二番目の山羊

横浜育ち、ワンエイス(8分の1)のアイヌ系。 先ずはサイト上部、横並び6件の記事からどうぞ!(PC版)

ペットと人間の子どもを区別できない親

愛玩動物と人間の
 子どもを区別できない親





以前よりは身体が快復してきたので。
親子連れの多い時間帯に買出しに出ることがあります。

色んな親子を見掛けますよ。
子供を野放しにして走り回らせている親、
中身のない愚痴を、延々延々と我が子に吐き続ける親。

かと思えば、「しっかりとした家庭教育が行われている」と、
見ていて安心する親子もいるんです。目立ちませんけれどね。

私の感覚では、「両極化が進んでいるな」という印象です。


で、表題の件。 ある騒動から、ずっと考えていたんですよ。
「ペットの飼育と、子供の養育の区別がつかない親御さんがいるのでは?」と。



猫や小型犬なら、「マズイ」と思った瞬間に、
飼い主が抱え上げ制止すれば、事無きも得られるでしょう。
死ぬまで家庭で面倒を見る限り、「責任」を果たしたと見做されます。  ※リードは離さずに!


しかし、人間の子供は違います。
いつかは親許を離れ、社会に巣立って行くんです。
目の届く範囲に、永久に留まってくれる存在ではない。

公共の場で、一応は止めに入っているような素振りを見せても、
その子自身で判断可能にならなければ、集団生活で苦労をするでしょう。
同年齢の子達は、「子供だから」という理由で容赦などしてくれませんからね。



***



自分は愛されて育った。
何をしても、親が後始末をしてくれた。

結婚して、家庭を持った。子供は三人。
もう、親が謝って許される年齢じゃない。

親がダメなら、女房に頭を下げさせよう。
一番の被害者が共に謝罪すれば、世間も納得してくれるさ♪



…………私も、相手女性の家で土下座をさせられた経験がございます。




 ※DV犯(逆DV含)に共通する思考として、「自分は悪くない」があるようです。





2018/04/16  不破 慈(ふわめぐみ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 



五体不満足の著者ですけれど。
メディアに登場した当初から、存在意義が理解不能でした。

私には小学校・中学校と、車椅子生活の同級生がいたんですよ。
他にも、手や脚に麻痺を抱えた子。その子とは女の子同士、よく遊びました。

特筆すべき才能がある、或いは事業を成功させた等の功績があれば、
注目も当然と思います。逆境を糧に前進することは、人類不変のテーマ。
その時、障害(ハンデ)は、その人物の付加価値としての位置付けでしょう。


障害を特別なものだと勘違いしているの、あの人の方じゃないの?
障害があってもなくても、親は勘違いしたまま育てたと思うけど。


関連記事

[タグ未指定]
[ 2018/04/16 15:33 ] 保守活動 -5.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
 
アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム/神経発達障害の一)です。もともとは障害当事者の個人的なブログでした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が私をアイヌと無関係に育てた理由が解りました。

母の故郷・福島と、自らの障害に関連する記事が多くなりますがご了承下さい。


※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html

ブログランキング・にほんブログ村へ


  リンクフリー・引用自由。
  記事URLを表記願います。
  文章改変はお断りします。