二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? 旧土人保護法にそんな条項は存在しません。道庁のHPで全文を確認できます。

【渡航注意】韓国では、3年の船員勤めで兵役が免除される

沈没船事故、収束どころか、事態は悪化し続けています。
が。そう言えば、ゴールデンウィークでしたね……。気になりました。

「こんな状態で、GW中、韓国に行く人が居るのか……?」と。

でも……。奈良の「智弁学園」は、
やっぱり「土下座旅行」を決行するんですよね……。

もっと色々、調べてから、と思ったのですが。
やっぱり、韓国船の危険性を、早く周知しないとダメですね。


あのですね。表題の通りです。
韓国では、3年の船員就労で、兵役が免除されます。
つまり。「兵役逃れ」の為に、船舶業界に就職する者が多い、と言う事。

2chや、そのまとめサイトをチェックしている方なら、既にご存知かと。


【論説】とある海技士から見た韓国海事
ttp://now2chblog.blog55.fc2.com/blog-entry-13506.html


で。これ以外にも、色々と調べて下さった方がいらして。





今回の船、「過積載」が問題になってますよね?
まるで、「東南アジアの発展途上国のようだ」と。

それ以前に、「鉄くず」として、スクラップ品購入したフェリーを、
重心(バランス)を無視して、増改築を行い、転覆し易くしてしまっていましたが。


が。確かに、韓国では、発展途上国のように、トラックでも何でも、
山のように荷を積み上げ、最大積載量を無視して走り回ってます。
※ネットで見掛けました。ハングルが見えたので、韓国の画像に間違いないと。


でも、東南アジア諸国では、
韓国のように、頻繁に海難事故を起こしていません。

どうも、「日本式の船員教育」が行われているようです。
「日本郵船」や、「商船三井」が、現地で海洋大学を運営しているんです。





勿論、日本は、中国のように、
「資本を注ぎ込み、自国民の雇用を生み出す」のではなく。
「資本を出し、一部管理者として日本人を派遣し。現地で雇用」。

東南アジア諸国で、現地企業と合弁するだけでなく。
「人材を育てて」いるんです。

日本のODAなんかが、歓迎される点はそこです。
「現地で雇用を生み出し、人材を育成する」。

「紐付き援助」、等と、揶揄する方がいますが。
「人材育成」と、「日本の高い技術」を提供する為には、必要な事です。


「お金だけ」をバラ撒いていたのでは、いつまで経っても、自立出来ません。
「国を発展」させる為に。 一番、重要なのは、「教育」なんです。

日本の経済支援は、「資本を提供し、インフラを整備し。人材を育成」する。
そうして、その国の発展に、力添えをするものです。

そうして出来上がった、経済的繋がりは、国家間の関係維持にも重要です。
経済活動とは、人々の暮らし、そのもの。 「人と人とが繋がる」支援なんです。





話が逸れてしまいましたが。

日本が韓国を統治していた時代。
我が国は、韓国に大学を設立し、日本式の高い教育を普及させました。

が。「日帝時代は全て悪い」。 悉くが、反日・抗日の国ですからね……。
「世界で通用する、日本式の高い教育」など、欠片も残っていないでしょう。

韓国には、「海洋大学」しか無いそうです。「商船大学」が無い。

その「海洋大学」も、前身は、日本統治下の、
船員養成学校なのですが……、今回の事故を見る限り……。

「海の勉強」はしていても、
「操船」に付いては「ケンチャンナヨ」、なのでしょうね……。


と、言うより。その「韓国海洋大学」。
どうも、「海軍予備兵」を育成する学校のようです。
それで、「兵役免除」になるのですね……。


って、日本の自衛隊なら、きちんと救助訓練もしてますよ?!
更に、日本の商船大学生は、自衛隊顔負けの厳しい教練を受けているそうです。





沈没したセウォル号の船長(正確には代理)。
上にポロシャツだかTシャツだか一枚と、パンツ一丁で転げ出て来たそうですが。
フィリピン人歌手2名が、付近で救助されたそうで。

韓国には、「外国人労働者」に対し、「芸能枠」が設けられています。
……その「芸能枠」、実際のところは……。



2014/04/30  不破 慈


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村     ※応援、ヨロシクお願いします m(_ _;)m


【私信】
ご親切に、色々と教えて下さって、ありがとうございました!
こんなに詳しく、正確な情報を……! 感謝、感謝です。
本当に、ありがとうございます。勉強になりました。

陸なら未だしも、船で過積載、なんて……。大惨事になる筈です。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/04/30 18:43 ] 社会問題 -1.政治・経済・軍事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html