二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? そもそも旧土人保護法には、婚姻に関する条項自体が存在しません。

@toshi_fujiwara 【公開書簡】 #北朝鮮拉致 ~蓮池透/薫氏と家族会~

午後になって、PCを開いてみると、
藤原敏史と仰る方から、リプを頂戴しておりました。

拉致関連で動きが有ったと思い、産経さんのHPを見ると、
家族会の方のニュースがアップされていました。

以下、産経さんからの記事。
長いですが、リンク先に飛ぶ手間が省けますので、全文引用(転載)します。
読み易いよう、改行だけ加えて有ります。





2016.1.30 08:00
【拉致問題】 蓮池透氏の著書
「冷血な面々」に家族から怒りの声続出!
「救出運動の邪魔しないで」
「明らかにうそ。講談社も責任を!」



 北朝鮮による拉致問題に関する安倍晋三首相らの姿勢を批判した著書を出版した拉致被害者、蓮池薫さん(58)の兄、透さん(61)に対し、1月28日に東京都内で開かれた集会で、ほかの拉致被害者の家族から怒りや悲しみの声が上がった。ある家族の怒りは発行元の出版社にも及んだ。


本のタイトルにある「冷血な面々」は蓮池透さんと講談社

 著書は『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』(講談社)。安倍首相に関し、拉致問題を政治利用したなどと批判し、1月12日の衆院予算委員会では、民主党の緒方林太郎氏が、著書を元に「拉致を使ってのし上がったのか」などと問い、安倍首相が激怒したことで話題を集めた。

 1月28日の集会で、まず声を上げたのは、拉致被害者、有本恵子さん(56)=拉致当時(23)=の父、明弘さん(87)だった。

 「蓮池透氏が講談社の本の中に、安倍首相の批判を書いて、その批判を拉致家族を見殺しにした安倍晋三というタイトルで書いてきた。私はこのことに対し、ものすごく怒りを覚えている一人で、家族会は団結してこれにものをいわなければならないという思いがあって、私の考えを書類にしてもってあがりました」


 そう話すと、明弘さんは用意してきた文書を読み始めた。まず批判の対象となったのは、透さんの著書のタイトル。明弘さんは「表紙は、安倍首相のイメージを下げるための表紙であって全くの虚偽の表紙であります」と話した。

 1月12日の衆院予算委の様子を明弘さんはテレビで見ていたという。「首相は、講談社が販売したこの本に策謀と声を荒げて発言しました。私もその通りだと思っています。そこに講談社が入っていることは明白であります」

 透さんの著書では、拉致問題に対する安倍首相の姿勢を批判しているが、明弘さんは「安倍首相は、交渉の入口にいて、今から解決していこうとしてくれているのであり、罪作りは蓮池透氏である」と主張した。

 さらに、衆院予算委で安倍首相が「国論を二分しようという策謀にひっかかっていてはだめ」と発言したことに触れ、「講談社幹部は、この現実をどう見ているのか、憲法に保証された言論の自由と思っているのか明らかにするべきです。本は、明らかにうその蓮池透氏の思いであり、講談社、蓮池透氏、その協力者には責任の取り方も知っておくべきであります」と訴えた。


著書に「お金を払う価値はない」

 拉致被害者、増元るみ子さん(62)=拉致当時(24)=の弟、照明さん(60)はまず、「面白おかしく書かれるのが嫌だったので、無視しようという話になっていた」と被害者家族が沈黙を守っていた理由を説明。そのうえで透さんの著書についてはまだ読んでいないとして、「お金を払って買うだけの価値はないと思っておりますので買いません」と語った。

 透さんは現在、家族会とは距離を置き、北朝鮮への強い制裁を訴える家族会とは異なる主張をしている。照明さんは「被害者を取り戻したご家族がもうこれ以上、外部にいろいろなことをしゃべらないでほしい。救出運動を邪魔してほしくないと思っています」と話した。


