二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? 旧土人保護法にそんな条項は存在しません。道庁のHPで全文を確認できます。

縄文・弥生の二重構造説はもう古い。

縄文・弥生の二重構造説はもう古い。


国立科学博物館、3万年前の航海徹底再現プロジェクト、リーフレットより

※国立科学博物館のリーフレット(3万年前の航海徹底再現プロジェクト)より




***




前記事の後半で、以下の事柄について簡単に触れました。

 [1]アイヌ集団は13世紀以降、シベリアからの新規流入を受けて、
    先住の擦文文化人や和人(蝦夷)との混交により形成された。
 [2]生活文化的な連続性を追えば、アイヌ集団はシベリア少数民に近い。




新たな科学的証拠や学説はどんどん登場しているのですが、
どうも皆さん、固定観念(列島を北上)に縛られている様子です。

ここで原点に立ち戻ってみましょう。
上図は、国立科学博物館のリーフレットからです。
手許でスキャンしたのですが、画像は大丈夫でしょうか?

ご覧の通り、現在では、
日本列島へ3つの流入ルートがあったと考えられています。




勿論、その時に一回こっきりではないですよ?
最初の流入があったのがこの時で、その後も都度、人々はやって来た。

 対馬ルート : 3万8000年前
 沖縄ルート : 3万5000年前
 北海道ルート: 2万5000年前




13世紀にも、シベリアから樺太経由でやって来た人々がいたし、
7世紀にだって、百済から難民が流入しましたよね。
※しかも8世紀にはそこのお嬢様が入内(桓武天皇の生母)


その積み重ねで、現在の日本人が形成されたんです。












そしてコレは、私が二十歳ぐらいの時に読んだ本に書いてあったのですが。
現代日本人の骨格には、広くアジア全域の特徴が見て取れるのだそうです。



さらに以前、DNA記事で引用した
国立科学博物館・篠田謙一博士の著書を読んで、私は驚愕しました。


DNAで語る日本人起源論、篠田謙一著、岩波書店刊  ※漢数字をアラビア数字に、改行も加えました。

 (一部引用)

 実はこれまでに発見されている縄文人骨は
 大部分が約5000年前の縄文中期以降のものなので、
 それに基づいた日本人起源論も、あまり意識はされませんが
 この時代をスタート地点として設定しているのです。

 そのなかでは、
 縄文人の形質が互いに類似していることを根拠に、
 彼らを同一の集団と捉えています。

 しかしその均一性については、
 この結論を導く基礎となっているのは
 縄文時代後晩期における東北から関東にかけての
 太平洋側に位置する貝塚から出土した人骨
であって、
 安易な縄文人均一論を慎むべきだという指摘もあります。


 (引用終了)
 篠田謙一著/DNAで語る日本人起源論、p124-125/2015岩波書店




***




よく芸能人の顔写真を並べて、
縄文系とか弥生系とか、TV番組で判定していますけれど。

…………どれほどの意味があるのでしょうか?





  「東北~関東の太平洋側」って、まさしく私の母方(福島県)が全員そんな顔です。
  「蝦夷のアベ」は、記録で追えるだけでも、1200年以上そこに住んでいますから。







2017/04/30  不破 慈(ふわめぐみ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 








国立科学博物館人類史研究グループ長、海部陽介博士 日本人はどこから来たのか書影、海部陽介著、文藝春秋刊


篠田謙一先生の著書より、
海部陽介先生(画像左)の著書の方が一般には読み易いかと。
TVやラジオで報道されているんで、ご存知の方も多いかな?

国立科学博物館主催:3万年前の航海、徹底再現プロジェクト
http://www.kahaku.go.jp/research/activities/special/koukai/
関連記事

[タグ未指定]
[ 2017/04/30 13:19 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html