二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? そもそも旧土人保護法には、婚姻に関する条項自体が存在しません。

【安倍総理の外交戦略】 歴史問題を輸出する国に対抗!

何か……。もう……。
中国がとんでもない暴挙を立て続けにやらかしてくれてますが。
いよいよ、中「共」、最期の足掻きに入ったか?

  笑い事では無いにも関わらず、悠然と構えちゃってる ふわふわです。
  空気を読む気が相変わらずありません。 そもそも、その「能力」が無いw
  ※この記事も、相変わらず長いです。



タイで軍事クーデター、起きましたね。
まぁ、攻撃を受けたのは、ご周知の通り、親中の政権ですけどね。

タイって、軍隊は王様の持ち物なんですね。
兵隊さんも、国王様には、忠誠を誓っているのでしょう。

どちらが「民意」を反映しているのでしょうねw





ベトナムも我慢の限界では無いでしょうか?  ※中共、海賊より酷い…!
中国は、企業進出しても、現地には何も還元しません。
現地人は、雇用しないんですよね。 したとして、奴隷扱いです。

同じ東アジア人なので。 日系企業も、攻撃されそうになりました。
一見、区別が付きませんからね。

でも、ベトナム人の従業員さんが出て行って、
「ここは我々をちゃんと雇ってくれている、日本企業だよ」と説明すると。
引き上げて行ったそうです。 台湾企業も、この流れですね。


あ~……、フィリピンもマレーシアも。 ただ、
マレーシアは華僑の勢力が強いんですよね。お金を持ってるんです。

でも、マレーシアはイスラム教国。 中東との結び付きも強い。
中東のイスラム圏、親日国が多いです。   ……。 「奪れる」かな?





そんなこんなの状態で、
「ASEAN諸国が大変なのに、アメリカは声明を出しただけ。
 米軍は一切、行動を起こしていないじゃないか」、との懸念の声が。


当たり前じゃん。 金、無いもん。


「ハッタリ」ですよ、「ハッタリ」。 チンピラ相手には、効果的。
ハッタリもかませないなら、瞬時に喉を喰い千切られます。

別に、米軍が腰抜けなワケでも何でもありません。
金が無きゃ、軍隊は動かせない。 道理です。

まぁ、「核」は持ってますが。 
アレは基本、「使ったら、俺達だけでなく、お前達も滅ぶんだぞ」、と言う抑止力。



だから、「その場凌ぎ」の、「時間稼ぎ」なんですよ。
 → 【中国牽制】米軍が時間稼ぎを…… (2014/05/11)





んで……。 ちょいっと、面白い記事を見付けたんで。
毎度お馴染み、産経系さん、ZAKZAKより。


【視線】 ロンドンは日本を待っている?
英国にジャパン・ブランドの戦略拠点を
 (2014.05.26)
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140526/frn1405261440007-n1.htm


「は? 何でいきなりイギリスの話?」 まぁ、そう言わずに。
先にタネを明かしては、「マジック」になりませんでせう? (*^^*)


※記事にお目を通して下さい。重要なキーワードがチラホラ。


日本の鉄道会社を、イギリスが歓迎してくれているとの事。
その他、原子力発電の技術も望まれている。

ただ、このロンドンでも、
中共が反日キャンペーンに勤しんでいる
ご様子です。


ここで、「ああ……、ここでも中国が……」と気落ちされる方。


ちっちっちっ。 暗い顔してっと、肌がくすみますぜ?( ̄∀ ̄)


よく考えてみて下さい。
中共が持ち込んでいるのは、「歴史問題」。
日本が持ち込んでいるのは、鉄道を始めとする、「高いインフラ技術」。


「ロンドンっ子の心」が傾くのは。 果たして、どちらでしょう?





皆さん、イギリスの位置は、何処かご存知ですよね?
北半球の、ちょうど、日本の裏側辺りです。

そして、大西洋を進み、コロンブスはアメリカに到達しました。
アメリカから、太平洋の荒波を越えると、日本です。

地球を、半周しました。


日本と、イギリスの間には?  広いユーラシア大陸。

多種多様な国家・民族・文化圏が混在しています。
大きく、ロシアが横たわっていますね?

我が日本国。 一応、アメリカ側に組していますが。
ロシアとの関係は、悪くない。 プーチンさんは、安倍総理、好きでしょう。


直ぐ隣に、クソ喧しいチンピラが居るので、気を取られがちですが。


他のアジア諸国は、どうですか?

