二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? 旧土人保護法にそんな条項は存在しません。道庁のHPで全文を確認できます。

【 #WGIP 】 GHQ占領下、日本の子供達は、プロパガンダに晒されて育った

最近、保守活動・サボリー魔の、ふわふわです。


ケント・ギルバート、GHQの
日本洗脳工作について記載した公文書を入手
日本のマスコミは今でもプレス・コードを守っている

(2015/04/27) http://brief-comment.com/blog/media/48226/


上記リンク・あいか様宅のニュースを目にし、母の子供時代を思いました。


私自身は、1978(昭和53)年生まれの36歳ですが、
母は、戦時中の1942年(昭和17)年に生まれたんです。

戦前の事に付いても、父母や兄姉から、色々と教わっていたようなのですが。
※母の両親(私の祖父母)は明治、兄姉(私の伯父母)は大正~昭和初期生まれ





母は丁度、一番大事な少女時代に、
占領国側の、激しいプロパガンダに、晒されて育ったんです。


私への戦争教育も、凄まじかったですよ。
未就学の女の子が、「慰安婦」と云う言葉を知っていたぐらいです。

そんな事を幼子に教えるなんて、虐待ですよね。
事実、私が会話の中で、「イアンフ」と発すると、近所の大人は顔を強張らせました。

当時、私には、その表情の意味するところが、理解出来ませんでしたが。



母は、
この「幼子への虐待」を、
政治レベルで為されていたのですね。



とてつもない「傷」になったと思います。





私の幼年期は、幸せでしたよ。
唯一の、ショッキングな出来事は、苛烈な戦争教育ぐらいです。

10歳ぐらいを境に、家庭環境が急激に悪化したのですけれどね。


私は、他の子達と比べると、大層、変わった娘で(笑)
ですが、母は、「お前は面白いな~♪」と、いつも笑っていました。

母自体、10人兄弟姉妹の末っ子でして。
それだけ人数が居ると、甥っ子姪っ子の数も、軽く20~30人です。

自分の産んだ子供が、変わっている事ぐらい、気にもなりませんよね。
寧ろ、親戚が集まれば、「ウチの子は面白い」の、自慢大会ですよ(笑)


※決して、「ウチの子は優秀」大会にならないのが、ミソw





え? 何で、「20~30人なのか」って?

正確な数が解らないんです。
私の従兄弟の子供が、私より年上だったりするし。

きちんとカウントした事が有りません。

母の田舎は、親戚じゃなくても、「アベ」ばっかだしw
 ⇒ アベ姓は、純然たる日本の氏。(2014/05)




2015/04/27  不破 慈

  ブログランキング・にほんブログ村へ


母の凄いところはですね、それでも決して、
「国の為に戦った兵隊さん」を貶めて見なかったところです。

国の為に戦った人は、尊いのです。

自衛隊の皆様に、いつも感謝と尊敬の念を向けていました。



あれ? これ、どのカテに入れれば良い?( ̄∀ ̄;


「女性の人権」、
「子供の人権」とでも、叫びましょうかw
関連記事

[タグ未指定]
[ 2015/04/27 15:57 ] 社会問題 -4.慰安婦・フェミニズム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html