二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

アイヌハーフの祖父に嫁いできた祖母は陸奥源氏の女性でした。……本当に和人社会が差別していたと思いますか?

【アスペ考】 自己と他者の境界線 ~不破の場合~

※同月25日、末尾に追記しました。
 時事ネタでジョリーのアンブロークンにも、差別意識に付いて触れています。



ちょっと障害者好きの女性に準ストーカー行為を受けてまして。
まぁ、障害者相手だと、労せずして全能感に浸れますからね。
記述概念的に事象を列記すると、身元がバレてしまうので省きますが、
結論から言えば「共依存」関係の構築を迫られてました。(ます)

相手を無力化する事で、自分から巣立てないよう画策する。
同時に、金銭をバラ撒く事で、常に自分をヨイショさせる。
母と父を足して、2で割ったような方です。

……そんなワケで、私にこの手法は通用しないワケですが。


そうなると、私が彼女の意に添わない言動をする度、
「高慢ちき!」「精神障害!」と、一見、親切を装いながらも罵倒して来ます。

……コレまた、私には通用しないワケで。


私に唯一、100%の効果が望めるのは、物理的功撃です。
その点に置いて、現在も気後れしてしまっておりますが。
外聞を異常に気にする方でもあり、存外、問題は起こらないかも知れません。


……っと、相変わらず長くてスミマセン(^^;)
この女性との関係性において、二つの事を学びました。





一つ目。
こんな心理学的ネタを耳にした事のある方、いらっしゃるでしょうか?
「IQ差が20以上ある場合、その関係性においてストレスが溜り易い」

「何故、こんな事も出来ないのか?」
「もっと丁寧に説明してくれなきゃ解らない」
こういう感覚的な行き違いが度重なってしまうワケです。

今回、その女性との間で、コレを痛感したんですが。
ハタと気付きました。
「コレが一人の人間の中に混在してるのが、アタシじゃない?」と。


WAIS-IIIと云う、成人向けの知能検査があります。
このテストの各科目の最高値と最低値の差が20以上開いていると、
「アスペでは?」と云う話になる……と、一説には聞くんですが。

彼女の目には、私が如何にも、頭の弱い障害者に見えたのでしょうw
勿論、彼女自身は100%善意で動いてます。 意識の上では。
内省・内観と云う作業を試みた事が無いのかも知れません。

……気付いていないと云う驚愕の事実に気付くまで、時間が掛かってしまい(爆)





二つ目。
実は私、アスペって云う確信が、ずっと無かったんです。 (←!)
この過去記事の、冒頭に書き出したテストですが。
 ⇒ 自己と他者の境界線 (2014/05/06)


私は、この類のテストに関して、幼少から迷った事がありません。
だから、もしかすると、
「自閉と云う先天的障害では無く、成長過程においての人格的問題か?」と。

一方で。アスペの中に、言語の発達が非常に早い子供が居ます。
言語の発達の早さは、それだけ論理思考・判断の早期形成に結び付きます。


何の事は無い。
答えはこのブログでした。
自分で可笑しくなっちゃいましたよ(笑)


早い話、テストの答案に書き込む類の問題なら、幼少から澱みなく答えられたと。
だから、個々人の感情や嗜好の話になって来ると理解出来ず、
二十歳の頃、音楽の話ばかりして、「音楽好きだね」と指摘され、衝撃を受けた。


……因みにね、未だ良く解って無いんだよ (* ̄∀ ̄*)


アタシ、相当、バランス悪そうです。
「発達アンバランス症候群」、巧い表現ですよね。





ああ、もう一つあったな。三つ目。
父と母の人間性を、客観視する事が出来ました。

アスペのクセに、身内を贔屓目で判断する等。
未だ未だ、研磨が足りないようです。




2014/12/22  不破 慈   ※予約投稿





人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


【 2014/12/25、追記 】


勿論、彼女が私に付き纏っていたのは、共依存気質の問題だけではありません。
ハリウッド映画「アンブロークン」のアンジェリーナ・ジョリーで説明しますと。

差別主義者が、「私は差別しません」と
自分にも他人にもアピールする為に、慈善行為に勤しむのと同じです。


ストーカー女性の場合は、障害者の面倒を見て (実際には引っ掻き回す事で)、
「私は障害者に親切です」と、自他共にカモフラージュしたかったのですね。

障害のあるお子さんを、受け入れられないのです。

勿論、表向きはきちんと養育しています。
日々、奮闘していらっしゃるのも判ります。
ですが、言動の端々に、拒絶のサインが見て取れます。


そこから行くと。 アンジェリーナ・ジョリーは、先ず、
先住民との混血である、自らを差別しているのでしょうね。
整形を繰り返すのも、先祖から受け継いだ 自らの外見を否定しているからです。

そして、事実無根の日本糾弾映画を作り上げ、
正義の審判を下した自分に陶酔していると。

ストーカー女性も、電磁波過敏で携帯通話が辛い私に、
「障害は恥ずかしくない」と、一時間以上、説教してました(笑)

アタシが気にしてるハズ無いじゃんっっっwww


社会に及ぼすスケールが全く違いますが。
「目を逸らしたい自分」ときちんと向き合えば。
双方、慈愛に満ちた素晴らしい女性に成られたと思います。

今からでも、遅くないのですが。
彼女達に、自分と向き合う勇気が有るか無いか、それだけです。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/12/23 20:45 ] アスペ考/心理学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html