二番目の山羊

北海道出身の父はアイヌクォーター、福島出身の母は「蝦夷のアベ」

【 #アイヌ 】 「せいぜいアイヌ系日本人」(千里真志保)

前記事、RT拡散して下さった方、有難うございます m(_ _)m
連日更新等は無理ですが、コツコツ基本情報をアップし続けます。

で、続けて、今更ながらの金子先生絡みですが。
当時、コレを発信していれば良かったんですよねぇ……。
私自身、金子先生の発言に、何の疑問も持ちませんでした。
※印象にも残らなかった。騒動になっていたと後から知り。


そもそも、コレは、
金子先生個人のお考えではなく、
アイヌ系の高名な言語学者である、
千里真志保先生のお言葉を
そのまま引用したに過ぎません。








平凡社『世界大百科事典』(昭和30年)の記載

アイヌ Ainu 【総説】


東アジアの古種族の一つ。
アイヌとは<人>の意で、なまって<アイノ>ともいわれた。

古くは日本の内地にも住み、
日本の歴史の上では<えぞ><えみし>(蝦夷・夷・狄)とも呼ばれた。

樺太(サハリン)のアイヌ語に
雅語で人を意味する<エンチウ>という語があり、
<えぞ><えみし>はそれから出たといわれる。

アイヌはもと千島(クリル諸島)、樺太、北海道に住み、
それぞれ、千島アイヌ、樺太アイヌ、北海道アイヌと呼ばれた。

このうち、千島アイヌ(97人)は、
1884年(明治17)に根室の小島シコタン(色丹)に移されて、
色丹アイヌとも呼ばれたが、年々減少して数人を残すのみになり、
今は日本人の中に姿を没してしまった。

樺太アイヌは、
最近まで南樺太の東西両海岸各所に集落をつくって、
主として漁民の生活を送っていたが、
これも第二次世界大戦後はほとんど北海道に移住してしまった。

今は樺太アイヌも北海道アイヌも
等しく北海道に住んでいるわけである。

人口は、北海道アイヌ約1万5千、
樺太アイヌ約1千3百といわれているが、正確な数は不明である。

今これらの人人は一口にアイヌの名で呼ばれているが、
その大部分は日本人との混血によって本来の人種的特質を希薄にし、
さらに明治以来の同化政策の効果もあって、急速に同化の一路をたどり、
今やその固有の文化を失って、物心ともに一般の日本人と
少しも変わるところがない生活を営むまでにいたっている。


したがって、
民族としてのアイヌは
すでに滅んだといってよく、
厳密に言うならば、
彼等はもはやアイヌではなく、
せいぜいアイヌ系日本人
とでも称すべきものである。


(千里 真志保)


※漢数字をアラビア数字に、改行も加えて有ります。







そして、和人との結婚を望んだのも、
他ならぬアイヌだったと、先にアップしました。

 過去記事リンク : 和人と結婚したがったのはアイヌ(2016/03/15)



私も、「アイヌ」って言われると、違和感が有るんです。

私は、弓を引いて動物を仕留める事も出来ないし、
口の周りに、親から墨など入れられていません。
死ぬまで入れるつもりは有りません。

  なんでわざわざ、ブスになんなきゃいけないのよ o(o・`з・´o)ノ




ただ、「アイヌの血を引いている」事は、確かです。
だから、皆さんが「本物のアイヌ」って言った時、
「本当にアイヌの血を引いている日本人」の意と、理解しています。

滅んだ筈の<アイヌ「民族」>が跋扈している以上、
対抗馬として、存在自体が求められるのは、当然の事でしょうから。



ただ、宇梶静江さんがそうであるように、協会も、
「本当にアイヌの血を引いている」人が、組織していますよ?

単なる反日日本人ですけれど。





2016/04/02  曾祖母はアイヌ、不破慈(ふわめぐみ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 



【補足】

ロシア国籍を選択した
クリル人(千島アイヌ)なら、
未だに純血に近いでしょう。


日本が樺太を去った後に、
奴隷として差別されたからですけど。



【関連】
  2016/02/26  明治8年、千島樺太交換条約(榎本武揚)
  2016/02/28  先住民だと北方領土返還に有利(多原香里)

関連記事

[タグ未指定]
[ 2016/04/02 16:52 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。


ブログランキング・にほんブログ村へ



※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html