二番目の山羊 ~曾祖母はアイヌ

和人との婚姻を強制された? 旧土人保護法にそんな条項は存在しません。道庁のHPで全文を確認できます。

シベリアからの流入、決め手はmtDNAのY

北海道縄文人骨から検出される
mtDNAのN9b、D4h2、G1b。
極東シベリア少数民も保有しています。




日本人はどこから来たのか書影、海部陽介著、文藝春秋刊   (引用)

 山梨大学の安達登のグループは、
 北海道の各地で発掘された56体の縄文人骨を分析して、
 ミトコンドリアDNAのタイプを決めることに成功した。

 そこで見られたのはN9b、
 D4h2、G1b、M7aという4種類だったが、
 中でも多いのはN9bだった。

 面白いことに、アジアの現代人集団の中で、
 N9b、D4h2、G1bは、ロシアの極東地域に暮らす少数民族
 (近現代に移住してきたヨーロッパ系のロシア人ではない、
  ウリチ、ウデヘ、ニヴフなどの先住民族のこと)にあるが、
 東南アジア集団には見られない。

 そこで安達らは、北海道縄文人は
 基本的に北東アジアからやってきた集団の子孫であると結論した。


 (引用ここまで、改行を加えました)
 海部陽介著、『日本人はどこから来たのか?』 p181/文藝春秋/2016.2




   ※下の画像は、ナナイ・ニヴフ・ウデヘ・オロチ・ウリチです。

   5-7、シベリア諸民族 5-8、シベリア諸民族
   世界の民族衣装の事典(丹野郁・監修/東京堂出版)より





*****





まぁ、mtDNAの共有は自然ですよね。
だって、日本列島への通り道なんですから。


国立科学博物館、3万年前の航海徹底再現プロジェクト、リーフレットより


前記事リンク:縄文・弥生の二重構造説はもう古い。
http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1717.html












ここで皆さん、疑問に思われると思います。

  「アイヌも、シベリア少数民とmtDNAを共有してるんでしょ?
   だったらやっぱり、縄文直系の子孫になるんじゃないの?」




ならないんです。

いえ、正確には、縄文の血も受け継いでいますが、
後の時代の流入(合流?)を示す決定的な証拠が有るんです。


それが記事表題に記した、mtDNAのYなんです。





*****





以下、篠田謙一先生の著書から引用します。


篠田謙一著、日本人になった祖先たち、NHKブックス  ※ハプログループ = DNAの系統タイプ

(引用)

 ハプログループYは、最初カムチャッカ半島や
 北東シベリアの先住民のなかに見つかりました。

 系統的な位置がハッキリしなかったので、
 Yという大きな名称が付けられましたが、
 後にN9の側枝であることが判明しました。
 分布のほとんどが北東シベリアに限られているのが特徴です。

 特に沿海州の先住民の集団が
 このハプログループを持っていることが知られています。
 このハプログループはこの地域で生まれて、
 ほとんど拡散を行わなかったようなのです。

 このハプログループを持つ人は、
 本土の日本人にはほとんどいないのですが、
 実は北海道のアイヌの人たちに多くふくまれていることが、
 かつて行われたアイヌの人たちのDNAの研究からわかっています。


 (引用ここまで、改行を加えました)
 篠田謙一著、『日本人になった祖先たち』 p121/NHKブックス/2007.2





*****





更に篠田先生の著書から表をスキャンしました。
少々ボケてしまって申し訳ないですが。

一番下が北海道縄文人の欄です。
右側のN9bが6割を超えていますが、Yは全く検出されません。


篠田謙一著、日本人になった祖先たちp167より、mtDNAハプログループ頻度



江戸期アイヌmtDNA、篠田謙一著、DNAで語る日本人起源論p173より  ← 参考までに、江戸期アイヌ人骨からのmtDNA(247KB)













どうぞ皆さん、小さなお子さんにはこう説明してあげて下さい。


  日本人とシベリアの人達は、もともと親戚なの。
  後の時代に、そこからお嫁さんやお婿さんが渡って来て。
  そうして生まれたのが、アイヌの人達なんだよ。








2017/05/13  不破 慈(ふわめぐみ)   ※5/15、画像一枚追加

 ブログランキング・にほんブログ村へ 



アタシ的には、
シベリア少数民の系譜を受け継ぐとか、
「超カッケーじゃーん!(゜▽゜*」って思うんですけどね。

アイヌ先住民族信仰の持ち主には、
縄文直系だの、純粋な日本人だのに固執する人も多くて。

“純粋な日本人”って、いったい何なんでしょう?
あっ、性格の話?(*^q^*)



終戦直後、GHQの甘言に騙されることなく、
北海道を護り抜いたアイヌは、紛れもない日本人だと思います。

終戦後、GHQ(連合国軍総司令部)が占領下の旭川に来て、アイヌの長老たちと面談している。GHQ側が「独立したいか?」と聞くと、長老達は、「日本国民だから、ここに残る」と断ったという。その資料が、米国のスミソニアン博物館に...
GHQ側の記録、アイヌ弾圧などなかった


関連記事

[タグ未指定]
[ 2017/05/13 19:49 ] アイヌ問題 -1.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈 (ふわ めぐみ)

リンクフリー・引用自由。
記事URLを表記願います。
文章改変はお断りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



※改めましての自己紹介 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html