二番目の山羊

北海道出身の父はアイヌクォーター、福島出身の母は「蝦夷のアベ」

似ている事は問題じゃなかった。 #佐野研二郎 、訴訟が相次ぐ理由

誰かのツイートで、目にしたんです。
似ていると指摘されれば、取り下げる。それがデザインの常識

成る程ぉ! と。


ドビ氏は当初、「似ている」とだけ発言なさいましたよね?
本来なら、その時点で、自ら取り下げるのです。

「独創性が無い」、
それは、アーティストとして、誇りを傷付けるものだからです。

が、佐野氏は言い張りました。
「自分で考えた、オリジナルだ」

この時点で、「クロ」と判断されたのです。
サノは、自分のアイデアで勝負していない

で、今、世界各国から訴訟騒ぎですよ。


奥様まで、子供染みた反論を開始したお陰で、
「女房に庇って貰う、情け無い男」との烙印まで押されました。



似非と一流の違いは、魂の有り方なのですね。




2015/09/05  不破 慈

  ブログランキング・にほんブログ村へ


大いに啓蒙されました。
遵法精神など超えた高みに、一流の世界は拡がっているのです。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2015/09/05 15:42 ] 社会問題 -5.民間・芸能界 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。


ブログランキング・にほんブログ村へ



※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html