二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

アイヌハーフの祖父に嫁いできた祖母は陸奥源氏の女性でした。……本当に和人社会が差別していたと思いますか?

中国を棄てろ、インドは人口12億の巨大市場 【 #日印友好 #AIIB 】

インドと組めば日本は再建できる


中国の次は、インド。
ビジネスマンにとっては、EU経済の困窮と同じく、共通認識でしょう。
 ⇒ 沈むヨーロッパ [ #AIIB #ユーロ危機 …… ] (2015/05)


ご存知でしょうか? 海外派遣された記者が、
真っ先に挨拶して回るのは、現地で活躍するビジネスマンです。
理由はカンタン。情報を持っているから。
じゃあ、記者は? 情報を、発信する力のある人ですね。

ですが、後追い記事を、更に追い駆けているようでは、後手後手です。
諸々の数字を抑えておくだけでも違うと思います。

  中国が発表しているのは、マイナスとマイナスで、
  プラスに転じたとしか思えない数値ばかりですが……(沈)



画像は、幻冬舎より2011年6月に出版された本ですが、
インドの基本的な情報を知る上で、一般の方にも、大変、有益と思います。






~ 人口12億の巨大市場・インド ~


インドが、中国に継ぐ人口を擁する
大国である事は、中学の社会科で習っていると思います。
……って、いつの間にか、12億を超えていましたよ! ( ̄〇 ̄;

注目すべきは、その人口構成です。
世界人口の、25歳以下、その25%を、インドが占めています。
25歳以下の若年層の中、4人に一人が、インドの若者なのです。

対する中国が、日本以上の超高齢化社会を迎えている事、ご存知でしょう。

12億と言うだけでも、充分、魅力的なのに、
インドは、更なる潜在性を秘めた、マーケットなのです。





~ イギリス統治下で身に付けた、グローバル・スタンダード ~


インドがイギリスから独立した事は、皆さん、ご存知ですよね?

大変、過酷な植民地支配でしたが、欧米式の
グローバル・スタンダードに完全対応可能な点、現在では強みです。

知的所有権は、厳格に保護されます。
海賊版が横行する、中国・韓国とは、別世界です。

日本からの、技術供与面も、安心・安心ですね。





~ 世界で活躍する、NRI (Non-Resident-Indian) ~


日本人には、「印僑」と言った方が、イメージし易いかも知れません。
海外で成功しているインド人を、「NRI」と呼ぶのだそうです。

「太陽の沈まぬ国」と呼ばれた、
かつての、大英帝国領内全域に展開しているのですから、
正に、全世界規模のネットワークです。 (華僑の比では無いでしょう)

現在、インドでは、IT産業の発展が目覚しいのですが、
その技術は、殆どが、シリコンバレーから、
NRIによって持ち込まれたものだそうです。

イギリスの富豪・TOP10の中、3人がインド人。
アメリカで働く医師の、3割がインド人。  !(゜∀゜;

そして、彼等が、高度な医療技術を
インドに持ち帰った事から、通貨安の関係も有り、
先進国から、パスポートで治療に訪れる人も、後を絶ちません。






以上、簡単で申し訳ないのですが、
本の中から、ちょっぴり、インドの魅力をお伝えしました。



インドは、国と考えるより、
大陸と捉えた方が、日本人には解り易いそうです。

日本は、(政治的に)一国一民族ですが、
インドは広く、5つの民族から成っており、
地域により、文化・習俗・食習慣・宗教、まるで違います。

古来より、哲学議論が盛んで、人々は主張をぶつけ合う事を恐れません。
それが、東京裁判における、パル判事の、勇気ある発言の土台にも成っています。
そして、言うまでも無く、外交・ビジネス面の、駆け引きの強さでも有ります。


一方で、裏を返せば、一致団結が難しい事にも繋がります。
貧困層や人権問題(カースト制・女性の地位等)も多く抱えています。

背景には、地方のインフラが整っていない面が大きいです。
個々人の努力では、貧困から抜け出せないレベルなのです。
貧困の皺寄せは、女性に来ますね。

が、国家としての可能性・潜在的な成長率は、計り知れません。
日本の、高いハード・インフラの技術が、強く望まれています。





ですが、私はここで、無責任に扇動する事は出来ません。
海外で、事業を展開する実力が有るか否かは、また別問題だからです。

一頃、(未だに?)マスコミの報道に乗せられ、
「中国、中国!」と、バーゲンセールのように飛び付いて、
撃沈した人間の、何と多い事か。


ですが、先頃。 中国が、国家として
三井商船に働いた海賊行為は、皆様のご記憶に新しいでしょう。

人治主義と、法治主義。
国家として信頼すべきは、どちらか、等と、説明の必要が有りません。





2015/05/21(22)  不破 慈

  ブログランキング・にほんブログ村へ


ただ、中国は、既に、経済植民地として、インドを狙っています。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2015/05/21 15:12 ] 社会問題 -1.政治・経済・軍事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html