二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

北海道出身の父はアイヌクォーター、福島出身の母は「蝦夷のアベ」

真面目に鰤考 ~ジゼル・ジュエル~ 劣等感の泥沼

すっかりお休み中の、「今週の鰤言。」
今回は久しぶりに鰤考として、ジジ君の分析をお届けします。

あ、ネタバレ含みます。


初めに言っとくと。
一瞬、「性同一性障害って事?」と思ったんですが。

……違いますね。

だからこそ、師匠は、ゆみちーに
「セ〇〇キ臭い」って言葉で、「におわせ」たんだと思いますが。





ゆみちーって、一見、ナルシスト扱い受けそうですが(笑)

自分単独の世界に酔う人間では無いんですよね。
他者の美学に、敬意を払える男です。

「中身(精神・魂)が女」だったら、そんな言い方、しないと思う。


で。今週。  (掲載順がっっっ!)
バンビちゃんに対する「仕打ち」。

「男として」、女を虐げる「恍惚」なんですよ。
「女として」、女を虐げる遣り方じゃないんです。


感じ、伝わります?

あくまで、「男として」なんです。





「男のクセに」
「女を装って」
「女の利を得ようと」、

画策しながらも、  ※例えば、命乞い

「男として」
「女を虐げたい」。


「気持ち悪い」でしょ?


卑怯なんです。 「美しくない」の。





そもそもの段階で、
「男としての」、劣等意識に悩まされていると。


男としては、
集団の中で「勝ち目が無い」どころか、生き残れないんですよ。

だから、
「弱者として」
「伸し上がる為」
「女を装った」。


女とは言え、戦士としての矜持(プライド)があるなら、
「女の子だから」等と、自分の口が裂けても言えない筈です。

そもそも、性同一性障害で、実際は女性なのだとしたら、
「ボク」なんて一人称は使わないでしょ?





劣等意識の塊。
だから、反動として、強烈に優越を欲する。


下卑た感情です。

ジジ君。
「下」で「卑」でしょ?


常軌を逸した加虐性と言い。
「処置ナシ。」と言ったトコロです。





「自信」と「優越」をごっちゃになさる方を多く見受けますが。
明確に別物です。

拙宅で何度も書いている通り。 「裏返し」に過ぎません。


心理的な出所は同じですよ。
ってか、同じモン。   面倒だから「優劣感」で良いや。



 Q.じゃあ、テストの点数や、徒競走での順位付けは?

 A.個々の特性を把握する為のものです。



得意・不得意の分野は、人によって違いますでしょ?
自分の能力を、周囲と比較し、客観視する為の作業です。

だから歳若いウチの「勝ったー!」「負けたー!」は、
「健全な成長」、「技能の練磨」として重要なんですよ。





そこで、「自分の存在自体」が揺らいでしまうなら、
問題の本質は、「能力の優劣」ではなく、「自分自身」。


「部分」で、「人の価値」を決定付けられますか?

「部分」 = 「あなた」 ですか?


クレイジーです(笑)


「ピンチはチャンス」なんです。
目の前の「心理的危機」に取り組めば、大きく「成長」出来るのに。

折角の好機、棒に振ってどうしますか?





「自信が無い人間」ってのは、
「自分が無い」んです。

「私が無い」のとは違います。
「私が無い」人間には、「公」がある筈です。

「公」も「私」も無いんです。
「人」と呼べる存在に、「成って」いないのです。


※心屋さんは「自身が無い」って表現なさってたかな?





だって、そうでしょう?
「自分を基準(軸)」にして生きられないんだモン。

「他人が基準(軸)」なんです。

だから、周囲と比較して、
一年365日、「優だ~、劣だ~」、騒いでる。



「その人間」が、何処にも居ないんです。

そんな奴と、どうやって付き合えば良い?


幽霊(ゾンビ)だよ。





2014/07/29  不破 慈


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村     ※応援、ヨロシクお願いします m(_ _;)m

蘇芳様作、ルキちゃんを紅いリボンで縛る会バナー
 ← ルキちゃん、縛々っ♪




見てると興味深いですよ。 過激派フェミニストとか。
「平等・同権」と叫びつつ、実際は「優遇」を訴えてますから(笑)

男の上に、立ちたいんですね。
女を下位と見做している証左でしょう。
※言ったら図星なので怒られますw

女は、「劣」ではありません。
私まで巻き込まないで下さい。


そもそも。
大事にして欲しいなら、「虐げるのではなく、尊重」しては?

隣国の主張と、心理的な構造が同じなので、笑ってしまいます(苦笑)

貴方は。
貴方を虐げる人間を、尊重したいですか?





ジジ君だって、「優しさ」を発揮する方向にシフトしていたら。
きっと、老若男女問わず、愛される男の子になっていたでしょう。

あの「獣界の掟」そのままの、民族世界じゃ難しいかな。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/07/29 18:40 ] 二次 -1-1.鰤考 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※自己紹介の代わりに ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1725.html