二番目の山羊

北海道出身の父はアイヌクォーター、福島出身の母は「蝦夷のアベ」

反戦運動と共産革命

2015/08/17  反戦運動と平和維持活動
2015/08/21  反戦運動と自己無価値感
2015/09/02  反戦運動とカラッポの心


「敵の敵は味方」、
この発想は、何処から来たんだろう?

反戦運動に限らず、時々、居るよね。
会話となれば、他人の悪口。

愚痴を言う事で、
心の重荷を吐き出すってレベルじゃなくて、

「共通の敵」を設定する事で、
絆が生まれると思い込んでいる人達。

家庭で教わったのかな?
「お父さんとお母さん、どっちの味方?」

戦争と戦う前に、
家庭で戦争しているのかもね。







実は、コレ、
共産革命の構造と同じなんだよ。

「ブルジョワ」と云う、
共通の敵を設定し、結束する。

「敵」が消滅すると、途端にバラバラ。

それを防ぐ為に、常に功撃目標を設定し、
組織の戦闘状態を維持・戦意高揚に務める。

粛清騒ぎは、最早、日常。
正しく、スケープ・ゴーティング(犠牲の山羊)。


毛沢東は、政治も経済も全部ダメだったけど。
大衆煽動には、長けていたよね。

だから、自らの復権の為、
弟子に師を、子に親を殺させたでしょ?






2015/09/08  不破 慈

  ブログランキング・にほんブログ村へ


とっても幼稚な大衆心理♪



一番のキレ者はスターリン。
本質を見抜いた上で、権力闘争に利用した。 毛は、真似しただけw

そして、本質を見抜き、危険視し、
「日本と組んで、共産主義と戦うべきだ」と、
ルーズベルトに詰め寄ったのが、フーバー元大統領。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2015/09/08 19:38 ] 短文 -3.短文…? | TB(0) | CM(2)
共にAを好くカップル
共にAを嫌うカップル

どちらが長続きするかと言えば、後者の方なのです(とある研究による統計上の話)。
嫌いという感情は好感より優位なのかも。
危険を避けて生きながらえている野生生物としては理解できますな。
嫌な思い出は良い思い出より遙かに鮮明ですし。

安倍嫌いの俺って最高に良い奴!で集まっている国会前の男女はきっと上手く行って不倫とか楽しんでんだろうなぁ
俺も混ざりに行こうかねw
[ 2015/09/11 22:39 ] [ 編集 ]
> 共にAを好くカップル
> 共にAを嫌うカップル
>
> どちらが長続きするかと言えば、後者の方なのです(とある研究による統計上の話)。
> 嫌いという感情は好感より優位なのかも。
> 危険を避けて生きながらえている野生生物としては理解できますな。
> 嫌な思い出は良い思い出より遙かに鮮明ですし。
>
> 安倍嫌いの俺って最高に良い奴!で集まっている国会前の男女はきっと上手く行って不倫とか楽しんでんだろうなぁ
> 俺も混ざりに行こうかねw

>[ 2015/09/11 22:39 ]


何て返事して欲しいですか?(゜▽゜)
[ 2015/09/12 10:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。


ブログランキング・にほんブログ村へ



※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html