二番目の山羊

北海道出身の父はアイヌクォーター、福島出身の母は「蝦夷のアベ」

TB:韓国の「春の花」は、桜ではありませんでした

今日は、他人様のブログ記事から。

拙宅のような飛沫ブログとは違い。とても有名な御仁です。
「シンシアリーさん」と言う韓国の方による、日本語のブログ。

で。韓国には、「親日」と称しつつ、
実質は単なる「用日」の方が多いのですが。
シンシアリーさんは違います。

親日云々は関係なく、その客観性と、
聡明さが滲み出る温厚なお人柄から、「人として」、私は尊敬しています。


で。
「桜は韓国起源!」と言うウリナラファンタジーは、当然、存じておりました。
が。昔から、韓国で愛されてきた春の花が、
「チョウセンレンギョウ」と「ジンダレ」である事。初めて知りました。

写真が掲載されています。是非、ご覧下さい。


シンシアリーのブログ
サイトURL:http://ameblo.jp/sincerelee/

韓国の「春の花」は、桜ではありませんでした
記事URL:http://ameblo.jp/sincerelee/entry-11814582792.html



綺麗ですよね?!





何故、韓国では、在日韓国人に、せっせと苗木を送らせ。
無理矢理に、桜並木を作ろうとするのでしょう?


「何故?」と問いつつ、「解えは出ている」のですが(汗)
「自信が無い」のです。 「劣等感塗れ」。

「上位の者」から、奪い取って、「自分に挿げ替えれば」。
「自信を得られると勘違い」している。

「上位の者」から、奪い取って、「地位を陥落」させてやれば。
「相対的に、自己評価を高められる」と勘違いしている。内外共に。

「盗品」は、所詮、「盗品」に過ぎません。
周りの誰が気付かずとも。 「自分がそれを知っている」のです。


こういう症例は、個人や家族単位では、珍しくも無いのですが。
「一民族・一国家」、と言う、巨大な単位に、どう対応すれば良いのか。
見当も付きませんが。 (ヘタに呼び掛ければ、撲殺の恐れ)





私が、この記事で言いたいのは。
何故、貴方の国の、美しい花々を愛さないの?!」 です。

何故、既に、「貴方の内にあるもの」を愛さないのですか?!
たとえ、今は未だ、それが貧相で小さなものであったとしても。
そこには、「可能性がある」。 育てれば良いのです。

今後、1000年に渡り。盗品で身を固め続けるのでしょうか?
小さくとも。弱くとも。 本物は、本物。 逆に、偽物は偽物です。


花が可哀想です。



2014/04/19  不破 慈

ブログランキング・にほんブログ村へ


「ジンダレ」とは、「ツツジ」ですか。
子供の頃、花を摘んで、よく蜜を吸いました。
甘いんですよね。 蝶々か蜜蜂になった気分(照笑)
関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/04/19 20:18 ] 社会問題 -2.文化・伝統・歴史 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。


ブログランキング・にほんブログ村へ



※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html