fc2ブログ

二番目の山羊 ~アイヌは先住民族に非ず

2008年の先住民決議は騙し討ち。2019年のアイヌ新法も不当です。 ※現在は、twitterもFBもやっていません。 【 pixiv:5770560 】

青森県民さ~ん、対岸にアイヌ自治区ができちゃいますよ~

アイヌ自治区、待ったなし。


札幌駅で配っているチラシ

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/43185822_1001589750035088_4131883281782145024_n.jpg?_nc_cat=102&_nc_ht=scontent-nrt1-1.xx&oh=59be3eb26519dc28f7156bfb9ccf3ad7&oe=5C85C09E


サムネイル画像をクリックするより、URLで飛ぶ方が見易いかも。
札幌駅で配られていたチラシと、同じ画像だそうです。
糾さん、ありがとうございます(_ _)



さて、「民族共生象徴空間」なる白老は、
アイヌ≪民族≫自治区の予定地でもあります。
実際、利権アイヌ(協会員)から要望が出ていますから。

国民の血税で実現してもらうまで、彼等は駄々を捏ね続けます。
「先住民族の権利ダー!」とか嘯いてねw  ぷぷっ(* ̄p ̄*)


アイヌ自治区に関しては、過去記事に詳述しましたのでご確認下さい。

 アイヌ自治区は札幌の近く?! (2017/01/24)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1711.html





道央中心部、スーパーマップルより、150KB





さて、アップの地図を用意しました。
左下に、「白老」と書いてありますでしょう?

右に目を移すと、「厚真」の地名があります。
そう、今回の地震で、被害が大きかった地域です。

その厚真町から、奥州藤原時代の遺物が見付かっております。
和人の勢力圏だったんですよ。道南には昔から、和人が生活していました。


時は12世紀、アイヌが登場する100年も前の話です。

 12世紀・道南は奥州藤原氏の勢力圏 (2016/05/25)
 http://fuwameg.blog.fc2.com/blog-entry-1643.html





2018/11/01  不破 慈(ふわめぐみ)

 ブログランキング・にほんブログ村へ 



アイヌは何処からかやって来たのではなく、13世紀以降、
擦文文化人・和人・オホーツク文化人の三者を母体に、北海道で誕生しました。
※縄文 ⇒ 続縄文 ⇒ 擦文 (北海道の時代区分)

混交は以前から進んでいましたが、所謂、「北の元寇」が契機になった様子。
元軍から逃れるため、相当数のオホーツク文化人が南下して来たようです。


……別に、以前から付き合いがあった人達ですしね(* ̄p ̄*)
その証拠に、和人側だって相当数の「Y」を保有しているじゃないですか。

 1億2千万 × 0.4% = 48万人 ← mtDNAの「Y」を保有



……北の地で、我々の父祖は活発に交流していたんです。
シベリアと日本の狭間に、アイヌが誕生する、ずっと以前から。



関連記事

[タグ未指定]
[ 2018/11/01 10:00 ] アイヌ利権問題 -3.東北・蝦夷(母方) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
ふわふわでぇす!

ふわふわ

Author:ふわふわ
不破 慈(ふわめぐみ)

「アイヌ問題を解決するためには手段を選ばない」と豪語する急進派から、『Fさん』という隠語で親しまれるアイヌ系日本人です。
 ↓↓↓

blog.fc2.com/blog-entry-2350.html#more


※以下、プロフ(↓)

アスペルガー症候群(軽度の自閉症スペクトラム/神経発生発達障害の一系統)です。診断済み・手帳持ち。もともとは個人的なブログ(主に当事者研究やエッセイ発表の場)でした。

協会の不正を告発する砂澤陣さんの活動を知り、亡くなった父が、私をアイヌどころか北海道とも無関係に育てた理由が解りました。
不正にはNO!



※最も解りやすいアイヌ問題
   ↓↓↓


 ◆アイヌ狂歌シリーズ


◆先住民族とは
◆在ヌ論について
◆北方領土について①
◆北方領土について②

◆強姦説について
◆的場光昭について①
◆的場光昭について②
◆チャンネル桜について

◆古谷経衡について
◆篠原常一郎について
◆小林よしのりについて①
◆小林よしのりについて②

◆杉田水脈議員の発言①
◆杉田水脈議員の発言②

◆アシリ・レラについて
◆アイヌの盗作活動について


 サイト上部、横並び6件
 記事も宜しくお願いします。


※コメ欄にも、欄外追記として
  よく続報を書き込みます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
pixiv:5770560

 リンクフリー・引用自由。
 記事URLを表記願います。
 文章改変はお断りします。
 

月毎に見れます。