fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、ツイアカもFBアカも持っていません。 【 pixiv:5770560 】

Session.1 黄泉返る『わたし』

女性性を受け入れ、人生をやり直したい。

願う事はそれだけ。ずっと自分を『俺』って呼んでた。
男の人より漢(おとこ)らしかった。腕力では敵わずとも、気構えでは負ける気がしなかった。

でも、身体は段々とおかしくなっていった。それもその筈、私は女性としての肉体を心底憎んでた。胸を抉ってやりたかった。腹を裂いて、子宮と卵巣を引き摺りだしてやりたかった。業火のような殺意を自分に向け続けた。子供の頃からずっとずっと。

母は、私から女性としての権利を全て奪った。にも関わらず、世間から「良いお嬢さんね」と褒められる行いを強要した。私は奴隷だった。母は絶対だったのだ。

人より大きな胸の私に、ブラジャーは与えて貰えなかった。実家を出て、一人暮らしを始めて、やっと買う事が出来た。25歳になる一ヶ月前の事。母が恐くて買えなかった。幼い頃から、繰り返し繰り返し、鬼の様な顔で私に言い含めた。「あんなチャラチャラした物!」

ジーパンも履いた事が無かった。ニットのセーターも。幼い頃から、母が私に着る事を許してくれたのは、実際以上に太って見えるブカブカの服だけ。母の前に、ニットとジーパンという出で立ちで現れた時、こう睨まれた。「お前、厭らしい格好、すんなよな」。

一通り説明を終えると、ヒプノセラピー(催眠療法)の先生は仰った。
「虐待だね」
そして先生は、再度私に尋ねられた。
「お母さんから精神的に分離しなきゃ。でもそれには慈ちゃんの強い決意が必要だよ。頑張れる?」
「はい! 絶対に女に戻ります! 揺らぎません!」

先生の言葉に導かれ、私は心の奥底へと旅に出る。
生まれたばかりの私がいる。抱き上げる。語り掛ける。
「貴女は女の子よ。女の子なの。そのままで良いの。私が守ってあげる」

身体が温まってくる。指先から爪先まで、血が廻るのを感じる。
目を開くと、一度見た筈の室内がさっきとは違って見えた。
輪郭がはっきりしている。色彩も鮮やか。

「???」

目に映る世界も、全身の感覚もまるで違う。生まれ変わったの? 新しい私?

「慈ちゃんはとても強い心を持っているから」先生は仰った。

生まれ変わるには、『決断』が必要なのだと。私が決断したから変われたのだと。

もう自分を『俺』なんて呼ばない。これからは『私(あたし)』。
先生と約束した。


2012/04/25 慈
前日に受けたセラピーの模様です。


関連記事

[タグ未指定]
[ 2012/04/25 03:49 ] スピリチュアル考 | TB(0) | CM(1)
良かったね!あせらず1歩!1歩!進んでください。
[ 2012/04/26 12:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。

父方の祖母は陸奥源氏、福島の母方は東北の蝦夷(安倍氏)。私自身は神奈川県横浜市で生まれ育ちました。


※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 アイヌDE狂歌[5]
 アイヌDE狂歌[4]
 アイヌDE狂歌[3]
 アイヌDE狂歌[2]
 アイヌDE狂歌[1]

 ◆強姦説について
 ◆在ヌ論について
 ◆篠原常一郎について
 ◆チャンネル桜について
 ◆北方領土について
 ◆古谷経衡について


ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。