思いだす「一生懸命な姿」

 現在は家族会から離れた透さんだが、家族会で活動していた当時、事務局長として救出運動を引っ張っていた存在だった。

 それだけに活動をともにしていた家族にとって、透さんの行動はショックだった。横田めぐみさん(51)=拉致当時(13)=の母、早紀江さん(79)はこう話した。「一緒にまだ活動していたときの透さんが、一生懸命やっていた姿を私はいつも思いだしながら、本当にどうしてこんなことになったのかなという悲しい思いをしております」


(下記URLより全文引用)
http://www.sankei.com/premium/news/160130/prm1601300031-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/160130/prm1601300031-n2.html
http://www.sankei.com/premium/news/160130/prm1601300031-n3.html



家族会の皆様のご心痛、私などには到底、推し量る事が出来ません。







で、本題の、藤原敏史氏からのリプ。


藤原敏史氏へ公開書簡、北朝鮮拉致問題、1
https://twitter.com/kaminoishi/status/687176749948383232
https://twitter.com/nibanmenoyagi/status/687177518445506560
https://twitter.com/toshi_fujiwara/status/693257473721905152



私が内容を端折り過ぎせいか、藤原敏史氏には文意が伝わらなかったようです。

ご返答に際し、先ずはお兄様である蓮池透氏の情報をウィキから引用します。
こちらもまた、読み易いよう改行を加えて有ります。



蓮池透
北朝鮮による拉致事件に関する活動

「最強硬派」から「柔軟路線」へ

北朝鮮による日本人拉致問題について、「拉致は国家テロ。北朝鮮への経済制裁を行え」「これは戦争ですよ。アメリカならそうするでしょう」といった発言を繰り返し、また制裁要請の為に横田滋・早紀江夫妻同様渡米するなど強硬派と目されていたが、2003年暮頃から、以前に比べて柔軟な発言が目立つようになる。翌年の第二次訪朝を機に、家族会や北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)の主流派との間で考えの違いが顕著となり、翌年4月には、事務局長から外れる。2008年以降は、北朝鮮への「圧力」に重きを置く路線の効果に疑問を呈し、政府間の直接交渉による帰国実現を訴えており、北朝鮮との「対話」にも重きを置く路線に理解を示している。2006年朝日ニュースター『ニュースの深層』に出演した際、本人が語ったところによれば、「拉致事件解決への情熱が薄らぎ、自ら一線を退き帰国者担当になった」とのこと。また、別の回の同番組では、「考えを改めたきっかけには、弟から北朝鮮の話を聞いたことにある」とも述べている。
2009年頃から、家族会・救う会と一線を画する発言をおこなう一方、左派系とも見られる集会にも参加し、同年8月には現代企画室編集長の太田昌国と共著『拉致対論』を出版している。家族会・救う会の増元照明は蓮池の一連の発言を「北朝鮮の代弁」と受け取り、反発している。


雑誌「世界」での発言

『世界』2008年7月号には、蓮池透の拉致問題に対する次のような発言が掲載された。
・日本政府は少なくとも4度、北朝鮮を騙した。
・地村(保志)さんは「国交がないことが拉致の背景にある」という。
・国交正常化には拉致解決が先だとは思わない。それは一方的な主張。
・圧力だけでは拉致問題の解決は不可能であり、対話を併用すべき。
・拉致問題により、狭いナショナリズムが醸成された。
・日本は植民地時代のことなど、歴史教育がよくされていない。
・過去の清算を怠ってきた日本政府の責任で
 弟(蓮池薫)は拉致されたという論理も、成り立つかもしれない。
・弟は「歴史の闇に葬り去られたことはいっぱいある」と言っている。
・過去の清算をきちんとして朝鮮のほうが納得するようにやったらどうかと言いたい。
・以前、横田(滋)さんの訪朝を止めたことについて謝罪したい。
 ウンギョンちゃんに会いに行っていただきたい。


家族会からの「退会」[編集]

