二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

アイヌハーフの祖父に嫁いできた祖母は陸奥源氏の女性でした。……本当に和人社会が差別していたと思いますか?

反日映画・アンブロークンに関連して ~安直の極み・ヘイト手法~

私の反応が、お気に召さなかったご様子です(^^)
……にしても、随分、「お好き」な方なのですね。

いつものように、あいか様宅のニュース記事に
一言添えて拡散していたところ、頂いたツイートです。

アンブロークン1


……私は、政治の話をしていたのですけれど。


アンブロークン2


先方のツイート主は、
私が「ホワイトハウス」と提示した意味が理解出来なかった模様。
「噂の領域」では無いと云う事です。
ホワイトハウスは、出入り自由では有りません。
大統領執務室から、寝室に移動した時刻まで、公式の記録が残っています。

その上で、先に記した通り、私は「政治の話」をしていました。
故に、「一国の大統領として問題である」と。
これでは、アメリカ合衆国は、大統領が妃殿下を情婦とする為に、
ノルウェー皇太子の亡命を受け入れたのかと非難されても仕方無い。

おっと。口が過ぎました。
ノルウェーの国民を敵に回したくは有りません。





そして、先方からの、最後のツイートに貼られていたリンクがこちら。




当然ながら、私はこの本を読んでいます。……と言いますか、所蔵しています。
先方は、このツイートしか目にした事が無かったのでしょう。

ですので、「お前(私)も、下世話な噂を拡散しているじゃないか」と。





ついでに申し上げますと、ジョリー監督の言動は鼻で笑える域です。
この方、UMHCR(国連高等難民弁務官事務所)の親善大使をお務めです。
「紛争下の女性云々」と、大演説で喝采を浴びてらっしゃいましたが。
平時において、ご夫君の先妻には、「女性の人権」が無かった模様。


UMHCRは、今、イラク復興に尽力している様子ですが。
サマーワ市民から、あれほど篤い信頼を寄せられた
自衛隊を有する我が日本国に対し、一体、何を考えているのか。

だからこそ、苛立ったのかも知れません。
自国の米軍より、自衛隊の方が、現地の評判は良かったのですから。


フィクションを鵜呑みにして、
原作を選んでいる点から、腹癒せ目的も含まれているでしょう。
難民救済で世界から絶賛されたいのは、他ならぬ自分自身ですから。
 ⇒ アスペ考、自己と他者の境界線 (2014/12) ※後書き部分で言及





私は、ヘイト手法を完全には否定しません。
メリット・デメリットを検討の上、痛手を被る価値が
充分に有ると判断すれば、私とて手を下します。


ですが、この「雅」?
正式には、「MIYABI」なんですか? ん? 「VI」?
「BI」だか「VI」だか存じませんが、この青二才に対し、
ツイート主が、自らの性癖・嗜癖を露出して歩くほど、
標的として攻勢を仕掛ける価値が有るとは、到底、考えられません。

海外から見ても、「ジョリー監督の映画に出ていた、
イエロー・モンキー」程度の認識でしょう。  ※私もそうです。
ネトウヨの皆様が、すっかり反日アイドルに押し上げて下さいました。


私に送信した後、上記ツイートは削除された模様です。
小さな自己顕示欲が満たされて、良かったですね(^^)





ゴロツキの喧嘩じゃ無いんです。
「殴られたら殴り返せば良い」的な、条件反射では困ります。


情報戦なんです。
戦略・戦術・戦法。
叩き方を考えて下さい。



単に、ヘイトと言っても、様々なレベルの方が存在します。
手法の一つとして、戦略に落とし込んだ上で、繰り出す方と。
思いついたまま、罵詈雑言を並べる、口先だけの方。

朝鮮式の声闘は、後者に近いですね。

ただ、持久力に関しては、凄まじいものが有ります。見習いましょう。
私はコレを、「バカの一つ覚え」と呼んでおりますが。





何故、人々がヘイトにばかり群がるか。
もうお解りですね?

「知性が未満」だからです。




2015/02/12  不破 慈  ※予約投稿

  ブログランキング・にほんブログ村へ


一頃、アメーバ側では、
女性保守ばかりを狙うローラー作戦が展開されていました。
アクセス数の少ないサイトを選び、卑猥な文言・
アダルトサイトURLどころか、画像まで、直接 貼り付けて行く始末です。

ソトニコワ選手も、韓国人から同様の被害に遭われていましたね。
時期的にも、前後しています。

まぁ、私も男性保守から、顔写真が送られて来た経験は有るのですが。
※何名か連絡を取り合っていた中の、一人から。

女性保守の皆様、右にも左にもご注意下さい。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2015/02/13 20:45 ] 社会問題 -5.民間・芸能界 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html