二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? 旧土人保護法にそんな条項は存在しません。道庁のHPで全文を確認できます。

解散総選挙:外国勢力には勝ったが、財務省には敗北した

倉山先生の記事と、
余命さんの情報を手懸りに、不破なりの見方を書き出します。

◆憲政史研究家・倉山満の砦  http://www.kurayama.jp/
「安倍首相記者会見を聞いて~罠に掛かったのは誰か?」 (2014/11/18)
http://www.kurayama.jp/modules/wordpress/index.php?p=1328




今回の解散総選挙、
余命さんにあった通り、テロ法案3点の目晦ましでした。
反日勢力を、適当に転がして、あやしていたんですね。
それが、参院で20日に可決されます。

それを見届けての、21日、衆院解散です。


安倍総理は、国を、護ったんです。
国民の生命と財産を守る為、打てる手は、全て、打って下さいました。

が、もう一つの駆け引きが、国会の裏で進行していたんです。
消費増税です。





この敵は、厄介でした。

人智に達していない、反日国家連とは違い、
日本国におけるエリート中のエリート、
最高の頭脳を持つ、財務省(キャリア官僚)でした。


倉山先生が仰るように、この選挙、
「消費減税、5%戻し」を争点に戦えるなら、どれだけ良かったか。

でも、出来ませんでした。
安倍総理は、合戦本番前に敗けたんです。

誰に?  財務省に。





安倍総理は、増税容認(延期だが確定)まで
ラインを退げて、出陣せざるを得なくなりました。

「アベノミクスで景気回復、最優先!」に賛同していた議員達が、
次々と、財務省に凋落されて行ったんです。


財務省様の論調は凄まじい。
「国民を甘やかすから、消費増税すべき」




(爆笑)





議員の上に君臨するのが、財務省です。
別名、「霞ヶ関の実権」と呼ばれます。
 ※金を握ってる


現に、安倍政権内で、
副総理と云う要職に在った人間が、
財務省の傀儡大臣だったでしょうが!



日韓スワップを蹴ったから、「俺達の味方」のハズ?
この嫌韓気運の嵐の中、そんなものを締結すれば、国民が許しません。
総理の椅子は、永遠に回って来ない。

余命さんに、そのものズバリ、書いてあったでしょう?
私の判断は信用出来ずとも、余命さんなら信頼出来るのでは?

※安全保障・外患問題に特化なので、財務省云々は、出て来ませんが。





安倍総理は、「国は」、護って下さいました。

誰から?
外敵から。 武装勢力から。  ※実騒動はこれからですが

ですが、一次政権同様、
「霞ヶ関の実権」には、敗れました。


が。倉山先生は、記事で仰ってます。

「罠に掛かったのは、財務省」
「国民に勝ったと言えるか?」



選挙戦において、
傀儡議員を掃討します。
それが出来るのは、一票を持つ、
我々日本国民だけです。






財務省を丸裸にします。
キャリア官僚は、マスゴミを動かして、
1億3千万を洗脳しに来るのでしょうが。



バラガキのエリート、
舐めんなよ。




2014/11/19  不破 慈   ※予約投稿、同日23時台に微修正

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村     ※応援、ヨロシクお願いします m(_ _;)m


アタシ、倉山塾生じゃないので(焦)
具体的な作戦や、含みのある記述等に関しては、正確に読み取れません。

が、余命さんの記事と併せて、個人的に、
安倍総理・中韓議員・財務省の三つ巴だったと、見ています。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/11/19 20:45 ] 社会問題 -1.政治・経済・軍事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html