FC2ブログ

二番目の山羊

横浜育ち、ワンエイス(8分の1)のアイヌ系。 先ずはサイト上部、横並び6件の記事からどうぞ!(PC版)

ディベート云々の前に、日本人はケンカの仕方を知らない

ディベート(議論・討論)云々の前に、
現代日本人はケンカの仕方を知らない





何かの本で読んだなぁ。
中国や韓国では、「一番になれ」って子供を学校に送り出す。
でも日本では、「ケンカしないでね」って言って送り出すんだって。

ああ、それで腰抜け日本人の完成ね(笑)


アタシの母は、こう言いました。
子供はケンカするもんだ。まして男の子なら少しくらいヤンチャで構わない」

勿論、ケガをしないように見守る必要はあるけどね(^^)


そして、母はこう続けました。
「自分より身体の小さい子に手を出すのはダメ。多勢に無勢もダメ。
 それはイジメだから。イジメは卑怯者のすること。人としていけない」




***




子供達は、親や教員の言うことを、忠実に守っていますね。

ケンカはしていません。
ですが、イジメは蔓延っています。

イジメを止めさせようと思ったら?
……ケンカになってしまうかも。

でも、ケンカは出来ないんですよ。
ああ、どうしよう???



国家としての現代日本、そのままじゃないですか。
もう爆笑。 崩壊した腹筋、返して欲しいワwww

中国とケンカになっちゃいけないから。
だから、共産党のイジメには目を瞑るの。



時代錯誤の植民地政策に、臓器狩り
日本海の向こうで横行する、「酷いイジメ」は見て見ぬフリ。

だって、ケンカはいけないんだもんね?
でも、イジメは良いんだよね?




とどのつまりは憲法9条。

無抵抗でイジメられる限りは、
ケンカ(戦争)になっていないから。


親と日教組の指導通り、
見て見ぬフリで良いんだよ。





私も親の指導の許、忠実に言い付けを守って育ちました。
「自分の身可愛さで、ガチンコもできない臆病者になって堪るか!」





2018/06/13  不破 慈(ふわめぐみ)   ※アップ二日後、一箇所加筆

 ブログランキング・にほんブログ村へ 



「皆と仲良くね」って子供を送り出すのは良いと思うよ。
仲良くしていない子を見たら、「仲良くしなきゃ」って言える子に育つから。


……なんか、戦前の北海道みたいだね(^▽^)
学校の先生はね、「アイヌの人達は北海道の先輩」って教えてくれてたの。

だからクラさんが言ってたんだよ。
「私達アイヌをイジメるのは、教育を受けていない人でした」って。


さて、子供達の情操教育にとって相応しいのは、どちらの先生の指導でしょう?
①アイヌの人達は北海道の先輩。皆さん、敬いましょうね。 ②日本人は、アイヌの人々の土地を奪って開拓し、彼らの生活を破壊したのです。我々は謝罪と賠償を……(以下略)
答えなんて、聞くまでもないし、言うまでもないと思います。前者はですね、戦前の先生...
【 #アイヌ 】 いじめ① ~戦前の先生と戦後の先生、対応の違い(2016/10/07)

関連記事

[タグ未指定]
[ 2018/06/13 18:19 ] 保守活動 -4.医療・教育・福祉 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
 
アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム/神経発達障害の一)です。もともとは障害当事者の個人的なブログでした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が私をアイヌと無関係に育てた理由が解りました。

アニメ開始に託けて二次ネタを増やす予定です。その他、母の故郷・福島と、自らの障害に関連する記事が多くなりますがご了承下さい。


※最も解りやすいアイヌ問題 ⇒ http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1708.html

ブログランキング・にほんブログ村へ


  リンクフリー・引用自由。
  記事URLを表記願います。
  文章改変はお断りします。