FC2ブログ

二番目の山羊

横浜育ち、ワンエイス(8分の1)のアイヌ系。 先ずはサイト上部、横並び6件の記事からどうぞ!(PC版)

アイヌと沖縄の骨格は違う

アイヌと沖縄の骨格は違う。



前記事で、外見的な差異を追究しても、
利権アイヌにダメージは与えられないと説明しました。
特徴が出なかっただけで混血だ」と返されれば、それで終わりですから。

  アイヌ系から見て、「沖縄の人?」と思うこともある(2018/05/10)
  http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1794.html



ただ、ネットの不毛な憶測に終止符を打つためにも、情報としてアップします。
前置きが堅苦しくなりましたが、篠田謙一先生とビートたけしさんの対談を。


  篠 田 : 確かにアイヌの人たちと沖縄の人たちは、よく似て見えます。
        しかし、頭骨を比較すると結構違う。 骨の形では、
        沖縄の人はどちらかというと、本土の日本人に似ています。

  たけし : そうなんですか。骨格は違うけれど、
        毛深いとか、そういう点が似ているだけなんだ。

  篠 田 : そうです。見た目で目立つ形質が似ているものですから、
        わりと似て見えるだけなんですよ。



※たけしの面白科学者図鑑 人間が一番の神秘だ!(p105)/新潮文庫(2017.04)
  初出 : 「新潮45」 2015年2月号 「たけしのグレートジャーニー」





***




なお篠田先生は、形態人類学のみならず、
分子人類学もご専門で、ミトコンドリアDNAでの研究もなさっています。


※篠田先生の著書(DNAで語る日本人起源論)より

 本土日本、アイヌ、琉球の三集団のミトコンドリアDNA
 ハプログループ頻度を比較すると、それらは互いに異なっており、
 とくにアイヌと琉球集団の間に類似性は認められないことがわかります。
 (中略)
 一方、本土日本と琉球列島集団では、
 互いが持つハプログループの種類は共通していますが、
 その頻度には違いが見られ、ミトコンドリアDNAの分析は、
 後述する現代日本人の核DNAのSNPの研究結果を支持しています。


※詳細は過去記事で ⇒ 沖縄とアイヌが縄文系?(2016/06/19)
  http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1645.html#mt




***




このように、形態学(骨格)と
ミトコンドリアDNAハプログループの研究では、
「沖縄と本土日本のほうがより近縁」と云う、
同様の結果が得られています。







2018/05/13  不破 慈(ふわめぐみ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 



私も利権アイヌを見ていて、「随分と薄い身体だ」と思うことはあります。
ただ先述の通り、それを追究する意味はない。 少なくとも現段階では。

ご参考までに、私の体型です。
 ⇒ 和人とは微妙に骨格が違うらしい(2016/03/06)
    http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1626.html



以前の記事なので、勉強不足の面があったのですが、
体型(骨格)変化には、生活スタイル(農耕・狩猟)のほか、
気候風土(外気温)への適応が、大きく関わっているそうです。

  一般に赤道に近い地域に暮らすアフリカ人などは、
  細身で腕と脚が長い体形をしているが(その方が体熱を放散しやすい)、
  高緯度地域の集団では胴長短足の傾向が強く、中でも北極海沿岸に暮らす
  イヌイット(エスキモー)は極端にそうであることが知られている。 (p92)

  ※海部陽介著、「日本人はどこから来たのか?」/文藝春秋(2016.02)

関連記事

[タグ未指定]
[ 2018/05/14 11:26 ] 保守活動 -1.北海道・アイヌ利権 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
 
アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム/神経発達障害の一)です。もともとは障害当事者の個人的なブログでした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が私をアイヌと無関係に育てた理由が解りました。

アニメ開始に託けて二次ネタを増やす予定です。その他、母の故郷・福島と、自らの障害に関連する記事が多くなりますがご了承下さい。


※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html

ブログランキング・にほんブログ村へ


  リンクフリー・引用自由。
  記事URLを表記願います。
  文章改変はお断りします。