二番目の山羊

横浜育ち、ワンエイス(8分の1)のアイヌ系。 先ずはサイト上部、横並び6件の記事からどうぞ!(PC版)

福島から水力エネルギーを発進!発信!全速前進!

今あるダムで
年間2兆円超の
電力を増やせる。


by竹村公太郎



【福島水力発電促進会議】
 https://www.fukushima-suiryoku.com/

安積疏水十六橋水門、福島水力発電促進会議の頁より



↑ 写真は明治13年(1880)に建造された、
安積疎水十六橋水門(あさか・そすい・じゅうろっきょう・すいもん)。
猪苗代湖(いなわしろこ)をダム化する時、設置された門なんです。

福島県の猪苗代湖。
琵琶湖・霞ヶ浦・サロマ湖に続いて、日本で4番目に広い湖です。


 会津富士と名高い磐梯山が聳え立っていてね~、
 縄文時代の土器とかも発掘されているんですよ~★
 ♪エンヤー、会津磐梯山は宝の山よ~♪~θ(^0^ )



…………スミマセン、話を元に戻しまして。 (←)



福島水力発電促進会議
2017年6月18日付で発足したそうです。
私はTVを観ないので判りませんが、NHKでも報道されたそうで。
ご覧になった方はいるでしょうか?








座長は竹村公太郎氏。
川治・大川・宮ヶ瀬と、3つのダムを造ったスペシャリストです。
そして同時に、「ダム新設を止めよう」と呼び掛けたご本人でもあります。
国交省で、開発課長や河川局長をお務めの時代に。


誰よりも水力を愛し、同時に、
人を、社会を思う気持ちの強い方です。

だからこそ、これ以上ダムを増やすことなく、
既存のダムの潜在力を最大限に引き出す研究を、ずっと続けてこられた。



実は執筆活動もなさっていて、私は数年前から密かなファン。
コレコレ。書店でご覧になった事はないですか?


竹村公太郎著、日本史の謎は地形で解ける、PHP文庫 竹村公太郎著、日本史の謎は地形で解ける文明文化篇、PHP文庫 竹村公太郎著、日本史の謎は地形で解ける環境民族篇、PHP文庫








水力には、原発にはない魅力があります。

原発は、そのエネルギーの膨大さゆえに、
どうしても、細かな発電量の調整ができません。

しかし、水力なら簡単です。放水を止めれば良いんですから。
そして、また発電したくなったら、放水を開始すれば良い。

火力と違って、温室効果ガスも排出しませんしね。


つまり、原発と水力を上手く組み合わせる事で、
貴重な資源を無駄にせず、かつ温暖化対策も推進できるんです。



***



勿論、ダムによっては増強や改良が必要ですし、
列島全体を手入れするには、長期計画で見るしかありません。

しかし、新たに民家を沈めるわけではないし、森林が丸々没する心配もない。


国家予算を投じる価値はあると思います。
1000年のエネルギー政策を語りましょう。






2017/11/18  不破 慈(ふわめぐみ)   ※加筆修正(11/19、11/24)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 


とっても綺麗なHPなんですよ~、是非ご覧になって下さい♪
TOP画像もお借りしました。ありがとうございますm(_ _)m
  福島水力発電促進会議  https://www.fukushima-suiryoku.com/



【注意!】

竹村公太郎氏を、反原発の旗手かのように勘違いなさる方がいます。
しかし著書の中で、ご本人は明確に否定なさっています。

「私には原子力を否定する気持ちも、火力を否定する気持ちもない」 (p4)
「もちろんこの中小水力発電では、東京や大阪など巨大都市の電力需要を賄えない。
 大都市を維持していくためには、どうしても発電出力の大きい発電所が必要となる」 (p61)


竹村公太郎著、水力発電が日本を救う、東洋経済新報社、20160819
水力発電が日本を救う
今あるダムで年間2兆円超の電力を増やせる
竹村公太郎著/東洋経済新報社/2016年9月


ただ純粋に、ご自身の専門について考えていらっしゃるだけです。
そしてそれにより、水源地の財源として還元したいということ。

「近代の日本は経済成長のために、数々のダムを造った。
 そこには、決して補償することのできない、大切な思い出が犠牲となっている。
 私たちダム技術者はこのことを、絶対に忘れない」 (p146)
関連記事

[タグ未指定]
[ 2017/11/18 10:52 ] 保守活動 -2.東北蝦夷・福島原発 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
 
アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム/神経発達障害の一)です。もともとは障害当事者の個人的なブログでした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が私をアイヌと無関係に育てた理由が解りました。

母の故郷・福島と、自らの障害に関連する記事が多くなりますがご了承下さい。


※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html

ブログランキング・にほんブログ村へ


  リンクフリー・引用自由。
  記事URLを表記願います。
  文章改変はお断りします。