二番目の山羊

北海道出身の父はアイヌクォーター、福島出身の母は「蝦夷のアベ」

女性脳・男性脳・超男性脳 ……って、性同一性障害の話じゃないよ?

『超男性脳仮説』ってね、アタシが適当に言ってる事じゃないんです。
ハンス・アスペルガー博士、つまり、立派な学者さんが唱えた仮説です。





女性の皆さん、男性に対して、こんな風に思った事、有りません?

 「気が利かない」・「話が通じない」・「子供」……etc.

それをもっと酷くしたのが、アタシです( ̄∀ ̄)


ただ、もう『アスペルガー症候群』って診断名自体は、無くなってるんですよ。
今でも、便宜的に使われてますけどね。
大雑把に、「自閉症スペクトラムの中、知能的に高い人間」を指します。


  アスペ診断が乱発され過ぎたんですよね。結果、誤解が広まった。
  コミュニケーションに問題を抱えるだけで、「全員アスペ」です(笑)




最近は、自閉症と高い知能の、遺伝的関係も知られて来ました。
確かに、代々の学者や研究者と云った家系に、
比較的、多く見られる先天性の障害です。

何でかって言うと。
学究者が、「空気を読んで理論を疎かにしました」じゃ、話に成らないんです。
寧ろ、空気なんて読めない方が、研究に没頭出来るし、理論を追究出来る。

その作業に適した遺伝子の積み重ねです。
結局、全ては「スペクトラム(連続体)」の中で、起きている事なんです。





で。記事タイトルの、『超男性脳(仮説)』ですが。
勿論、性同一性障害の話では有りません。
脳にも、性別以外に、「能力的な性差」って有るんです。


ジェンダー信者が、社会的側面のみならず、
生物学にまで首を突っ込んで来るのでウザイのですが、
(その内、「女だけが産むのは不公平!」とか言い出しそうw)

実際に、脳科学で、その傾向が解明されて来ているんです。


女性は、Eタイプ(Empathy=共感)、
男性が、Sタイプ(System)の脳を持つとされます。
実際に、双方の脳を比べてみると、その担当野の大きさが違っているんです。



イメージで並べると、こんなん?


女性脳 ― 男性脳 ― アスペ女 ― アスペ男
共感 ←→ システム(論理)



勿論、明確な境界線は無いですけどね。個人差の方が大きいし。


「共感」って、つまりは空気を読む際に、必要な能力でしょ?
女性は全般に、優れていますよね。
だから、コミュニケーション能力が高い。

で、同じアスペでも、やっぱり女性の方が、幾分、社会性が有ります。
※乳幼児期からの支援を受けずに育ったアスペの場合






でねぇ。私、その内、
超女性脳」って考え方が、出て来ると思うの(* ̄∀ ̄*)
共感能力が、ぶっち切りに高い人達ね♪


スピの世界では、『エンパス』って呼ばれてるんだけど。
一説には、日本人の5人に一人が、そうだって言われてる。 (←!)

単純に、「協調性・親和性が高い」って考えると、
もう「=(イコール)日本の民族性」ですワ(笑)

それが、外国人から見ると「ファンタスティック!」になるワケで。



36年の人生で、この系の能力が極めて高い人達、何人か会ってます。
正しく、「空気を読むように」、私の困惑に気付いてくれるんです。


  それ以外の人でも、付き合い方が分かって来ると、皆親切にしてくれる。
  日本って、実力主義じゃなく、「性格主義」だから。
  コミュニケーションの実力が低くったって、
  根っ子の性格が良ければ、大事にして貰えるんだよ。




人間不信や、敵対心を
隠し持っていれば、感度の高い人ほど離れて行きます。

当然ですよね。
「超女性脳」です。 微々たる危険を、察知します。





別に、ここに書いてある事、信じたくなきゃ信じなくて良いんですよ?
アタシ、困りませんもん(笑)


ただね。
脳って、面白いんだよ(* ̄∀ ̄*)






2015/04/21  不破 慈   ※予約投稿

  


ウチの家系、父方・母方双方に、大工が多いんです。
特に、母方の母方は、大工一門。

土木・建設・建築は、
肉体労働のイメージが強いかも知れませんが、インテリの世界です。
数学が解らなかったら、家なんて建ちません。

数学脳の私が生まれた事は、自然な流れと思います。
勿論、数学脳の男性陣の性能(スペック)には、適いませんけどね( ̄∀ ̄)



そう言えば、経理やってた会社員時代、
本社から、現場に近い事務所に移動して、やたら評価が上がった……。

職人気質の、技術者や船員さん達と、気が合ったんでしょうね♪
海洋土木の会社でした。 船、格好良いよ~。要塞みたい(* ̄∀ ̄*)
関連記事

[タグ未指定]
[ 2015/04/21 20:45 ] アスペ考/心理学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。


ブログランキング・にほんブログ村へ



※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html