犯罪が多く、重犯罪は少ない

満員電車での痴漢は多いのに、
夜道は一人で歩けるパラドックス。




……前回、プロアイヌによる海外での日本叩きを紹介したので。
今回は寄り道して、過激派フェミニストによる日本叩きに関して。

記事タイトルに記した通りです。日本における性犯罪は、
電車内での痴漢行為などの軽犯罪が多い傾向にあり、
逆に、海外では強姦などの重犯罪が多いんです。



「性犯罪は暗数が多い。実態は不明だ」と返されそうですが。
本当に強姦などの重犯罪が多かったら、夜道を一人で歩けません

図らずも、女性による無防備な行動が、日本の安全性を証明しています。


……最近は、日中でも女性が一人で歩けない地域がありますけど(↓)
https://twitter.com/clover189437/status/1712005743417966841





ただ、電車内の痴漢が、日本特有の現象であるのは事実なんですよ。
 ↓↓↓

原田隆之、入門犯罪心理学、ちくま新書1116、20150310  ※引用

実は世界中でこんなに痴漢事件が発生しているのは日本くらいのものであり、まさに日本特有の犯罪だと言ってよい。その最大の理由は、満員電車である。これだけの満員電車で毎日膨大な数の人々が通勤する社会は、世界中見渡してもほかにないからである。

 しかし、このような物理的な理由だけではない。西洋と比較して、日本の女性がおとなしく、被害に遭っても声を上げにくいことや、男性の攻撃性が比較的低いことなども理由として挙げられるかもしれない。欧米諸国では、性犯罪と言えば、強姦などの暴力的性犯罪や小児性愛などが多い。
※入門 犯罪心理学[p71-72]原田隆之/ちくま新書1116/2015.3.10





……要は、毎朝毎朝、民族大移動が如き通勤ラッシュを、
全国規模で引き起こしているのは、日本一国だけということ。

世界中から絶賛されている、あの鉄道網ですよ。発着時刻の正確さ。
それが徒となり、犯罪の温床となっています。「木を隠すなら森」


こういった日本特有の事情があるにも関わらず、世界に向けて
「日本は痴漢大国だ」「性犯罪大国だ」なんて発信したら?

海外の人は、勘違いしますよね。世界一の治安を誇る国なのに。




そして、困ったことに、既に弊害が出ているんです。
豪ダーウィン在住の、Sachiさんのノートから。
※下線・太字は引用者に依ります。
 ↓↓↓

日本女性が狙われている その1
2023年5月31日 22:09

とうとう恐れていたことが現実に。。。オーストラリアで日本女性を狙った性犯罪が多発しているとの通告が外務省から届きました。
(中略)
今回シドニー領事官からの通達には『ワーキングホリデー制度で豪州を訪れる邦人女性をターゲットにした性被害が連続発生しています』とありました。日本の外務省がこれほどはっきり警告するのは珍しい。。


日本女性が狙われていると言うのには明確な理由があるのだろうと思います。

そもそも日本人はそもそもノーと言えないと言う国民性があり、これは海外のビジネス界ではよく知られた話。「日本のビジネスマンが発する『検討します』は信用するな、明白なお断りだ」等と豪州のセミナーでは教えられます。ビジネスの世界では取引をしたいですから日本側のこのあいまいな態度に配慮してくれますが、性犯罪者はそうはいかない、ノーと言えない日本人女性は狙いやすい獲物です。

そうしてまた日本人によくみられる「よその国で迷惑を掛けたくない」「私さえ我慢すれば、、、」と言う事を荒立てたくない性質も、性犯罪を告発する妨げになり、日本女性は性犯罪ターゲットとしては最適になっている事は容易に予想されます。

これ以外にも日本女性をターゲットにするような要因がいくつかあります。


まずは古い所から。豪州に住んでいて、日本女性に関しては大きな誤解をされているなと感じる事は多々あるのですが、その犯人は毎日新聞が配信していたWAIWAI 記事でした。2001年から7年間にもわたって「日本女性は変態、性的に奔放」等などの荒唐無稽な記事をあの毎日新聞が英語版で発信していたのです。この影響は本当に大きかった。