2010年3月27日、家族会の総会は、「蓮池透を退会させるべきである」との旨を決議した。事務局長・増元照明は、「家族会の総意は北朝鮮への圧力を強化して交渉に臨むというもので、誤解を招く」と説明したという。翌3月28日には、蓮池の退会が家族会から発表された。これに対し、蓮池は、「家族会の総意はあくまで被害者の救出。私をはずすことで拉致問題が解決するなら甘んじて受け入れるが、残念でならない」「家族会の目的は被害者の救出であり、方法論が多少違ったとしても自由にものを言える多様性も必要ではないか。僕をやめさせることで拉致問題が少しでも進展すると判断されたのなら、甘んじて受けるしかない」とコメントしている。


(ウィキから引用、ここまで)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%93%AE%E6%B1%A0%E9%80%8F



文中に、こう有ります。

『2003年暮頃から、以前に比べて
 柔軟な発言が目立つようになる。』

弟さんが帰国されたのは、2002年でした。



私が、お兄様と弟さんを混同してはいない点、ご理解頂けましたでしょうか。








この藤原敏史氏、「日本ではまだ有名でない映画監督」さんだそうです。
これも何かのご縁でしょう。少しでも名が売れるよう宣伝しておきます。

「別無工夫」日記 by toshi fujiwara  http://toshifujiwara.blogspot.jp/



他、井上太郎氏のツイートに対し、
藤原敏史さんから、以下のような返信も見られました。


藤原敏史氏へ公開書簡、北朝鮮拉致問題、3、井上太郎さんへのストーカー
https://twitter.com/toshi_fujiwara/status/693257289843634176
https://twitter.com/toshi_fujiwara/status/693257802496671744



『北朝鮮が「返す」と言ってる被害者』?
『新たに見つかった被害者がいる』?

そんな報道は耳にした事が無いのですが。

藤原敏史さんは、随分とお詳しいご様子です。






2016/01/30  不破 慈   ※構成が複雑だったようなので少々短縮(2016/02/02)

  家族会のニュースが午前8時ジャスト。
  井上さんへのストーカーツイートが午前11時台の19/20/21分。






以下、もう一件、産経さんから全文引用(転載)です。
改行だけ加えて有ります。

2016.1.19 12:57
【参院予算委詳報】
安倍首相と「日本のこころ」党の中山恭子氏、
北朝鮮の工作活動を批判
「蓮池薫さん兄は、ある意味で拉致問題被害者」
「北の工作に乗ってはならない」



 19日に行われた参院予算委で、日本のこころを大切にする党の中山恭子代表が安倍晋三首相に対して行った、北朝鮮による拉致問題などに関する質疑の主なやり取りは以下の通り。

【慰安婦問題】

 中山氏「昨日、総理から慰安婦に関する日韓共同記者発表における当時の軍の関与の下にとは、軍が関与したのは慰安婦狩りなど強制連行や性奴隷化などではなく、慰安所の設置、健康管理、および衛生管理と移送についてのみであるとのご答弁頂きましたことは、いま特段の反応があるわけではありませんが、もちろん日本としてこの点をしっかりと明示していく必要がありますが、将来日本の子供たちを救う礎になるであろうと考え、改めて感謝申し上げます」


【拉致問題】

 中山「さて、北朝鮮による拉致問題でございますが、北朝鮮は先日の核実験に見られますように相当切羽詰まった状況にあると考えています。拉致被害者救出にあたっては金正恩第1書記に直接接することのできるグループと交渉することが鍵を握ることになると考えています。外交部とのルートが動いている限り、北朝鮮側から新たな交渉のための動きは出てきません。官邸主導の下で拉致被害者救出に集中して交渉を進めていただきたいと思います。総理のご決意を伺います」

 首相「拉致問題の解決は安倍政権の最重要課題でございます。すべての拉致被害者の生還をめざして全力を傾けていく決意でございます。同時に先般北朝鮮が核実験を強行いたしました。この核実験に対しましては、日本は安保理非常任理事国の一員として安保理においてしっかりと対応していきたい、決議を導いていきたいと考えておりますし、同時にわが国独自の制裁について、さらに強化をしていく考えでございまず。しかし、拉致問題の解決に向けてはですね、こうした圧力をかけていくと同時にですね、われわれは対話も求めていきたいと、こう考えているところでございます」

