fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

熊と猪 ~マタギはアイヌに非ず

多摩動物公園、クマ1

多摩動物公園、イノシシ1



都立多摩動物公園に行って来ました。
こういう本を図書館で見付けまして。
実物を見てみたくなったんです。



田中康弘著、マタギ
マタギ 矛盾なき労働と食文化/田中康弘 (2009年4月、枻出版社)



***



過去記事にアップした通り、不破の親戚には山猟師がいます。
北海道(エゾ)の父方じゃないですよ、東北蝦夷(エミシ)の母方。
幼い頃、遊びに行きました。母の実家から車で30分の距離。


狩猟を続ける母方の親戚[東北蝦夷/福島県](2016/07/13)
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1648.html
アベ一族と姪っ子~きのこ・たけのこ……(2016/08/29)
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1653.html



母方(福島)の伯父や従兄弟は、
確かに山に入るんですが……って、山に住んでいるんですが、
マタギさんとは違うんですよ。あの辺、クマは出ないんです。

動物園の標識を見て、ハッキリしました。
福島の位置、なんとなく判ると思いますが。
確かに、母の実家周辺は、生息域から外れています。



多摩動物公園、クマ2  多摩動物公園、クマ3 多摩動物公園、クマ4

多摩動物公園、イノシシ2  多摩動物公園、イノシシ3




まぁ、大元の土台は同じなんでしょうけれど。
獲れる獲物が違っただけで。










でですね、例の如く、「マタギ≒アイヌ」説が存在します。
北海道のアイヌが南下して、秋田のマタギになった、云々。
勿論、著者の田中康弘さんは否定されています。

縄文・弥生の二重構造説に慣れた我々からすれば、
「北に追いやられたのか、南下したのか、どっち?!」
そうツッコミを入れたくなりますが、当然ながら、どちらも違います。



アイヌはですね、
シベリアから少数民が流入して、再編成された集団です。

13世紀、鎌倉時代ですね。
皆様もご存知の通り、元寇がありましたが。
元軍は、海上からだけでなく、樺太経由でも侵攻しているんです。

所謂「アイヌ文化」は、その頃に形成されたと考えられています。
元軍の兵士がそのまま居座ったとは考え難いので、
難民として大陸から逃れて来たのでしょう。

実際、アイヌはシベリア少数民と、
ミトコンドリアDNAハプログループのタイプを、多く共有しています。
母親から受け継ぐ遺伝子タイプなので、女性も多く移住して来たという事。


※参照:DNA調査
沖縄とアイヌが縄文系?(2017/04/17)
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1645.html




12世紀、道南は奥州藤原氏の勢力圏でしたから、
北海道には多くの和人(≒蝦夷)が居住していました。
擦文文化人と呼ばれる人々と大規模に混住している所へ、
シベリアから新たな流入があった……、というのが全体の流れです。









仮説を立てること事態は学問に必要ですし、問題ないと思うのですが、
思い付きのレベルで、父方や母方を切り貼り編集され、迷惑しております。


こう主張する研究者まで存在します。
『アイヌの熊祭は、縄文期の猪祭が復活したものだ』

…………大変、申し訳ないのですが。
猪を獲っていたのは、私の母方(福島)の親族です。






2017/04/18  不破 慈(ふわめぐみ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 


文化的な連続性を追っていくと、
アイヌはやはりシベリア少数民に近いです。

華やかな刺繍文化にしてもそう。
ただ、アイヌは和人から着物を手に入れ、
シベリアでは清国から衣類を入手していました。
そして、そこに独自の文様を施していくんです。

砂沢クラさんの本には、「魚皮で作った靴」が登場します。
シベリア少数民も履いています。防水性に優れているそうです。





本の内容を紹介できなかったので。田中康弘さんのサイトです。
マタギ自然塾  http://tabi-matagi.com/index.html
関連記事

[タグ未指定]
[ 2017/04/18 12:17 ] アイヌ利権問題 -3.東北・蝦夷(母方) | TB(0) | CM(2)
違うよ。アイヌの人って、ものすごく毛深い。明らかに遺伝子レベルで違うから。北海道じゃ常識。
[ 2017/04/30 12:24 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 違うよ。アイヌの人って、ものすごく毛深い。明らかに遺伝子レベルで違うから。北海道じゃ常識。

はい。ですから、記事本文中に書いた通り、「アイヌ≒マタギ説」は間違っているのです。
[ 2017/04/30 12:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。