二番目の山羊

北海道出身の父はアイヌクォーター、福島出身の母は「蝦夷のアベ」

慰安婦は十字軍遠征の時代から、西欧にも存在した「CampFollower」

拙宅で何度も書いております。
「Comfort Woman」は誤訳です。


慰安婦とは、
十字軍遠征の時代から、
欧米社会にも存在した、
「Professional Camp Follower」です。



左派が、「愚訳」を
いつまでも使いたがる理由がよく解ります。


意味の通じない和製英語で、
「性奴隷」と錯覚させる為です。






アメリカやドイツで、
慰安婦決議案なるものが議論されていたそうですね。

当のドイツが、慰安所を運営していましたが。
 → 2万人のユダヤ人を救った、日本の東條英機 (2014/09/19)
     ※記事後半部で、ほんの少しですが。


アメリカ(GHQ)は、自身では運営せずとも、
RAAを設置させ、慰安婦どころか、慰安夫まで使役していました。
 → パチンコ包囲網:クスリもオンナも~ (2014/08/23)
     ※これまた、後半部で触れています。



女性の人権ですか。
なるほど。


見たところ、
男性の人権も見事に侵害されていますが。






思えば、アメリカ合衆国は、
建国以来、多くの黒人奴隷を使役し、
その中から何人もの女性が、性奴隷として酷使されたのですよね。

子が生まれれば?
一体、どうしたのでしょうねぇ?
いえ、孕んだ時点で、どうしたのでしょうねぇ?


と、言いますか。

孕んでも孕まなくても、どうしてたんですか?



ヨーロッパも例外ではありません。
侵略した世界中の植民地で、奴隷を酷使していました。
その中から、一体、何人の女性が性奴隷として搾取されたのか。




さあ、自らを裁きなさい!





2014/09/21  不破 慈


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村     ※応援、ヨロシクお願いします m(_ _;)m



西洋人の名誉の為にも、申し添えておきましょうか。
「白人の奴隷」も存在しました。 特に、女は、非常な高値で売れたそうです。

西洋など、近代まで後進国に過ぎませんでしたから。
仇を、アジアや日本で取るのを止めて頂けますか?



彼等の日本批判は、
心理学における「投影」に過ぎません。
自らの行いを他者に擦り付け、
「白状」しているワケですね。「幼稚」なのです。


昨今、流行の表現をすれば。
「ブーメラン」です。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/09/29 21:00 ] 社会問題 -4.慰安婦・フェミニズム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。


ブログランキング・にほんブログ村へ



※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html