二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? そもそも旧土人保護法には、婚姻に関する条項自体が存在しません。

日本人はかつて美しかった (マレーシア、ノンチック氏)

ラジャ・ダト・ノンチック氏。
マレーシアの方です。 戦時中、日本に留学経験があり、
東南アジア諸国連合(ASEAN)創設に携わった御仁だそうです。

ノンチック氏のインタビューを纏めた著書の冒頭に掲げられた詩です。
私は、田母神さんの著書で、この詩を知りました。

怒られないと思うんで。 ご紹介します。





かつて 日本人は
清らかで美しかった
かつて 日本人は親切でこころ豊かだった
アジアの国の誰にでも
自分のことのように一生懸命つくしてくれた



 何千万人もの 人のなかには
 少しは 変な人もいたし
 おこりんぼや わがままな人もいた
 自分の考えを おしつけて
 いばってばかりいる人だって
 いなかったわけじゃない



 でも その頃の日本人は
 そんな少しの いやなことや
 不愉快さを超えて
 おおらかで まじめで
 希望にみちて明るかった



戦後の日本人は
自分たち日本人のことを
悪者だと思いこまされた
学校でも ジャーナリズムも
そうだとしか教えなかったから
まじめに
自分たちの父祖や先輩は
悪いことばかりした残酷無情な
ひどい人たちだったと 思っているようだ



 だから アジアの国に行ったら
 ひたすら ぺこぺこあやまって
 私たちはそんなことはいたしませんと
 言えばよいと思っている



 そのくせ 経済力がついてきて
 技術が向上してくると
 自分の国や自分までが
 えらいと思うようになってきて
 うわべや 口先では
 済まなかった 悪かったといいながら
 ひとりよがりの
 自分本位の えらそうな態度をする
 そんな
 今の日本人が 心配だ



ほんとうに どうなっちまったんだろう
日本人は そんなはずじゃなかったのに
本当の日本人を知っているわたしたちは
今は いつも 歯がゆくて
くやしい思いがする



 自分のことや
 自分の会社の利益のことばかり考えて
 こせこせと
 身勝手な行動ばかりしている
 ヒョロヒョロの日本人は
 これが本当の日本人なのだろうか



自分たちだけで 集まっては
自分たちだけの 楽しみや
ぜいたくに ふけりながら
自分がお世話になって住んでいる
自分の会社が仕事をしている
その国と 国民のことを
さげすんだ眼でみたり
バカにしたりする



こんな ひとたちと
本当に仲よくしていけるだろうか
どうして
どうして日本人は
こんなになってしまったんだ




一九八九年四月 クアラルンプールにて



  自らの身は顧みず(田母神俊雄/2008年、WAC出版)より







私は、構いませんよ。
誰に嫌われても。

中国だろうが。 韓国だろうが。
「9条信者」だろうが。 「お花畑」だろうが。

果ては、欧米社会から
「ジャップ!」と謗りを受けたとて、一向に構いません。


この「美しい人々」と、「共に、生き」ます。


どんな知略も、軍略も、戦略も。
躊躇う事なく、「行使」します。


「八方美人」は、目も当てられないほど、醜いです。



2014/06/18  不破 慈


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村     ※応援、ヨロシクお願いします m(_ _;)m
関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/06/18 21:42 ] 社会問題 -2.文化・伝統・歴史 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※自己紹介の代わりに ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1725.html