二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

北海道出身の父はアイヌクォーター、福島出身の母は「蝦夷のアベ」

「戦後」は、未だ未だ終わらない。 ~勝つ為に何をすべきか~

ふぃ~、やっと読み終わった(^▽^;

谷沢永一先生と、渡部昇一先生の共著、
「孫子・勝つために何をすべきか」(PHP研究所/2000.04)


孫子、谷沢永一渡部昇一共著



不破は、幼少から、孫子の兵法に惹き付けられておりました。
ただ、子供が読めるようなものが無く、勉強は進みませんでしたが。

武器を棄てれば戦争が無くなるだの、
平和憲法で国が護れるだの、考えた事も有りません。

その意味では、
GHQの苛烈なプロパガンダも、無意味では無いかも知れませんね。
 ⇒ 占領下、日本の子供達はプロパガンダに晒されて育った(2015/04)


占領国側のWGIPに晒され育った母より、これまた苛烈な戦争教育を受けました。
未就学の児童が、「慰安婦」と云う単語を、素で会話に出していたレベルです。

「左巻きのアカ様」は、これを心より賞賛なさいます(^^)
現に、「素晴らしい!」とのコメントを頂戴した経験がございます故。

無論、誰彼の子供に関係なく、
健やかな成長を願うお父様・お母様方であれば、「虐待」と判断します。

それが、「社会常識」と云うものです。





ところがどっこい。
それで私の脳を「汚鮮」する事は不可能なのです。

私は早くから、一つの結論に達していました。

「人類が存続する限り、戦争は無くならない。
 が、実際の戦闘状態を避ける、
 或いは、被害を最小限に喰い止める方法は有る筈だ」


私は、孫子の訓示に目を開かされました。

戦わずして勝つ


「真実」は、遥か2500年も昔に、明かされていたのです。





軍事の本質とは、これに尽きます。

古武術を今に伝える方のお話で、感銘を受けた事がございます。
殺し方を教えないから、うっかり殺してしまうのだ


時に、酒に酔ったボクサーが人を殺してしまう事件が有ります。

何故、殺してしまうのか?
彼等の拳は、殺傷能力の高い武器です。一級品です。
ですが、彼等は教えられていません。「人の殺し方」を。

つまり。
何を何処まで殺れば、死んでしまうのか」が、判らないのです。

ボクサー側が、不当な喧嘩を吹っ掛けられる事も有るでしょう。
「素人に手は出せないだろう?」と、少年法を悪用する類の外道に。

では、ボクサーは只管に殴られ続けなければならないのでしょうか?
否、それはおかしい。ボクサーにも人権が有ります。


最良の解決法として、「安全な止め方」を実践する事。
ただ、多勢に無勢の場合、如何に強者とて防戦一方では苦しい。

時に、反撃は必要なのです。
そしてそれは、「何を何処まで殺れば、死ぬか」が判っていなければ難しい。
「うっかり殺してしまう」かも知れません。


そして、それ以前に。
自分が、「うっかり、殺されてしまわない」為に。






本書では、大東亜戦争での事例を多数挙げ、
我が国の戦略的欠陥を、孫子の教えに沿って解説して有ります。

「聖戦、聖戦」と、一つ覚えを繰り返したところで、日本は勝てません。
感情論・精神論に頼って、先の戦争では、大敗を喫したのです。


無駄弾を撃つのはお止めなさい。
だが、発言するなとは言わない。

撃ちたければ、撃ち方を覚えなさい





15年前の本ですが、戦略の必要性を学ぶ為にも良い教材です。
「愛国」を唱えれていれば、国が護れると思ったら大間違い。


日本は、未だ劣勢です。


【 倉山満の砦 】  http://www.kurayama.jp/
安倍談話を聞きながら(2015/08/14)
http://www.kurayama.jp/modules/wordpress/index.php?p=1465





2015/08/14  不破 慈

  ブログランキング・にほんブログ村へ


 2015/07  集団的自衛権、景気条項と同類の罠が仕掛けてある。




15年も前の本なので、手に入らないとは思いますが。
他にも、兵法や大東亜戦争を戦略的に解説した本は多く出版されています。(15日)
関連記事

[タグ未指定]
[ 2015/08/14 20:29 ] 社会問題 -1.政治・経済・軍事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※自己紹介の代わりに ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1725.html