二番目の山羊

北海道出身の父はアイヌクォーター、福島出身の母は「蝦夷のアベ」

9条教徒とは、日本国憲法原理主義者。 #憲法九条 #九条の会

17世紀前半、
ヨーロッパを真っ二つに割った、三十年戦争。
カトリックとプロテスタントによる、宗教対立。

そこで、人々は教訓を得ました。
「政治に宗教は持ち込まない」

即ち、「政教分離」。
近代合理主義の誕生です。




この近代化に反抗する勢力が、
メイフラワー号に乗って、落ち延びます。

そう、アメリカ合衆国とは、
キリスト教原理主義者により建国されたのです。


その中でも、二次大戦中、
極東に左遷されたグループが、GHQ。
原理主義者から弾き出された、更なる原理主義者です。

その原理主義者により与えられたのが、日本国憲法。
マッカーサーの走り書き。

事実、「ショーグン」は、報告書で語っています。
「目下、日本国民の宗教改革を進めている」と。


こんなものを有り難がるのは、
更なる落ち零れの原理主義者だけでしょう。

文字通り、「前近代的」な人々です。





近代文明国で、日本だけが、
外国人から下賜された憲法を、70年も堅持しています。

「お教典」だからです。

時代がどんなに移り変わろうと、
原理主義を貫く以上、聖典を書き換える事は、赦されません。

「神の怒り」に、触れる行為だからです。


 スピ系や芸術家肌の人々に、信奉者が多い理由がお解りに成りますでしょう。
 知性より、感性が売りの、浮世離れした人々です。
 勿論、知性と感性、双方が備わった、社会性に優れた方々もいらっしゃいます。






他の近代国家は、実態に即して、何度も憲法改正しています。
「政教分離」の意味を、国民が、きちんと理解しているのですね。

皇国の民は、いつ何時、夜明けを迎えるのでしょうか?






2015/10/10  不破 慈

  ブログランキング・にほんブログ村へ


「アメリカの正義」とは、即ち、キリスト教原理主義です。

一方、進歩的なアメリカ人は、客観的な視点を持っていますよね。
政教分離が意味するところを、きちんと理解しているのです。

そう考えると、お隣の中華思想も、やはり原理主義。
「公(政)」と「私(教)」の区別が付かないので、前近代的です。




九条よりもっと凄いのが、十八条。 「奴隷制の禁止」。

日本に奴隷制度など存在しませんし、
当時のアメリカでは、黒人に公民権が有りません。


九条を論じるより、十八条。
日本国憲法のトンデモが伝わる。
関連記事

[タグ未指定]
[ 2015/10/10 12:57 ] 社会問題 -2.文化・伝統・歴史 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。


ブログランキング・にほんブログ村へ



※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html