fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

ゴールデンカムイなるアニメが4月から放送開始ですね

韓流ドラマにアイヌ漫画。



保守ではマイナー扱いされがちなアイヌ利権。
やっとチャンスが巡って来たようです(^^)

嫌韓が広まるには、韓流ブームが欠かせませんでした。


まして二次世界の担い手は若年層が中心。
幼少から、自然とメディアリテラシーを身に付けてきた世代です。

目覚めたら早いでしょう。



このジャパニメーションもやはり、
海外に輸出されるのでしょうが、ご心配には及びません。



既に、現代アイヌ≪民族≫の活躍によって、
北海道開拓史が大虐殺(genocide)であると
世界中で喧伝されているのですから。





チョゴリとコスプレ 光野智子、糸数慶子、ZouXiaoqiao、阿部千里、多原良子



第二の慰安婦、そして南京。
日本の敵は、やはり国内に潜んでいました。




2018/02/14  不破 慈(ふわめぐみ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 


※砂澤陣さんのブログでも触れられていたので、ご紹介します。 (一部引用)

『問2・ゴールデンカムイについて』
前にSNSにも『ゴールデンカムイないない』を少し書いたんですが、娯楽漫画としてはいいと思いますよ『娯楽漫画』ね!
私も忙しくて、他に読むものがあるので、4巻か5巻までしか読んでませんが、あれを真に受ける人もいるんだろうな~
メルヘンというか・・・・なんというか
取材してます資料はこれですと漫画にも書いてますが、アイヌ協会の推薦する本ばかりで郷土紙等は一切読んでいない様子、その実、本当に漫画だから許される稚拙なストーリーだと私は思いますよ。
それに、利権アイヌ東京の巣窟「八重洲アイヌ文化交流センター」でタッグを組んだイベントが行われた時点でプロパガンダ漫画としか言えないですし、アイヌ協会も利用すると明確に役員会などで言ってますからね。まともに取材したのなら金山を所謂アイヌ系が襲い金を略奪したことや、所謂アイヌが、どれほどまでに武装しない民間人を殺戮してきたのか直ぐに見えてくるんですがね。
漫画家という職業を見下すつもりは毛頭ありませんが、あの漫画を読んで楽しめるのは精々利権アイヌとメルヘンに浸りたい人でしょうね。私の評価は『はだしのゲン』より酷いな。

※全文はこちら → 後進民族アイヌ ご質問…(2018/01/10)
  http://koushinminzoku.blog117.fc2.com/blog-entry-378.html



【後発記事】
砂澤陣さんのツイッターから、
「ゴールデンカムイないない」を
借りて来ました! (2018/12/13)

 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1863.html

関連記事

[タグ未指定]
[ 2018/02/14 12:15 ] アイヌ利権問題 -2.北海道・アイヌ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。