二番目の山羊

北海道出身の父はアイヌクォーター、福島出身の母は「蝦夷のアベ」

#PrayForGAZA 「穏健派」のアラファト議長、その真実とは?

続きです。
#PrayForGAZA PrayForPalestine, PrayForIsrael. NoWar, NoHamas!


現地の土田英理也さんによると、
過激派の「ハマス」と云う勢力が、
パレスチナとイスラエルの対立を煽っている、と。

この「ハマス」。
アラファト議長が直接、率いていた勢力では無いそうです。





米リベラル・民主党の、クリントン政権時代。
イスラエルとパレスチナは、
和平交渉に向けて歴史的な一歩を踏み出しました。

ラビン首相とアラファト議長の握手。
感動的でしたね。


が。直後。 ラビン首相が暗殺されてしまいます。

お二人は、ノーベル平和賞も受賞されました。
最近では、オバマ大統領も受賞されています。

 申し訳ないですが、少々、リップサービス的な賞ですね。
 平和賞に関しては。 演出的な意図を感じる。



ラビン首相の死後、和平交渉は難航しました。





そうこうする中、
シャロン氏(後の首相)が、イスラムの聖地に無断で立ち入り。

対立は激化、双方の溝は深まり、
「穏健派」のアラファト議長は孤立します。


支持を失った「穏健派の議長」では交渉が進まないとして、
欧米諸国が後任を立てようとします。

が。アラファト議長は拒否します。


そして、シャロン首相は、
アラファト議長に、強烈な「NO!」を突き付け。

「和平交渉が進まないのは、アラファトの責任」として、
全ての陣営から、その地位を追われ、
イスラエル軍に幽閉された後、亡くなりました。


「穏健派の議長」を喪った今。
パレスチナは、どうなっていますか?






私は、ラビン首相と、アラファト議長を信じます。



2014/07/14  不破 慈


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村     ※応援、ヨロシクお願いします m(_ _;)m


#PrayForGAZA
Pray For Palestine, Pray For Israel.
No War, No Hamas!
関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/07/14 10:00 ] 社会問題 -1.政治・経済・軍事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。


ブログランキング・にほんブログ村へ



※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html