 中山氏「ぜひ今年、ある意味ではチャンスといえるかもしれませんので、被害者救出に集中した作業を進めていただきたいと思っております。拉致被害者の救出は政府のみならず、国として国民を守れるかどうかの問題であります。国会でも超党派で政府を応援し、後押ししている問題でございます。蓮池透さんの本につきまして、これは私は国会で取り上げる問題ではないと考えておりましたが、先日衆議院予算委員会でこの本に関連し、総理に対し、事実確認もしないまま総理の名誉を傷つける発言がございました。この本については事実と異なることがたくさん書かれております。違っている箇所を指摘し、抗議をしようか、との意見もございました。抗議するかどうか、被害者家族の方々や救う会とも相談しましたが、この本は北朝鮮のある種の工作活動の一環であるとの考えから、まともに取り上げるものではないので、無視することと致しました。緒方(林太郎)議員が取り上げた安倍、中山両氏は弟たちを一度たりとも止めようとはしなかったといった部分につきまして、当時の安倍官房副長官の部屋で関係省庁のメンバーで開かれていた会議を思い出しました。帰してはならないとの主張に対し、中山参与は5人の中に北朝鮮に帰りたいという人がいたら、ヒモで縛り付けてでも日本にとどめる、とどめよ、というのかといった議論もございました。そのようななか、5人を国家の意志で日本にとどめると決断してくださったのが、当時の安倍官房副長官でした。どれほどにうれしかったことでしょう。このようなこと、話し出せばきりがありません。今はその時期ではないと考えております。透さんはご自身では気付かれてはいないかもしれませんが、工作関係者に利用されていると考えています。ある意味では透さんも拉致問題の被害者といえるかもしれません。当時も北朝鮮側から安倍、中山、齋木が日本の3悪人と指名されておりました。今回は安倍、中山、横田を3悪人としたいようでございます。思ったように利益が得られなくなると、このような工作活動が動き出します。日本国内に工作活動をする動きが日常的にあることを、日本の人々が知っていることが大切です。特に国会議員がそのような動きに乗せられてしまうことはあってはなりません。総理のご見解を伺います」

 首相「当時の議論としてはですね、いわば5人の被害者については、再び北朝鮮に戻すべきだとの論調は強くマスコミ等にもあったわけでございます。私と中山参与とで、それぞれ拉致被害者ご本人との接触の中においてですね、最終的に日本にとどまる意志を確認したのでございますが、その際ですね、5人の意志でとどまるということではなくて、国家の意志として残す、ということを外に出そうと。そうしなければ、5人の被害者の方々のご家族に累が及ぶ懸念があると、そう判断し、われわれは国家の意志として、表に出していく。これは政府でもずいぶん議論があったところでございますが、そう決定したところでございます。それは中山参与の強いご意見でもあった。しかし当時はですね、個人の考え方を国家が超えていいのかという批判をわれわれずいぶん受けた。ここで大切なことは、北朝鮮は国論を二分しようとさまざまな工作をするわけでございます。それに乗ってはならないだろうと、こう思うわけでございます。当該の本も拉致被害者のご両親から、この本についてしっかりと批判をしたいという相談をうけたことがございましたが、しかし、被害者の家族の方々の中で分裂しているかの印象を与えるのはよくないと、それはやめといた方がよいのではないかと、申し上げたわけでございまして、そういうことをしっかりと認識した上で議論すべきではないか。いずれに致しましても、声を1つにして北朝鮮に被害者を帰せと日本は強く要求していく必要があると、こう考えております」

 中山氏「明快なお答え頂きまして、ありがとうございます。私ども超党派で動いていく必要がございます。ことしぜひ被害者全員が帰国できますように、私どもも一緒になって活動させていただきたいと思います。ありがとうございました」

(全文引用)
http://www.sankei.com/politics/news/160119/plt1601190018-n1.html
関連記事

[タグ未指定]
[ 2016/01/30 17:36 ] 社会問題 -1.政治・経済・軍事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※自己紹介の代わりに ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1725.html