そして次にやって来たのが、2018年ジャーナリストの伊藤詩織さんがイギリスのBBCドキュメンタリーで発言した「If you grew up in Japan, everyone has experienced sexual assault」に続く、日本は犯罪者天国と思わせるような報道内容、、、これでは海外の変態予備軍を呼び込む!と恐怖し抗議しました。


誤解してもらいたくないのは、日本の性犯罪を世界に隠そうとしているのではありませんし、日本に痴漢などの性犯罪が多いことも否定していません。ただ伝えるなら最低限、犯罪者を呼込まないように、そしてできる事なら問題解決につながるような方法で世界に伝えて欲しいと願っての抗議です。

伊藤詩織さんが涙を流しながら「日本で生まれ育ったら女性は日々性暴行(強姦)されていて、でも通報しても何も変わらないとあきらめてしまっている」とBBCと言う世界的に権威も影響力もあるメディアで発信するのは大変なインパクトがあり、海外に住む日本女性は格好のターゲットととなり、また性犯罪予備軍が日本女性と言うターゲットを狙って日本を目指すだろうと予想していましたが、どちらも現実のものとなりつつあります。

※全文⇒ https://note.com/sachi_darwin/n/n2e6c8aa14628





……人を騙したければ、嘘を八百も並べる必要はないんです。
寧ろ、重要な情報を隠すほうが効果的。つまりは偏向報道ですね。

一部を確認し、それが事実であれば、以降は囲い込みが可能になります。
「この発信者の情報は真実」というバイアスに基づいた思考・判断になる。

ここまでくれば、手玉に取るのは簡単です。心霊商売の手口と同じですよ。




2023/10/15  不破 慈(曾祖母がアイヌ)  ※アップ当日、末尾一文削除

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

弱者・被害者の立ち位置で、世界的なデビューを果たした筈の女性が、
性犯罪者を呼び込む「拡声器」と化し、被害女性を「再生産」しています。

[タグ未指定]
[ 2023/10/15 13:27 ] 保守活動 -7.LGBT・フェミニズム・DV | TB(0) | CM(1)

海外では、北海道開拓史がアイヌ虐殺史として喧伝

海外では、北海道開拓史が
虐殺史として喧伝されている。



ミュリエル・ジョリヴェ著、鳥取絹子訳、日本最後のシャーマンたち、草思社20230216 ※引用(漢数字→アラビア数字)

北海道のインフラの裏側……
「北海道が近代化したのは、アイヌ人の労働者だけでなく、中国人や朝鮮人のおかげなんですよ。中国人や朝鮮人で逃げようとした人たちは、生き埋めにされていました。はい、本当に『生き埋め』です、仲間に見せしめにされたんです! 父は何人か助け、馬ゾリのなかにかくまっていました。もちろん、命がけでした。
 (中略)
父はあまりに早く56歳で亡くなりましたけど、200人は助けたはずだと言っていましたね。しつこいですけど、逃げようとした人は生き埋めにされたんですよ。中国から遺骨を探しに来た人もいます……」
※日本最後のシャーマンたち[p291-292]草思社2023.2.16
 著者:ミュリエル・ジョリヴェ/訳者:鳥取絹子




……上記はアシリ・レラの発言です。
ビッグ・マムとして有名なプロアイヌ。


海外向けのインタビューに答えた内容。



レラについては、「私が竜巻を起こしました」の発言でご存知の方も多いかと。
その竜巻のエピソードも、同書の著者へのインタビューの中に登場しました。
 ↓↓↓

※再度、引用(漢数字→アラビア数字)
つい最近、侵入者を追い払うのに竜巻を起こしました
「私たちは神さまと会話をしますけど、これはみんなできます。2018年8月16日のことでした。お祭りの最後を飾る祈りが行われる前の日、私は本当に怒っていたので、竜巻を起こしました。だってまるで関係のない人たちが来ていたんですよ。それは花火のようでしたけど、三倍は強かったですね。私の邪魔をした不届き者たちはその場を去らざるをえなかった。だって、テントが全部飛んでしまったからです。私は神さまにお任せしたんですけど、そのあと静かになってくださいとお願いしました……。でもやっぱりどう考えても、侵入者のテントだけが飛んだのは不思議ですね。
(後略)
※日本最後のシャーマンたち[p293-294]草思社2023.2.16
 著者:ミュリエル・ジョリヴェ/訳者:鳥取絹子






