二番目の山羊

北海道出身の父はアイヌクォーター、福島出身の母は「蝦夷のアベ」

【前記事補足】 いじめ② ~戦前の子育てと戦後の子育て

私の母は、昭和17年の生まれです。
10人兄弟姉妹の末っ子。
勿論、祖父母は明治の人間。


母も私も、遅い子供でした。




イジメをテーマに、次回(予定)まで続けますが、先ずは前記事の補足的に。

答えなんて、聞くまでもないし、言うまでもないと思います。前者はですね、戦前の先生なんですよ。御歳91の、シベリア帰還兵に教えて頂きました。※北海道出身 驚いていらっしゃいましたよ。現代における、アイヌ≪民族≫達の活動を知って。「アイヌ差別なんて、無かったですよ。そんな事をしたら、先生にゲンコツを...
【 #アイヌ 】 いじめ① ~戦前の先生と戦後の先生、対応の違い




私は父方から、アイヌの血を8分の1、受け継いでいます。
ですが、その事で差別を受けた事はございません。

この活動を始めてからは、「民族屋さん」が五月蝿いですが

横浜で生まれ育ったと云う、地理的な条件も有るでしょう。
ただ一方で、「障害者としての差別」なら、経験がございます。



「脳がアレな人って、夜の感じ方が違うんだろ?」
初老の男性でした。

危うく、「オッサンの脳がアレだよね?」と
返しそうになりましたが、そこは私もイイ大人なので(^q^)

「他の方になった事がないので、
 存じ上げませんけれど?」とだけ、答えておきました★




さてさて。
“障害もないのに脳がアレな人”を基準に、日本社会を語る事は不当です。

ですので、以下は、私の中学校時代のお話。
私自身が、神経発達障害を抱えていると、未だ気付いていなかった頃。

中三の時のクラスに、知的障害を抱えた男の子がいました。








私が通っていた学校には、相談学級が在りました。
その子も、そこに通えれば、ストレスのない三年間だったと思いますが。

親御さんが、頑として、普通級に押し込めていたのです。
本人のレベルに合わせた指導の方が、将来的にも伸びるのですが。

肝心の親がモンスターでは、学校側も大変だったと思います。
しかし、校内のイジメを放置して良い理由には成りませんね。



私がいつものように、下校時刻まで図書室に入浸っていた日。
廊下を通り掛かると、件の男の子が、座り込んでいました。
大量の数学用教材を前にして。

「どうしたの?」と訊ねると、
「皆に任された」と言うのです。



どうも、この大型の教材をまとめて、
職員室まで持って行けば良いみたいなのですが。

それを数人の男子生徒から、
「お前なら出来る」と、押し付けられたらしく。

いったい、何十分、否、何時間そうやっていたのか。
頭を抱えてしまいましたが、目の前の男の子に
“犯人”の悪口を吹込んでも仕方ない。 (正当な批判ではありますが)



「そうか。皆に任されたのね。
 でもそれ、私でも出来るから。もう遅いし、君は帰りな。
 下校のチャイムが鳴ったでしょう? また明日、学校でね」


「うん!」と元気に返事して、その子は帰り、
私は教材をまとめて、職員室まで届けました。







似たような事は、ポロポロと有ったんです。


『障害者って、手とか足が不自由な人の事でしょ?』
――――お前が知能検査を受けて来い。

『どうせ、先生は知ってて見ないフリだろ?』
――――判ってんなら、イジメんな!



実は、私がいつも一緒にいた女の子も、
標的(ターゲット)にされていたんですよ。

空気を読む能力がないお陰(?)で、
ずっと気付かずにいたのですが。

私と一緒にいる限りは、基本的に誰も手を出して来ません。
力関係だけは、正確に読み取っていますね。



  この三年次のクラスに関しては、私も投げていました。
  一学年・二学年では、良い先生に恵まれていたのですが。







小学生の頃から、
学校で有った事、見た事・聞いた事を報告する度、
母は必ず、話の最後に、こう付け加えました。


「お前は優しくして上げなさい」






2016/10/13  不破 慈(ふわめぐみ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事

[タグ未指定]
[ 2016/10/13 13:18 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(2)
こんばんは
Twitterがスパムの被害にあってませんか?
[ 2016/10/16 02:23 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> こんばんは
> Twitterがスパムの被害にあってませんか?


あら、ホント!(゜0゜)
ご親切に、ありがとうございますm(_ _)m

……レイバーのサングラス?
グラサンなんて、掛けた事もない……(・_・;
[ 2016/10/16 11:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。


ブログランキング・にほんブログ村へ



※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html