fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、ツイアカもFBアカも持っていません。 【 pixiv:5770560 】

英霊の聲:「などてすめろぎは人間となりたまひし」

「何故、天皇陛下は、
 人間となってしまわれたのですか?」



先の記事で出しましたが。 ヘンリー・S・ストークス氏の著書。
第3章に、「三島由紀夫が死を賭して問うたもの」と出て来ました。
(英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄/祥伝社新書/2013.12)


アタシ、小説は読まないんで。
理論学説書や、分析解析本、資料等、データとして構築に使えるものばかり。
三島さんに関しては、「何で自決?」だったのですが。

今を生きる、若い人になら。 その気持ちが伝わるでしょう。

三島さんは、命を賭けて、問うたのです。

「自衛隊の存在を否定している憲法、それを護らねばならない皮肉」
「日本の自衛隊は、実質、アメリカの傭兵である」

天皇陛下を、精神的支柱とする、我が日本の「国体」。
それが、悉く破壊されたしまったと。日本が、日本ではなくなってしまったと。

そう、叫んでいたのです。





手段が正しかった、とは、思いません。
自らが割腹しただけでなく。他者をも傷付けてしまいました。

「手段」は間違っていました。でも、その「想い」は、本物でした。
とても純粋で、崇高な、熱い志でした。

では、何故、「手段」を間違ってしまったか。
彼の目には、「英霊」が映っていたんです。

心霊現象的な事を申し上げているのではありません。
戦争を知らず、戦後の教育を受けて育った、自衛隊の若者に。
「国体を護らん」と散っていった、「英霊の姿」を重ねていたのです。

「何故、解ってくれないんだ」
「日本が、日本ではなくなってしまう」
「アメリカの属国になってしまう」
「肉体の生命は、永らえても。日本の魂が、死んでしまう」





これをそのまま、叫んでも。
極々少数の若者にしか、届かなかったでしょう。

日本を想うあまり。散っていった英霊を想うあまり。
「今を生きる」人々が。見えなくなってしまったのでしょう。

戦後、それまでとは全く違う教育を受けた人々には。
段階を追って、解り易く説明する必要がありました。

「今」を変えたいと願うなら。
「今」を生きる人々を見て、共に行かなければなりません。


もう少し、私達を見て欲しかった。
もう少しだけ、待っていて欲しかった。

たかだか、数十年です。長い歴史を思えば、取るに足りない。
世界随一の。歴史と伝統・文化を誇る我が国が。
「日本の魂」が、一時の占領政策で、喪われるはずが無いのです。

地下水のように、脈々と受け継がれて来ました。
70年。再び、桜は芽吹きました。





何故、今を共に生きて。
私達を、導いて下さらなかったのですか?




 皇紀2674年4月29日
 第124代・昭和天皇のお生まれになった日に   不破 慈


  ブログランキング・にほんブログ村へ

※ランキングボタン、入れ替えました。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/04/29 15:42 ] 保守活動 -6.文化・歴史 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。

父方の祖母は陸奥源氏、福島の母方は東北の蝦夷(安倍氏)。私自身は神奈川県横浜市で生まれ育ちました。


※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 アイヌDE狂歌[5]
 アイヌDE狂歌[4]
 アイヌDE狂歌[3]
 アイヌDE狂歌[2]
 アイヌDE狂歌[1]

 ◆強姦説について
 ◆在ヌ論について
 ◆篠原常一郎について
 ◆チャンネル桜について
 ◆北方領土について
 ◆古谷経衡について


ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。