二番目の山羊

横浜育ち、ワンエイス(8分の1)のアイヌ系。 先ずはサイト上部、横並び6件の記事からどうぞ!(PC版)

【小泉改革・中編】 黒幕は日銀&財務省。 #小泉改革 #竹中平蔵

前編 ⇒ 小泉改革 : 真の目的は、親中派を潰す事に有った。


小泉政権下の、「痛みを伴う構造改革」。
真の目的は、親中派の、
田中派&竹下派を潰す事でした。



説明するまでも有りませんね、
田中角栄は、日中国交正常化に加え、昭和47年・集団自衛権凍結
「列島改造」を唱え、好景気の最中に、大規模な財政出動。
つまり、インフレにも関わらず、ドーピングをしてくれましたw

竹下登は、凄いですよ。
共産党まで、支配下に置いてしまった怪物です(笑)
財務省(当時は大蔵)の意向を汲んで、消費税導入を決定しました。

が、財務省の希望は、当初より5%だったんです。
別に、竹下が国民生活を慮ったワケでは無い。
交渉カードとして温存する為に、3%スタートさせただけです。


財務省、面白く無いですよね?
小泉さんは、親中では無く、親米保守。

利害が一致し、タッグを組みました。

※アメポチを叫ぶ前に、米軍事力の庇護下と云う現実を、お忘れなくw





「やっぱり小泉が悪い!」と心の中で叫んだ方。
早合点し過ぎ(笑)


小泉政権下においては、
ただの一度も増税を許していません。



財務省の増税工作だけは、何とか抑え込んでいます。

近年では珍しく、長期政権だったにも関わらず。
やはり、強い政治家だったのです。

不良債権処理等、踊らされた部分も有りますが。





で、小泉政権下、小規模ながらも、日銀に、
金融緩和を実施させたお蔭で、景気は上向いていたんです。

「実感なき景気回復」と言われるレベルでしたが。


が、その回復軌道に乗り始めた辺りで、
日銀は、金融緩和を打ち切りました。



当時の小泉総理の制止も無視して。
後の、第一次安倍内閣誕生が、規定路線に乗った頃でした。





何故、小泉改革が、
国民の目には、痛みを伴っただけで、終わったかに見えたか。

裏には、日銀&財務省との駆け引きが有ったのです。



 ⇒ 後編





2015/07/31  不破 慈

  ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

[タグ未指定]
[ 2015/07/31 17:53 ] 保守活動 -3.政治・経済・軍事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
 
アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム/神経発達障害の一)です。もともとは障害当事者の個人的なブログでした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が私をアイヌと無関係に育てた理由が解りました。

母の故郷・福島と、自らの障害に関連する記事が多くなりますがご了承下さい。


※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html

ブログランキング・にほんブログ村へ


  リンクフリー・引用自由。
  記事URLを表記願います。
  文章改変はお断りします。