中東のイスラム圏。 前述の通り、親日国が多いです。

欧州は?  言うまでもありません。西側陣営。



地球儀外交ですよ。



安倍総理、超★楽しいっっっ♪♪♪





左派が喧しいですからね~。 大っぴらに説明出来ませんよね~。
日本の左派、って、凄いですよね。 中国と韓国の事しか考えない。


左派だろうが、右派だろうが。
日本の政党なんです、日本の為に働いて下さい。



ましてや。 「血税」から、
年間2000万も貰ってる国会議員の「先生」なら、尚更。


隣国の為に働きたいなら、
隣国から政治資金を調達して下さい。






ただ、安倍総理、
「国内産業振興」に絡む、
経済政策はどう見ても苦手な気が……!



そこ、つけ込まれてますよね。  (←断言)


国家安全保障絡め、外交戦略は、
視野も大きいし、最っ高なんだけどな……!




で。良い意味でも、悪い意味でも、やっぱ「日本人」で。
小泉政権下で駆け上がって、頭角を現しましたから。

「世話になった人間」は、心情的に切り捨てられないのかな?
「一次内閣」の失敗が、まさにそれ。 今の総理は、以前とは全然 違うけど。


小泉元首相は、
明確に「反原発」で、対極に立たれましたが。
竹中平蔵さんは、
「名目保守」の立場で、色々やってますからね。



豊かになったのは、
日本「国民」ではなく、
竹中さんの「パソナグループ」です。






経済、どうしたモンでしょうね?
アタシに出来るのは、複式簿記・会計の基礎の説明ぐらいですよ。
それを知るだけでも、メディアのおかしさに気付けると思いますが。


三橋貴明先生の本はおススメです。
三橋先生の本、読んで、初めて、
高校で学んで来た 簿記や経済と、「現状」が結び付きました。


アタシが高卒だからでも、頭が悪かったワケでも何でも無かった。

基本を無視した、「机上の経済学」が溢れ返ってただけです。





さあさあ、日本はピンチですねぇ。  何故、ピンチなのですか?
「能力がある」のに、「何もしないから」ではないですか?!


「仲間」を増やしましょう。 「地球儀外交」です。


どうしたって、外交で遅れを取り易い日本。
なら。 「外交が強い国」と、結び付きを強めましょう。



日本人は、「ガチンコ勝負」に弱いだけです。

高い技術力。 魅力溢れるコンテンツ。
2000年と云う永い歴史を彩る、多様な文化。


「日本と云うパートナーを、失いたくない」、
各国に、そう思って貰えれば。 勝てます。






歴史問題でゴリ押すばかりの
「押し掛け女房」には、到底、不可能です。




2014/05/27  不破 慈


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村     ※応援、ヨロシクお願いします m(_ _;)m



世界を日本に惹き付けろ!





【余談:1】

中国とロシアの、合同軍事演習?
プーチンさんが、キンペーさんを本気で相手するワケないじゃないですか……。

「機」に乗じて、絶対、「奪る」つもりだとw

「凍らない港」が手に入ったら、
「北方領土返還」、何等かの進展を得られるんですかね?


ま、コレは大雑把なアタシの希望観測です。


【余談:2】

しつこく繰り返しますが、誤解しないで下さいね?
米軍(国防総省)が腰抜けなワケではありません。
軍資金も無いのに、兵を戦にブチ込むなど、「文民の暴挙」です。

アメリカは、もう、お金が無いんです。
元々、財政が傾き掛けていたところに、
オバマ大統領の「借金してバラ撒き福祉」政策により、完全にガタが来た。

そもそもの段階で、
世界随一の純資産国である、日本とは違います。


やっと、議員さん方も、中国の危険性を理解して下さったようで。

※ZAKZAKより
【あめりかノート】 融和策に限界
「中国はやはり敵」 硬化するワシントンの対中姿勢
 (2014.05.26)
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140526/frn1405261531006-n1.htm


「背信行為を平気で働く」、と知っていたからこそ、
二次大戦の時、欧米列強は中国を抱き込んだのでしょうが。
 → 石油が出ても、米軍は中国に鞍替えない… (2014/05/19)





ドイツのビスマルク、有名な言葉です。

賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ。

ならば、「歴史」に目を開いた時。
国も 人間も、生まれ変われます。


関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/05/27 20:55 ] 社会問題 -1.政治・経済・軍事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html