二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? そもそも旧土人保護法には、婚姻に関する条項自体が存在しません。

ちょこっと心理学 ~人を外見で判断するのは良くない?

安易に手を出してしまった、画像作業記事が終わり( ̄∀ ̄;
本日は、気楽に心理学を交えた記事を書きます。



「人を外見で判断するのは良くない」

よく言われる事ですよね。
確かに、正論です。


でも、時々、こんなふうに続けて主張する人が居るんです。

「人を外見で判断するなんて差別だ。 
 第一、美人は性格が悪いじゃないか!」



…………外見で差別してるの、誰でしょうか…………?




完全に破綻した主張をしている時、
その人間の心理的問題が潜んでいる場合が殆どです。

この場合で言えば、本人が、
外見にコンプレックス(劣等感)を抱いているという事。


それを見ないよう、巧妙に逃げ回っているので、
論理の破綻に気付けず、それを周囲に垂れ流してしまう。




同じ劣等感に苛まれている人間ならば、
「我が意を得たり」と、諸手を挙げて賛同するでしょう。

が。冷静な状態の人は、そこで矛盾を見抜いてしまいます。


知性(判断力)と、感性(感情)、
双方のバランスが、取れているから。








もう一つ。
面白い事に、この「劣等感」。
実際に劣等であるか否かとは、無関係なんですよ。

意味、解ります?


「感」なんですから、ただ本人がそう感じているだけ。
本人の思い込みであるケースが、殆どです。



どんなに美人でも、
「ブスだ、ブスだ」と言われて育てば、自分はブスだと思い込みます。

虐待を受けて育ったケースなんか、そうですよね。
虐待なら、私も受けていましたけれど。


たとえ、ちょっとくらい不器量でも、「可愛い、可愛い」と
愛情を注がれて育てば、愛嬌のある可愛らしい女の子になります。

「愛される女性」って、こっちのタイプですよね。







以前、ミニスカートで
開脚座りをしている女性を見掛けた時は、
流石に一緒に居たくないと思いました。
(閉じて座っているところを見た事が無いです)


でも、コレは、外見と言うより、
その人の内面が、表面の行動に見て取れたから。



私は、持って生まれた
「顔の作り」自体を、判断の基準にする事は無いです。


でも、立居振舞や身嗜み、或いは、
その人の言動と云った「外見」は、やはり判断してしまいます。







2015/11/12  不破 慈

  


ああっ、文字情報って楽……! 。゚(゚´Д`゚)゚。



ちょ、聞いてよ、ブログの入力画面に、
顔文字のボタンが有るなんて、気付かなかったー! ((((;゚Д゚)))))))
関連記事

[タグ未指定]
[ 2015/11/12 16:17 ] 女子トーク?! -3.美容・心理・健康 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html