……「真に受ける人がいるの?」と考えるのが、一般的な日本人でしょう。
しかし、北海道開拓史が、海外で虐殺史として喧伝されているのは事実です。

以下は、以前にも拙宅記事で紹介した、砂澤陣さんの著書へのレビューですが。
 ↓↓↓

シンガポールでアイヌ差別? テニスおやじ
2016年9月25日に日本でレビュー済み
買う予定ですが、20年前、シンガポール大学の日本語の授業は恐るべきことに、日本人のサヨク教師の日本のアイヌ差別の人種問題と民族たいりつです。語学選択ですが、シンガポール人の日本語履修者に聞きました。シンガポール大学は東大以上の評価の大学です。こうしてあらゆるてを使い日本を貶め生きるのがさよくです。英語の初学者にインデアンの虐殺や白人による性病の蔓延を教える人はいないでしょう
(後略)
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3SF15YD2X6GAC/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4594075479

 GHQ側の記録、アイヌ弾圧などなかった (2017/02/09)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1712.html






……日本人は、先住民族を、先住猫・後住猫の感覚で捉えていますが。
海外では違います。弾圧・迫害・虐殺を受けた人々。事件の被害者ですね。

つまり、「我々が先に住んでいた」だけでは、先住民族の要件を満たせない。
新規住民と、穏やかに混交が進む場合もありますから。 例:縄文+渡来=弥生


だからこそ、プロアイヌは「和人に迫害を受けた」とバラ撒く必要に迫られます。
そうしないと、国際社会から「アイヌが先住民族」と認識して貰えないでしょう?





……ということは。裏を返せば、以下の構図が浮かび上がります(↓)


冤罪”を証明できれば、
日本から≪先住民族≫は消滅する。

 
プロアイヌから、“和人を告発する正当性”を奪うと同時に、
連中の不正を告発し、過去と現在から挟み撃ちにすれば好い。




ちなみに。過去から追い詰める側の陣営の花形は、文献史学です。

「言った・言わない」「やった・やらない」の次元の論争ですからね。
近世・近代と、時代が新しくなるほど、当時の記録(証言)は充実します。






……それでは、シャーマンの本の話に戻りますが。

アシリ・レラへのインタビューは、29頁に渡り掲載されています。
一部をご紹介しました。お金が勿体ないので、私は図書館で借りたんです。

価格は2,200円(+岡本税)。著者はベルギー生まれでフランス国籍の女性
1973年から日本在住です。現在、上智大学の名誉教授(フランス語学科)
日本の文化を研究しています。取り分け、スピリチュアリズム的なものを。


私は語学の才が皆無でして。邦訳されたものを、たまに拾うくらいなんです。
海外の詳細な報道内容を知りません。得意な方に担って頂けると助かります。

なお、著者自身に、反日の意図はないと思われます。その点はご了承下さい。




2023/10/01  不破 慈(曾祖母がアイヌ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

2016年、スイスのジュネーブで開かれた、国連の女子差別撤廃委員会。
当時は在野の杉田水脈女史は、アイヌが海外向けに日本を誣告する現場を目撃
以降、執拗に付け狙われています。委員会でも、攻撃的な態度を取られました。

発言を撤回し、ブログ記事も削除済だったというのに、今回の法務局騒ぎです。
申し立てたのが多原良子、最初に報じたのが道新という時点で、仕込み確定。

[タグ未指定]
[ 2023/10/01 14:01 ] アイヌ利権問題 -1.アイヌ・IR利権 | TB(0) | CM(6)
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。